またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「極限脱出 9時間9人9の扉」プレイ記24〜ナイフEND〜

<<   作成日時 : 2009/12/27 00:29   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

DS「極限脱出 9時間9人9の扉」のプレイ記です。
攻略ではありませんが、ネタバレですので要注意。
4周目プレイなので、1周目とは内容が異なる可能性もあります。



4周目なので、もろもろ省略w

最初の扉(3等船室)は、コチラをクリック。


最初の分岐点では、「4」の扉を選択。
2等船室はコチラを、厨房はコチラをクリックどぞ。


大病室で一宮が眠った後は、「8」の扉を選択。
実験室については、コチラをクリック。

前回は、八代が相貌認識症の話をしてくれたが、
今回は、淳平が「年増」発言をして怒らせ、気まずくなるw


一宮が合流後は、「6」の扉を選択。
蒸気機関室はコチラを、貨物室はコチラをクリックどぞ。

前回は、蒸気機関室でサンタが妹の話をしてくれたが、
今回は、ふたりのサンタクロースの話をし始める。


「知ってるか…?
昔々大昔、サンタクロースはふたり、いたんだぜ?
ひとりは『白いサンタクロース』、
もうひとりは『黒いサンタクロース』…。

白いサンタは、良い子のみんなに贈り物を届け、
黒いサンタは、悪い子どもたちにイタズラを仕掛けた。
だが、その悪ふざけは年々エスカレートしていくばかり…。

見るに見かねた白いサンタは、あるときついに、
黒いサンタを刺し殺してしまった。
返り血を浴びた白いサンタ…。その服は真っ赤に染まった。
だから…なんだとさ。サンタクロースの服が赤いのは…。
つまりあの赤い色は、黒いサンタの血の色だったってわけだ。

俺は一体…どっちのサンタなんだろうな…?
白いサンタか、黒いサンタか…」




脱出後、別ルート組とも合流するも、四葉の姿がなく、
手分けして探すことに。

その時、紫が、2人の時くらいは「茜」と呼んでほしいと頼み。
照れくささもあった淳平だが、「茜」と呼ぶ。

紫はBデッキ、淳平はEデッキへ。

エレベーターでEデッキに降り立った淳平の目の前に。


壁にもたれて、血まみれの八代が!

ナイフで一突き!?
バングルが奪われている。

誰が!?と動転してしまっている淳平の背中に、

ザクッ!っと、ナイフが突き刺さる!

一度抜かれて、再び、振り下ろされ。


そのまま、倒れる淳平。




BAD END


クリアアイコン「ナイフ」が追加される。










凶器がナイフってこた、やっぱ一宮っすな。
自分だけ助かりゃいいってゆー、実に一宮らしい暴走。

これで、残すアイコンは1つ。
年内に書き上げられるかな〜。(−−;



⇒プレイ記25〜斧END〜へ続く


プレイ記をまとめた「脱出の記憶」はコチラ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 「極限脱出 9時間9人9の扉」プレイ記24〜ナイフEND〜 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる