またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS DSiウェア版「THE 密室からの脱出−学校編−」STAGE3「社」後編

<<   作成日時 : 2010/01/02 15:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 293 / トラックバック 0 / コメント 0

@SIMPLE DSシリーズVol.2「THE 密室からの脱出−学校編−」のプレイ記。
攻略ではありませんが、例によって、激しくネタバレですので、要注意。


STAGE3「社」後編 (真ENDルート)


前編は、コチラをクリック。



南京錠を開けた僕は、鈴音がいる社の中へ。


[社の中]

鈴音と合流したのも束の間、今入ってきた扉がひとりでに閉まり、
開かなくなってしまった!


正面には、額が飾られた壁。

右手を向くと、4本のロウソクが立った石碑が。
持っていた磁石がくっつくんだけど、すぐに取れてしまう。


右手に移動すると、扉の前に鈴音が立っている。

「犯人捕まえたら水泳部仕込みのドラゴンスクリュー
決めてやるんだからね!」
などと息巻いている。(^^;

彼女が立っている傍の灯篭に、お守りが。
結び目を解いて中を開くと、緑色の粉が入っていた。


扉の右手には、倒れた灯篭の側に、蜜ロウがこぼれていて、
少し離れた場所に、蟻がたくさん集っている。


これで、1周だな。


石碑の前のロウソクに、お守りの緑色の粉を振り掛けると、
ロウソクの火が青白く変化した!

と同時に、石碑の文字にも変化が??
なんか、アミダくじみたいな模様に……


他に変化はないかと部屋を見回して、蜜ロウの上で、動く人魂が!!

鈴音にはソレは見えず、霊感のある僕にだけ見えるようだ。
何かを訴えるようなこの動き……覚えていた方が良さそうだ。
メモしておこう。


石碑の前に戻って、磁石を石碑にくっつけて、人魂が動いたとおりに
なぞってみよう!
要反転「下⇒右⇒下⇒下⇒左⇒上⇒左⇒下⇒下

すると、どこからともなく、名札が落ちてきた。

「鈴音ユキ」

何だよ、コレ!?
僕は、それを彼女には見せないことにした。

裏返すと、ピンが出せるようだ。小さい穴とかになら、使えるかも。


さてと、他に何かできることは……集っている蟻と、蜜ロウか。

持っている蜜ロウで、蟻を床の蜜ロウへ導いてみる。

すると、蟻の形が「そ」みたいな形に!?
この形、見覚えが……
そうだ、うちのじいさまに教わった「おはらいの術式」だ!


蟻がいなくなった床に、鍵穴が現れた。
鍵なんて持ってないから、名札のピンでピッキングだ!

素人でも、やればできるもんだw

外れた床板から、石でできた地蔵の手を発見。
こんな所に隠されていたのか。でも、ここから出れなきゃ、意味がない。


「でられないわ…
あなたは知ってしまった…
出すわけにはいかないの…」


急に、鈴音が妙なことを言い出した。

「この体はわたしのものになるのよ…
邪魔は…させないわ…」


違う。彼女は、僕の知っている鈴音じゃない!

「あなたこそ何を言ってるの?
私は…私は鈴音、鈴音ユキよ!
クラスの皆にいじめられて…
閉じ込められて… 一度死んだわ…私…

でもね、ここに居た皆は
閉じ込められて死んでいった 皆は言ったわ!
もう誰かがここに閉じ込められて 死ぬのは嫌だって
せめてあなただけでもって!
そうよ…この体は私のもの… 私のものなのよ!!」


勝手なこと言うな! その体は、お前の物なんかじゃない!

「あなたに何がわかるっていうの!?
こんな寒くて暗い場所で… 死んでいった私達の気持ちが!!」


彼女の背後に、いくつもの亡霊の魂が!?

「ウウ…サムイ…クルシイ…
タスケテ…オカアサン…………!!
ダレカ…イナイノカ…!!」


これが、図書館からずっと感じていた嫌な気配の正体か!


何か、何か手はないのか……!?
僕は、持ち物を確認して、「鈴音ユキ」と書かれた名札に、目を止めた。

そして、蟻が描いた「おはらいの術式」。
その霊に縁のある何かを使えば……

僕は名札を手に、鈴音にとり憑いた霊に、「お払いの術式」を使った!

「彼女の体から出て行けっっ!!」


鈴音の体から、彼女ソックリな怨念が出た。
そして、すぐに消える。

「オマエニハワタシイハミエナイ…
オマエハココデキエテナクナレ!」


どんなに周りを見回しても、本体の姿が見えない。
僕には霊感があるはずなのに。
そして、怨念の強い邪気を受けて、僕は気を失った……


「この馬鹿者がっ……!
お前は霊感が強いという力に頼りすぎておる!」


幽霊に襲われたときに叱られたじいさまの声が聞こえた。

「人間の目とはかくもアイマイにできておる、幽霊に限らずな…
目で見たものが全てではない
モノの見方を変えてみるのだ
現代にはいくらでもあるだろう
デレビ、パソコン、携帯電話
人間の目では捕えきれないなら人の目ではない何かで
試してみるがいい…」


携帯…電話……!? そっか!!


要反転「写真を撮ると、本体の姿が写る。
そこに名札で「おはらいの術式」を使う。
判定が難しいのが難点。(^^;


3回、術式に成功すれば、本体を浄化できる。

本物の鈴音は無事だ。扉の鍵も開いた。
彼女を連れて、外へ出よう!



[社の外]

気を失っている鈴音を石棺に寄りかからせておいて、
僕は、ここから出る出口を探すことに。


社の中で見つけた地蔵の手を、手のない地蔵に取り付けて。
よし、回るようになったぞ!

ロウつき木の根に、再び火をつけておいて。

ロウソクの謎は、もう解けているんだ。
右側と左側のロウソク……その抜けている部分を合わせれば!

要反転「4379
■■■□■■ ■■□□□■ ■□□□□■ ■□□□□■
■■□□■■ ■■■■□■ ■□■■□■ ■□■■□■
■□■□■■ ■■□□□■ ■■■■□■ ■□□□□■
□□□□□■ ■■■■□■ ■■■■□■ ■■■■□■
■■■□■■ ■■□□□■ ■■■■□■ ■□□□□■


だから、地蔵を順番に回していけば、火がつくはず……
あれ、やっぱり消える??

違うのか。それじゃ、地蔵の指の方か??

要反転「地蔵の指の数を4379にし、順に火をつけていく。
「4」なら、4本の地蔵だけ前を向かせ、残りを後ろに向ければ火がつく。
同じ手順で、「3」なら3本の地蔵だけを前に。
「7」なら3本と4本の地蔵、
「9」なら、4本と2本と3本の地蔵といった具合。
数が合えば、地蔵の組み合わせは、7=1+2+4でもいい


4本のロウソクに火が灯ると、上の岩が崩れて、出口が現れた!!



鈴音を起こして、脱出しようとした矢先、消えたはずの亡霊が再び!

「ニガサナイ…… ワタシハ……ワタシ…
ワタシノカラダ…」


にわか仕込みの僕の力じゃダメだったのか。早く逃げないと!

「大丈夫…逃げなくてもいいよ。
あたし、わかったんだ。あの子ね、あたしなのよ」


慌てる僕を制して、鈴音が言った。

「あたしの名前は鈴音唯希。
そして、あの子の名前も鈴音ユキ…
生まれ変わる前のあたし…
悲しいとか、憎いとかつらい気持ちだけ
ここに置き去りにしちゃって あたしは生まれ変わったんだって
あの子にとりつかれてわかった…
ごめんね…寂しかったよね」


鈴音は、怨念に向かって両手を差し伸べた。

「もう大丈夫だよ、あたしは忘れ物を探しに
この学校に入ったんだって。
あなたの気持ち、ちゃんと届いたから。
あたし、明るくて元気で 誰とも仲良くできる子になれたよ!
さあ、一緒に行こ!」


「アタシノ…ネガイ… オモイ…ダシタ… アア…」


女の子の霊が、消えていく……


天井が崩れだし、僕たちは脱出しようとして、岩が……!

「御手洗君!!」
鈴音の叫ぶ声がした……
ハハ、何だ、僕の名前、ちゃんと言えるんじゃないか。


目の前が真っ暗になった。
このまま僕は死ぬのか?

せっかく、彼女は生まれ変わったのに……

まだ、僕は自分の気持ちを彼女に伝えていないのに……

だから、放課後に彼女を……

だめだ。意識がもうろうとして、きた……


「御手洗君! 御手洗君! しっかり!」

「鈴音……1人で逃げろ…… 僕は……いいから……」

「何馬鹿な事言ってるの!?
御手洗君も一緒に決まってるでしょ!」


僕は……
僕は君が…………


「御手洗君!!」

鈴音の叫び声と同時に、天井の崩れる音が……





数日後……

僕と鈴音は、無事に救出された。あのフード男に助けられたらしい。


「フォッホホホホ……
またお会いしましたネ……えぇと
トイレさん、でよろしかったですか?」


なんでお前が僕のあだ名を知ってるんだ……
それより、鈴音は!?

「彼女ならアナタの横で眠っていますヨ
あぁ、大丈夫 気を失ってるだけです」


あんたが助けてくれたのか?

「ンフフフフフ……
アナタにはとても面白いものを 見えてもらいましたからネ
それに、あそこで亡くなった方々からお願いされちゃいました」


ああ、防空壕に閉じ込められて死んだ人達……

あんたと幽霊達にお礼を言わないとな、色々ありがとう。

「おやおや、お便所さん
あなたもしや本当にツンデレさんですか?」


うるさいよ!御手洗だ!
僕の名前で遊ぶな!

すると、隣で鈴音が目覚めたみたいで、フード男は去っていった。

「また、お会いできるといいですネ
フォッホホホホ……」


意味深な言葉を残して。


結局、僕は、風邪を引いて熱で数日寝込み。
大怪我をしたのだと思い込んでいた鈴音に、
病人だというのに、こっぴどくやられてしまった。

旧校舎は取り壊され、地下にあった地蔵や社は
別の場所に移され、祭られた。


鈴音といえば、以前より明るくなったような気がする。
時々、丁寧な口調になって、しおらしい姿を見せたりして、
もしかして?なんて思えたりして、彼女を見ていて楽しい。


「もー、よそよそしいなトイレ君。
唯希って読んでよ、トイレ君。
あたしら「トモダチ」でしょトイレ君」


まずはトモダチから……はいいが、
やたらと「トイレ君」を連発するのはやめないか??
傷つくんだぞ。

ってか、お前は呼ばないのな……
僕にだって下の名前があるんだぞ。

「え…マジで!?
あるの!?」


真顔で驚くな!
クラス同じだろ!

「下の名前とかどうでもいいじゃん。
トイレ君のほうが皆覚えやすいって!」


いやいや、この際言っとくけどな!

「ねえ知ってるトイレ君、学校の七不思議、
密室に閉じ込められた男女2人が脱出すると
結ばれるっていう」


なんだよそのなんとかシンドロームみたいな
ロマンチックな七不思議は!

いいか!僕の、下の名前は、


「おーい、夫婦漫才もその辺にしとけー
授業はじまってんぞー」


先生でもいいから、聞いて下さい、僕の下の名前は!



END







(感想)

年内に書く気力がなくて、年越しちゃいましたー。
クリアしてたんだけどね。(^^;

木の根で鍵が届かないと確認することに気付くのに、
時間がかかったのと、
「おはらいの術式」の判定が難しかったのに、
かなり手こずりましたが。

何とか、自力で解けて良かったです。
最悪、攻略サイトのお世話にならなければならんところだった。(^^;

ただ、バッドENDのヒントは、某所で見ました。
気付かんかったよ。てなわけで、そっちも書きますね。


ちなみに、トイレ君の下の名前は、
STAGE1「図書館」のプレイ記を参考になさってください。

てゆーか、全国の「御手洗」さん、ごめんなさい。



にしても、あのフード男。
またどこかに出没しそうな予感?

うわー今までの2作は、最初の1000ポイントで購入したけど、
これからは自腹で購入しないとねー。(^^;



DSiウェア版「THE 密室からの脱出」プレイ記一覧はコチラ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 293
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • DSiウェア版「THE 密室からの脱出−学校編−」STAGE3「社」後編 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる