またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS DSiウェア版「THE 密室からの脱出−学校編−」STAGE3「社」(バッドEND)

<<   作成日時 : 2010/01/02 17:59   >>

驚いた ブログ気持玉 86 / トラックバック 0 / コメント 5

@SIMPLE DSシリーズVol.2「THE 密室からの脱出−学校編−」のプレイ記。
攻略ではありませんが、例によって、激しくネタバレですので、要注意。


STAGE3「社」(バッドEND)


鈴音らしき人影を追って地下に降りてきたら、
岩石に出口を閉ざされてしまった。


右手を向くと、木箱が2つ。

左側の空の木箱をどかすと、その下から鍵の歯を見つけた。

右側の箱の中には、金属の粉が入った袋を発見。


ロウソクの前を通り過ぎ、壁の前の岩に金属の粉を振りかけてみると、
一部に粉がくっついた。その磁石の部分を入手。


壁に何か書かれているようだ。
邪魔な根を左右にどかすと、細長い木の根が落ちてきた。

壁には、こう書かれていた。
足りぬ闇を補い
地蔵菩薩を正しき数へ導き
4つの火を灯せ

何のことやらサッパリ判らない……


右手に移動すると、不気味な石棺が。
フタの上に、金属の粉を撒いてみた。
そして余分なものを取り除くと……粉がくっついて残ったぞ。

磁石を使って、粉が残った部分を取ると、鍵穴が現れた。


石棺の奥には、閉ざされた扉が。
上を見上げると鍵が吊ってあるが、木の根では届きそうにない。


地蔵の前に置かれた茶碗を拾い、溶けたロウを溜めておく。

湿った木の根溶けたロウをつけると、火がつくように。

その近くの、氷が張った見るからに冷たそうな床に、
火の付いた木の根を近づけると、氷が溶けて粘土状の土が現れた。

そこに、木の根の型を取って……これじゃ長さが足りないから、
さらに横に型を広げてみて……
即席の型に、蜜ロウを流し込んで待つことしばし。

蜜ロウ製の棒の出来上がり!(^−^)y


よし、この長さなら、きっとあの鍵に手が届くはず!

扉の上にかかった鍵を蜜ロウ製の棒で取った。
鍵のツマミ部分か。
それじゃ、これと鍵の歯をくっつけて……の完成!

そのを石棺の鍵穴に差し込むと、開いた!


中には……鈴音!?w(・0・)w

び、びっくりした! 

気を失っている。誰がこんな冷たい所に彼女を??

気を失ったままの彼女を外に出して、石棺に寄りかからせた。
彼女が気がつく前に、脱出する出口を見つけ出さないと!


石棺の中には、石でできた地蔵の手が入っていた。
そいつを、手のない地蔵に取り付けて……


木の根に、もう一度火をつけておく。
ついでに、ロウソクの配置を確認しておこう。


(扉を正面として)左側のロウソクは……
■■■■■■ ■■■■■■ ■■□■□■ ■■□■□■
■■■■■■ ■■■■■■ ■■■■■■ ■■■■■■
■■■■■■ ■■□□□■ ■■■■□■ ■□■□■■
■■■■■■ ■■■■□■ ■■■■■■ ■■■■□■
■■■■■■ ■■□□□■ ■■■■□■ ■■□□□■


(扉を正面として)右側のロウソクは……
■■■□■■ ■■□□□■ ■□■□■■ ■□■□■■
■■□□■■ ■■■■□■ ■□■■□■ ■□■■□■
■□■□■■ ■■■■■■ ■■■■■■ ■■□■□■
□□□□□■ ■■■■■■ ■■■■□■ ■■■■■■
■■■□■■ ■■■■■■ ■■■■■■ ■□■■■■


両方のロウソクのない場所を合わせれば……

要反転「4379
■■■□■■ ■■□□□■ ■□□□□■ ■□□□□■
■■□□■■ ■■■■□■ ■□■■□■ ■□■■□■
■□■□■■ ■■□□□■ ■■■■□■ ■□□□□■
□□□□□■ ■■■■□■ ■■■■□■ ■■■■□■
■■■□■■ ■■□□□■ ■■■■□■ ■□□□□■


判明した数字の通りに、地蔵を動かしつつ、火をつけていこう。

要反転「地蔵の指の数を4379にし、順に火をつけていく。
「4」なら、4本の地蔵だけ前を向かせ、残りを後ろに向ければ火がつく。
同じ手順で、「3」なら3本の地蔵だけを前に。
「7」なら3本と4本の地蔵、
「9」なら、4本と2本と3本の地蔵といった具合。
数が合えば、地蔵の組み合わせは、7=1+2+4でもいい


4本のロウソクに火が灯ると、上の岩が崩れて、出口が現れた!!





結局、地下にあったあれが何だったのか、分からずじまいだった。

先生たちにも誰にも、話そうとしなかった。
信じてもらえそうになかったからだ。


あれからしばらく、鈴音は学校を休んでいたが、
今日、復帰した。

「あ、おはよう。御手洗君」

彼女の雰囲気が少し変わったように感じるのは、
僕の気のせいなんだろうか……?

「どうしたの、御手洗君?
私の顔に何かついてる?」


あ、いや……なんでもない。
それより鈴音。今、僕の名前呼んだよな?
いつもは僕の事、トイレ君ってふざけて言ってくるのになあって
なんか肩透かし食らったみたいで。

「あ………ああ、そのほうがよかった?
ふふっ、変なの!」


いや、ごめん……なんでもないんだ。

「ねえ、御手洗君。
あの時の事、内緒にしといてね」


………えっ

「内緒に、しといてね」


いつも見慣れた彼女の笑顔なはずなのに、
少し恐怖を感じながらうなずいてしまった。

「フフッ、ウフフフフフフフフ………………」





図書館で、フード男が呟く。

「おやおや、残念でしたネ
どうやら彼等は真実を見つけることができなかったようです
図書館とプール、この2つの場所に 実は隠された秘密が
あったのですが …見つけられなかったようですネ

それでは……
またお会いできるといいですネ
フォッホホホホ……」







(感想)

うわあああああ。
鈴音ちゃんが、ユキに取り憑かれてしまった!

てゆーか、トイレ君も気付いてやれよ!(><)

さすが、バッドEND、後味悪いやね……


てなわけで、「学校編」のプレイ記は以上です。



DSiウェア版「THE 密室からの脱出」プレイ記一覧はコチラ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 86
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
THE 密室からの脱出をこってないんだけど見てしまう…。なんでだろ?
*。+-クロス-+。*
2010/01/07 23:49
「こってない」?
持ってない……ですか?
プレイされていないのに、お読みになられたんでしょうか。
読み物として楽しいかどうかよく判りませんが。(^^;
すばる(管理人)
2010/01/08 21:08
あれ…?なんで「こってない」って書いちゃったんだろ
*。+-クロス-+。*
2010/01/10 11:50
あのー、地蔵の前にある茶碗ってどこら辺にありますか?
探してもないんですが..
よっすぃ〜
2010/01/10 21:27
>*。+-クロス-+。*さん
打ち損ないは、よくあります。

>よっすぃ〜さん
……1本指の地蔵の前にありますが?



当方は、質問に答える場所ではないので、
コメント欄を閉じさせてもらいます。
すばる(管理人)
2010/01/10 22:07

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • DSiウェア版「THE 密室からの脱出−学校編−」STAGE3「社」(バッドEND) またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる