またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ドラゴンクエスト\」クリア後プレイ記52〜竜もどきの夢〜

<<   作成日時 : 2010/02/06 22:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

DS「ドラゴンクエスト\ 星空の守り人」プレイ記。
クリア後、となっております。ネタバレ注意。



当方は、既に天の箱舟に乗れる状態で書いております。
 ⇒天の箱舟を手に入れるまでの顛末は、コチラ。



ここしばらく続いたストーリークエストの完結編!

依頼主のスライムがいるのは、ベクセリアの北東にあるアルマの塔
天の箱舟でしか行けません。


入ってすぐの所にいるスライムに声を掛ける。

「ここは アルマの塔。
竜もどきの アルマトラが住む塔さ。

アルマトラのやつ もう ずーっとずっと 300年も 
塔の上でねむったきり 目をさまさないんだ。
アルマトラったら 魔獣のくせに すごい ねぼすけで。
お人よしで。

ずっと昔 アルマトラは 天使と仲良くしてる 
女の子を見つけて 心配ばっかりしてさ。
アルマトラの予感は当たって 女の子は
事件にまきこまれたんだ。
そのとき 見かねた アルマトラは 女の子を助けて
この塔に つれてきたんだよ。でも………。

ねえ。ぼく アルマトラが心配なんだ。
あいつのこと いいかげん だれかが
起こしてあげなきゃいけない。
おねがい! 
ぼくを 塔のてっぺんまで つれてってくれる?」


まあ、いいけどさ。

「ほ ほんと? ありがとう!
行こう! アルマトラの元へ!」


クエスト162「竜もどきの夢」
アルマの塔の 前にいる スライムに 塔の てっぺんで
ねむっている 魔獣アルマトラの もとへ つれていって!と
たのまれた。

つか、助けたってこた、
ラテーナは、ナザム村では死んでなかったってこと??
そんなの、彼女は話してくれなかったけど。



ともあれ、最上階でグースカ寝ているアルマトラの元へ。


「やあ やっと 頂上だね!
ありがとう つれてきてくれて。

アルマトラ! アルマトラ!!
おきろ! おきろったら! ねえ! どうして…?」


スライムが呼べど叫べど、起きる気配がなく。
てか、アップになってようやくどんな姿か拝めたけど。

……確かに、竜もどきだな。
竜じゃないわ。あれならシュプリンガーの方が竜らしいw

「だめだ… ごめんね。せっかく つれてきてくれたのに。
アルマトラはね ねむりにつく前 ガナン帝国城に行ったんだ。
助けた女の子 ラテーナを つれて…。
戻ってきた時 アルマトラは ひとりだった。
ようすも なんだか ちがってた…。

ねえ! おねがい 助けて…。アルマトラの 目をさまさせて!
300年前に なにかが あったんだ。
ガナン帝国城に行けば アルマトラを 助ける方法が
わかるかもしれない…」




てなわけで、ガナン帝国城へルーラ!


城に入ると、幽霊が出迎えてくれます。

「栄えある ガナン帝国が ほろびをむかえた あの日…。
青い服の娘が つばさを持つ男を 助けるため
魔獣の背にのり この城へ やってきたのだ。
私が見たのは 夢か幻か…。
あの日の娘に よく似た者が 今 また 閉ざされし牢獄へ…」


それだけ言うと、幽霊は消えた。


先に進み、バリア床のある扉の前で、また別の幽霊が。

「300年前…
私たちは ここへ来た娘のために この牢獄のとびらを
開けてやったのだ。
娘のため つばさを持つ男のため ここにいた 皆が
協力した…。
結果 私たちは 命を落としたが 悔いは なかった。
この手で行えた 最後の 人としての行為だったのだから。
だが 今の娘は…?」



幽霊さんたちも驚く、ラテーナの再来。
さらに先に進むと、牢屋にも幽霊が。

「なんだ?
今 通り抜けていった娘は まるで…。
私は 夢を見ているのでしょうか?」


幽霊が夢を見るなんて話は聞いたことがねーや。


さらにその先へ進むと、ラテーナの最期を語る幽霊が。

「300年前 魔獣とやってきた娘は 兵士らの手によって
この先で 命を落としました。
すると 娘をあわれんだ 魔獣アルマトラが…
竜もどきが ひとつぶの なみだを落としたのです。
アルマトラの 娘を あわれむ心が 奇跡を起こしたのか
そのなみだは 竜のなみだと 変わりました。

そして その竜のなみだが つばさを持つ男の 魔力を
ひととき 解き放ったのです…。
……しかし 男の心は すでに 深い憎悪に
むしばまれておりました。
男は 解き放たれた そのちからで 城の人々を
焼きほろぼし この地を 無人の荒野に変えたのです」



……ガナン帝国を一夜にして滅ぼしたのは、
竜のなみだで魔力を解放したエルきも……
エルギオスのしわざだったか!!

そのくせ、300年後にまた、自分の魔力で帝国を
復活させて、この世界を滅亡させようとして……

あのクソ堕天使めが!
思い出しただけでも腹が立つ!!




さらにその先に進み、300年前、エルきもすが開けた穴付近で、
イベントが。


それは、300年前の記憶

奇しくも、ラテーナが兵士に殺されたのは、この場所だったか。

凶刃に倒れるラテーナは、薄れゆく意識の中、魔獣を呼ぶ。

「アルマトラ… そこにいるの?
ごめんなさい。あなたも ケガをしたでしょう?
竜のなみだを 私が 見つけだせていたら
エルギオスのちからを すぐにでも
解き放つことが できたのに…。

…まってて エルギオス。
私は…… 私は…… 
死んでも あなたを助けだす…。
たどりついてみせる。
たとえ どんなに はなれても…
何十年… 何百年かかっても……」


「つまらぬことを言うな。
人は 死んだら それまでだ」


アルマトラが話しかけるも、もはや、ラテーナは返事をしない。

「娘。さあ立て。背に のせてやる。……どうした?
……娘。立て… 目をあけろ。

いったい 何のために ここまで来た。
何のために………
何の………
ここで死んで どうする………。

目を あけろ…… ラテーナ………」



娘の名を呼んだ魔獣の目から、ひとつぶの涙が零れ落ちた。



幻影が消え、主人公は、穴付近の光の元へ。

がれきの中に なにか 光りかがやく物が見える…。
主人公は 竜のなみだを 手に入れた!



ラテーナの亡霊に会えるかと思って、最下層まで行ったけど、
もう彼女はどこにもいなかった……



仕方なく、リレミトで脱出し、再び、アルマの塔の頂上へ!

念の為に、戦闘準備を整えておきましょう。
すっかり忘れてて、普段どおり行ってしまったけど。(−−;


スライムに戦利品を見せてみる。

「それは何? 竜のなみだ? ……なんて キレイ。
それが 300年前に アルマトラが 失ったちからなの…?」


え。泣くと力を失うの??

ともあれ、竜のなみだを、アルマトラにささげてみた。


すると、頭をふりふり、魔獣が目覚めた!!

「……アルマトラ?」

スライムが呼ぶ声をシカトし、
魔獣は、目の前の主人公をギラっと睨みつけた!

「人間が… なぜここにいる?
長い夢を見た…
私は… あの娘の命をうばった 人間を ゆるしはせぬ…。
失せろ… 人間は きらいだ……!!」


「アルマトラっ!!
だめだっ その人は……!」


スライムの叫びも空しく、
巨体を震わせて怒る魔獣は、主人公へ襲い掛かってきた!



えー。
弱点は「ダークフォース」のようです。
闇か土かは知らんけど。

「たたかいのうた」使って、テンション上げて、
「はやぶさの剣」でぶった斬ってやりましょう。



すると、正気に戻った魔獣は、主人公に見え覚えがあるらしく。

「…主人公?
お前は 主人公か……?」


まさか、ウチの師匠の生まれ変わり??とか一瞬思っちまったい。

「そうだ。お前のことは 知っている。
ずっと夢の中から 見ていた…」


何だ、夢で見てましたオチか。


「なぜ私は お前を… すまない。
私は 我を失っていたようだ。

……とても 長い夢を見ていた。300年もの昔……。
人間の娘が 竜のなみだを探して 長い旅を続け…
ついには ガナン帝国で 命を落とすまでの夢だ。
いつしか 娘は 私の夢の中から 外の世へと
ふみこえて… そうだ お前にも会ったな 主人公よ」


は?
……ここんとこ、ドミールナザム村サンマロウグビアナ
最後にガナン帝国城に現れたっていうラテーナは、

お前の見た夢の幻影かい!?
人騒がせな!!



「あの時 ラテーナと つばさの男を
たすけられなかったことは 長きに 
わたって 私を苦しめた。

だが あの 星ふぶきの夜 
立ち上る星々を見て知ったのだ。
二人は ようやく 救われたのだと……。
そして それが 主人公。
お前たちによるものだということも 
私には 分かっている。

これは 心ばかりのお礼だ。
お前に会えたら 渡そうと思っていた」



オリハルコンをくれる。
……別に困ってないけど、ま、受け取っとく。ありがと。


「私は お前を見守っている。
この高き塔の上で いつまでもな」


それは、いわゆるストーカー宣言ってこと??
(激しく違う)


「その スライムは 私の古くからの 友人なのだ。
お前を つれてきた 彼にも かんしゃしなくてはな。
…星たちが ふぶいた あの日
私は ようやく解放される思いだった。
主人公よ。私は お前を見守ろう。
この高き塔の上で いつまでもな」



そんな魔獣の友人はというと。

「なーにが 見守るだよ。
助けてもらって えらそうに! ねえ?」


いや、同意を求められてもな。(−−;

「でも ありがとう。アルマトラを助けてくれて。
ぼく よく知らないけどさ。
きっと ラテーナって人も よろこんでるよ」



うん、まあ。
どこぞのアホ天使と一緒に昇天したから、心配はしてない。




つーわけで。
ラテーナ本人が語らなかった、最期の結末が、
こんな形で明らかになるとはな。

つか、とって付けた感も拭えないわけだがw


ちなみに、アルマトラ「けもの系」
間違いなく、竜もどきだねw

てゆーか、創造神グランゼニスが人間を滅ぼすために
創った魔獣って!!Σ(−□ー;;



それよりもさ。
そもそも、エルきもすが光の輪っかなくして、
傷ついてナザム村に流れ着いた原因を教えてくれ!!

むしろ、そっちの方が、ずっと気になってんのに!(><)
このまま明かされなかったら、消化不良なんですケド!




⇒クリア後プレイ記53〜星のまたたき〜へ、続く!


クリア後プレイ記一覧(前半)は、コチラの旅の扉をご利用ください。

クリア後プレイ記一覧(後半)は、コチラの旅の扉からどうぞ!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 「ドラゴンクエスト\」クリア後プレイ記52〜竜もどきの夢〜 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる