またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「レイトン教授と悪魔の箱」第二章「田舎町ドロップストーン」

<<   作成日時 : 2010/02/11 21:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「レイトン教授と悪魔の箱」のプレイ感想。
ネタバレ含みますので要注意。


第二章「田舎町ドロップストーン」


列車は、一つ目の駅「ドロップストーン」に到着。

発車までしばらく時間があるというので、
情報集めに駅を降りるレイトン一行。

ちょうどその日は、町の生誕50周年を祝うお祭だった。


町の住人たちに色々と聞き込んだ結果、
どうやら、この町ができる前に、なにか因縁があった模様。

領主に詳しい話を聞くため、牛の品評会場へ向かう。

領主のアンダーソン伯爵によれば、
彼の妻の母が、生前、“悪魔の箱”を探していたようだが、
それは見つからなかったそうだ。


駅に戻る途中、レイトンらとはぐれたアロマ。
その後ろに忍び寄る黒い影!

その後、レイトンらと合流したアロマは、何事もなかったように、
幻の町の噂を聞いたと話す。

明らかに、怪しいんだが。

旅人から、地図にも載っていない幻の町があり、
モントリー急行でしか行けないという情報を得る。


そして、駅のプラットホームに戻ってきた一行は、
アンダーソン伯爵の娘カティアが、
屋敷の使用人らに見送られ、父親には内緒で
列車に乗り込むところを目撃。

まあ、彼女の目的も“悪魔の箱”だと考えるのが妥当、か?


カティアの声を担当するのは、大後寿々花ちゃん。
可愛いんだけど……。
声優向きじゃないかな。(^^;



町の中で、おばあさんから、ハーブティーの材料を入手。
自分でハーブティーの調合ができるように!

なるほど!
英国紳士たるもの、自分で紅茶を淹れられなくてはね。
てことですか!

とりあえず、オレンジクラシックとエンジェルドロップが完成♪

これはちょっと、楽しくなってきたなぁ!




⇒第三章へ続く!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 「レイトン教授と悪魔の箱」第二章「田舎町ドロップストーン」 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる