またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「二ノ国 漆黒の魔導士」プレイ記14〜ヘブルチの愛と賢者サザラ〜

<<   作成日時 : 2010/12/15 15:58   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

DS「二ノ国 漆黒の魔導士」プレイ記。
じっくりゆっくりプレイする様を書き綴りますので、ネタバレ注意。



〜二ノ国・ヘイブン〜


ヘブルチに案内され、雲より高いところにある街、ヘイブンへ。

神殿のような建物が建っていたり、住人の背中に翼が生えていたり。



入り口で、門番に面会謝絶と告げられるも、ヘブルチは強引に中へ。


褐色の肌の美人サザラは、ヘブルチを見るなり、
「ブタ」呼ばわり。Σ(−□ー;


恒例の紫の霧がサザラから沸いてきて、ナイトメアが出現!


サザラメアは、今まで同様、「聖なる矢」を連発して倒す。

その後に、さらに出てきたイマージェン・ダークパラフィムも倒す。


サザラは冷たい態度のまま。
「愛」の心を奪われていたヌケガラビト


すると、ヘブルチは「俺はサザラ様を愛している!
俺の愛の心を使え!」
と臆面もなく告白w


遠慮なく、頂いた「愛」の心をサザラに渡して、元に戻す。


でも、「サザラ様!」と駆け寄るヘブルチに「近すぎる!」と言い放つ辺り、
あまり、その敬愛は報われてなさそう。(^^;

思わず、ジャイロが同情するほど。(^m^)

もしかすっと、ツンデレなのかもしれんがw



サザラは、四賢者のうち、アリシアが封印され、ソロンが破れ、
もう1人は既に亡くなっており、残る賢者が自分だけとなって、
次は自分が狙われると確信し、準備をした。

闇の魔導士ジャボー魔法障壁「ダークミスト」
打ち払うには、伝説の杖グラディオンを使うしかないと考え、
ヘブルチに命じて、取りに行かせた。

しかし、グラディオンを持ってさえ、ジャボーに敗れてしまった。


その時、ジャボーは、その杖が不完全であると言ったらしい。

かつての持ち主、魔導王シャザールは、杖の魔力を3つに分け、
それらを自分の従者に与え、守らせているのだと。


つか、そんなこと、わざわざ教えてくれるだなんて、親切なw



ジャボーに勝てないと知り、打つ手なしと一同が落ち込む中、
オリバーだけは、その目の輝きを失ってはいなかった。


杖が不完全であるならば、3つの魔力を集めて、
完全な杖にすれば、ジャボーに勝てるだろう!と。


諦めていないオリバーの心に、マルやジャイロたちも立ち直り。


サザラも、そんな少年の勇気に心動かされ、グラディオンを、
オリバーに託してくれる。


さらに、不完全とはいえ、魔力の高いグラディオンなら使えると、
「地震」「天の声」の魔法を教えてくれた。



「天の声」って、
よーするに「ドラ○エ」の「パルプンテ」じゃん。(−−;



サザラは、3つの魔力のうち、1つは船の墓場と呼ばれる
トレール海岸に感じると言って、オリバーたちを送り出した。




戦闘後に入手した「てんくうのはね」を使い、
マルのハープを合成し、「てんくうのハープ」に強化するのを忘れずに!





⇒プレイ記15へ続く


なお、質問等には一切お答えしませんので、あしからず。



プレイ記一覧はこちらをクリック

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 「二ノ国 漆黒の魔導士」プレイ記14〜ヘブルチの愛と賢者サザラ〜 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる