またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「逆転検事2」第3話「受け継がれし逆転」後編3

<<   作成日時 : 2011/02/13 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

DS「逆転検事2」のプレイ記。
攻略ではないと言い張りつつ、ネタバレですので注意。



第3話「受け継がれし逆転」後編3 


同日午3時11分 12星座美術館 噴水広場

ミツルギが18年前の事件の真犯人として風見を告発するも、
水鏡は、真犯人は司で、天海が共犯だったと主張する。

追求開始 〜検事審査会の意向〜

「罪を着せるため、風見さまを殺害しようとしたのでしょう」
ゆさぶる

「IS−7号事件も、有毒ガス事件も、もう十分証拠がそろっています」
つきつける「ふたご座の成分結果」


その時、一柳が、一命を取り留めた風見を連れてやってくる!


水鏡の仕切りで、風見がうお座のケースを開けた理由について
追求するも、証拠がないからと、のらりくらりと言い逃れようとする風見。


そこで、ミツルギと信楽は、今までの情報を整理することに。 

情報「殺害の動機」
風見は氷堂氏を殺害する動機はないと主張しているが…?
情報「協力関係が壊れた」
決勝戦用のお菓子作りで風見は氷堂を手伝ったが、
氷堂は手伝わなかった。
情報「究極のレシピが目的?」
風見の目的は、究極のレシピを見ることだったのだろうか?
情報「フィルムの残数」
天海のカメラフィルムが数枚減っていた。誰かに使用されたのだろうか?


ロジック「殺害の動機」「協力関係が壊れた」

情報「氷堂殺害のタイミング」
天海が部屋にいる間に風見が氷堂を殺すことはできない。


ロジック「フィルムの残数」「究極のレシピが目的?」

情報「アフタヌーンティー」
氷堂と風見はお茶会に参加していなかった。


ロジック「氷堂殺害のタイミング」「アフタヌーンティー」


ロジックチェス開始

氷堂氏と協力していた理由  
「なぜ氷堂と協力していたのか?」⇒「まだ様子を見る」
⇒「起きたまえ!」

彼の本当の目的 
「称号以外に目的があったのでは?」⇒「まだ様子を見る」
⇒「まだ様子を見る」⇒「レシピにも興味があったのでは?」

レシピを何に使うつもりだったのか 
「菓子作りの参考にするのか?」⇒「ずいぶんレシピに詳しいな?」

「レシピの価値を知っているのか?」
⇒「レシピの正体を知っているだろう!」⇒「新楽が必要だったのか?」

病気とは何だったのか 
「どんな息子なのか?」⇒「まだ様子を見る」
⇒「病気にしては元気だったのだな?」

「レシピがないと治らなかったのか?」
⇒「天海氏の菓子に興味があるはずだ!」

「病名は何だったのだろう?」⇒「死に関わる病気ではないのだろう?」
⇒「味覚障害だろうか?」⇒「あなたも病気だったのでは?」
⇒「氷堂氏と協力していたではないか!」

ロジックチェス成功!


風見は自分の味覚傷害を治すため、
氷堂はレシピを金に変えるため、コンテストで協力していた。

塩味だけが判らない天海の「解離性味覚障害」とは違い、
風見は全く味がわからない「味覚消失」だったらしい。

決勝戦では、味もデザインも悪かった風見。
準決勝までは、子どもに試食させていたから、美味しかったんだろ。


追求開始 〜決勝戦のお菓子〜

「決勝戦で味の評価が低かったのは、ひとえにワシの修行不足ゆえ」
ゆさぶる

(質問を変えるべきか…?)⇒「準決勝戦について)


「準決勝戦では氷堂どのとの協力以外、決勝戦と大きなちがいはない」
つきつける「家族の写真」

「応援以外、小学生の息子に何ができるというのですかな?」
⇒「お菓子の味見をさせた」


すると風見は、菓子職人としてのプライドがある!と反論。
確認しようにも、風見の息子は、事件以来、行方不明。


証明する証拠品の到着が待たれる中、イトノコ、登場!

ふたご座のケースから見つかった血液は、風見のものだった。


「竪琴から検出された塩分の正体は何だというのですか?」
つきつける「凶器の岩塩ランプ」


言い逃れできなくなった風見は、豪快に笑い出し。

「そうだとも。ワシが氷堂伊作を殺したのだ!」と認めた。


18年前、決勝戦になって、氷堂が協力を拒否し、裏切った。

しかも、氷堂の手回しでか、味見役の息子が現れなかった。


そこで、風見は天海の部屋に忍び込み、レシピを写真に撮った。

そこに、氷堂が現れ、風見の味覚障害を知る。
その時、殴りかかった風見を、氷堂が突き飛ばし、
岩塩ランプに頭をぶつけ、血液が付着。

風見は、その血液部分を削り、竪琴に混ぜた。

そして、氷堂が味覚障害の件で脅してきたため、殺害した。


ニセモノのお菓子でコンテストに参加しているデリシーになら
罪をなすり付けても良いと考え、凶器のランプなどをデリシーの
部屋に隠した。

菓子職人として尊敬する天海に、罪を被せる気はなかった。
デリシーがツマミ食いをしたから、死体が発見されてしまった。


「なぜ、風見さまは氷堂さまの死体を凍らせる必要があったのですか?」
⇒「死亡推定時刻をずらすため」


初動捜査の刑事が、狩魔に死体消失を報告しなかった。
狩魔は、そのことを知らなかったらしい。


追求開始 〜風見を逮捕できない理由〜

「この国の殺人罪は、15年で時効になるのだろう?」
ゆさぶる

(いまの風見の証言で、気になる情報があっただろうか?)
⇒「西鳳民国での修行について」

「その後、ワシは西鳳民国で修行して世界一の菓子職人の地位を得た」
つきつける「公訴時効の本」

風見が西鳳民国に滞在していた期間は3年。
15+3で、18年。

事件が起こったのは、18年と4ヶ月前。
このままでは、時効が成立してしまう……と思ったら、間違い!

お父さん……信さんが、あの狩魔相手に頑張ってくれたんだから!


「“法の神の判定をくつがえす者は、
それ相応の罪を背負う
”…か。
最後の切り札を使うかどうか…キミが決めてくれ」

と、信楽はミツルギに任せた。


(父と狩魔検事が戦った裁判を利用すれば風見を捕まえられる
どうする…異議をとなえるべきだろうか?)
⇒「異議をとなえる」

(父と狩魔豪。真実を暴く道と、真実を隠す道があるなら…
私が選ぶ道は…ただ1つの《真実》を暴くことだ!)


「異議あり!
風見豊は“有罪”だ!」



(時効を打ちくだく証拠品を、ミカガミ裁判官に示す!)
つきつける「IS−7号事件の資料」

「IS−7号事件の資料ですわね。どのページを見ればよいのですか?」
⇒「容疑者のデータ」

「キサマが西鳳民国へ逃亡していた3年と…
共犯者”天海一誠の結審までの1年
両者を足し合わせれば、この事件の時効は19年となる。
つまり…キサマの時効は、まだ切れていないのだ!」


「風見さん。今度は、あなたがその罪をつぐなう番だ!」



風見は、18年前の氷堂殺害の件で連行され。

司も、今回の殺人未遂事件の罪で裁かれることに。
信楽は、その弁護を請け負う。


ミツルギは、18年前の殺人事件の死体が発見された時点で、
再審理されるはずだと主張するも。

水鏡は、それを跳ね除け、さらに、今回のミツルギの行動一切を、
検事審査会に報告すると脅して去る。



同日午後4時56分 留置所 面会室

ミツルギとミクモは、信楽と共に、天海の面会へ。

天海に、18年前の真実と、司が犯したことを告げる。


(天海さんと緒屋敷さんをつなぐ、キズナの証を…)
つきつける「チョコレート」


最後に、風見を追い詰めた際、“天海の冤罪”を利用した。
天海の無罪を信じる弁護士である信楽には、それができなかった。

だから、最後の決断を、ミツルギにゆだねたのだ。

「レイジくん。
検事として犯罪と戦っていくのか、
弁護士として人を助けていくのか。
キミのこれからの生き方を、じっくり考えてほしい」


そう言って、信楽は足早に去っていく。


同日 某時刻 御剣法律事務所

信楽は、18年前の真実を、亡き御剣信に報告する。




(感想)

信さん、カッコ良かった!
その一言に尽きますなぁ。(^m^)

信楽さんも、現在のオジサンモードは、好きですし♪


気になるのは……行方不明になった、風見の息子。
氷堂の息子も、後に発見されたとはいえ、居なくなってたし。

それに、初動捜査の刑事が、死体消失を隠した理由も。


それにしても……このゲーム、まさか、全5話とか言わないよね?




⇒第4話「忘却の逆転」前編へ続く。 



なお、質問等には一切お答えしませんので、あしからず。



「逆転検事2」のプレイ記一覧は⇒コチラ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 「逆転検事2」第3話「受け継がれし逆転」後編3 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる