またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「逆転検事2」第4話「忘却の逆転」後編2

<<   作成日時 : 2011/02/16 00:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

DS「逆転検事2」のプレイ記。
攻略ではないと言い張りつつ、ネタバレですので注意。



第4話「忘却の逆転」後編2 


同日 某時刻 検事審査会・審議室
  

ビッグタワー内を全て捜索して、凶器が見つからなかったと、
報告する冥たん。

打つ手がないまま、水鏡は、木槌を振り下ろす!

「判決を言いわたします。
法の言葉、つつしんで受けなさい。

被告人…一柳万才!
わたくしは、あなたを告発いたします!」
 

証拠品「IS-7号事件の資料」
18年前の事件に関する捜査資料。
《詳細》
   IS-7号事件ファイル
発生:18年前の12月24日
担当検事:狩魔豪
担当弁護士:御剣信
被害者:氷堂伊作
容疑者:天海一誠
事件概要:天海一誠の屋敷内で氷堂伊作の死体を発見。

■IS-7号事件関係者
 デリシー・スコーン
 緒屋敷司
 風見豊

備考:事件前日まで天海一誠の屋敷に来ていた
   風見豊の息子と、氷堂伊作の息子が
   行方不明になっている。
 

18年前、初動捜査の白瀬刑事は、死体消失を報告した。
しかし、狩魔豪を陥れるため、それを伝えなかった人物がいた!

そして、18年前の解剖記録も、その人物が、伊丹乙女に
書かせたニセモノ!


「《ある人物》…それは、当時の検事局長でした。
つまりは、一柳万才! あなたです!」
 


武藤は、その事実を知っていた。
マスターに、協力しなければ、祖母を訴えると脅されたのだ!

証拠品「マスターの特徴」 (改)
白いジャケット、白手袋、紫の花、仮面を着用。
カオの一部にイレズミが。
 




追求開始 〜被害者・籠目つばさについて〜

「あんまり個人的なおつきあいはないんだよねー」
ゆさぶる

「彼女の手にヤケドがあることも、初めて知ったくらいだよ」
つさぶる

「いつも手袋をしてたのは、ヤケドを隠したかったのかもしれないねー」
つきつける「ぬいぐるみ」


「被害者のヤケドが見えなかったら、何が分かるっていうんだ!」
⇒「犯人にもヤケドがあった」

「犯人のヤケドはどこにあったのか? …そのコンキョをさァ!」
つきつける「マスターの特徴」


ミツルギは、武藤が見た「イレズミ」がヤケドだった可能性を提示する。

すると、息子が、明らかに動揺を。

そんな息子に、自分が主席を取らせてやったのだと告げる万才。

父親の言い草に、一柳は泣いて去っていく。

万才は、息子を「使い勝手の悪い“コマ”」としか思っていない。


「真犯人のカオのヤケドを示す、コンキョを提示してください!」
つきつける「武藤の証言」

万才は、トーゼン、籠目を知っている。
彼女がストレートなのも。

だとすれば、あの衣装箱にあったウェーブのカツラは。

「一柳万才! キサマのつけひげだッ!」


興奮するあまり、いつも点けていたマッチの炎がヒゲに点火し、
そのまま、つるっぱげにw

そして、あごにヤケドの痕が現れる!


「一柳万才!
たった今、判決を言いわたします!
籠目つばさ殺害の犯人として、
あなたの身柄を拘束いたします!」


振り下ろされる、水鏡の木槌!




同日 午前9時44分 検事審査会・審議室


留置所へ収容された万才は、
被害者とミクモが持っていた手紙は自分の偽装ではないと主張。


水鏡は語る。

かつて、籠目には、カメラマンの恋人がいた。
彼は、闇オークションを調査するジャーナリストだったが、
志半ばで死んでしまう。

籠目は、恋人の復讐のために、闇オークションに潜り込み、
返り討ちになってしまった。


そして、水鏡は、これから美和マリーの裁判だと言う。
彼女の弁護は籠目が、検事は一柳が担当だったらしい。

だが、籠目は死亡、一柳は行方不明……


ミツルギの検事バッジの件は。

「法の神のみぞ知る」と言う水鏡。

もしも、ミツルギに検事に戻る気があるのなら、協力する、
とまで申し出てくれるも、ミツルギはそれを断る。


そして、オークションに出品されそうになっていた、
ミクモの「約束ノート」を返却して、立ち去る水鏡。


「知らない人でも、アイサツをする。
知らない人には、涙をみせない。
知らないことは、知る努力をする」

「わたしは……!
真実を盗む“大ドロボウ”一条美雲!
ヤタガラスの2代目で、ミツルギさんの助手です!」
 


武藤は、イトノコから預かっていた、ミクモの服を返す。


そして、冥たんは、今回の事件の共犯者だった武藤と、
18年前の記録改ざんをした伊丹乙女とを連行する。



記憶を取り戻した美雲は、あの日のことを語る。


あの日、ミクモは、ひょうたん湖に呼び出された。

そして、屋台の方から来た赤いレインコートに
薬をかがされ、気絶。

目を覚ますと、ビッグタワーの屋上にいた。

ぼんやりしていると、赤いレインコートが倒れていて、
後ずさったら、ハッチから落ちて、気を失ってしまった。



「おそらく、キミの記憶を一番混乱させた原因はこれだろう」
⇒「2つの場所の記憶」

「おそらく、ビッグタワー屋上にあったものがキミを混乱させたのだ」
つきつける「屋台」もしくは「桜」



その時、倉庫から音がする。

なぜか、その場にまだいたナツミと共に、倉庫へ移動。



同日 午前9時53分 51階・倉庫


鳴っていたのは、トランシーバー。


ぐはあ。
それは、ナルホドくんが、コロシヤに持たされた!Σ(−□ー;


「御剣さまでございますね?」 

その声は、確かに虎狼死家左々右ェ門だった。

「事件解決おめでとうございます。
しかし…
この事件、本当に解決したと言ってよろしいのですか?
事件を演出した黒幕の存在に気づいておいでですか?

いまは、事件の黒幕についてお話しているのですよ。

あなたの考えをお聞かせいただきましょう。
黒幕の存在を示す証拠品を、示していただきましょう」
 

つきつける「被害者が持っていた手紙」

その手紙に、ミクモは覚えがなかった。


「…一体、ダレが用意したものなのか…?
わたくしにも興味があります。

わたくしが、そんなことをして何になるというのです。
…真実をアキラカにするには、法廷に立つ必要があるかと。
バッジをうばわれたあなたに…なにができるか…。
カゲながら、楽しみにしております。

よろしいですね?
くれぐれも、ウラ切られませんよう。
それでは、シツレイいたします」





(感想)

やっぱり、5話目があったかーーー。
そんな気はしてたけど。

今回、やけにボリュームありますなー。(−−;

まあ、気になることが多々あるし、
ちゃんと最後まで終わらせますけどねー。

先はまだまだ長そうだ。


ともあれ。
水鏡が味方になってくれたのは、心強かったなぁ。
今までが、手ごわかっただけに。

てか、元検事局長で検事審査会会長よりも、
さらに大きな黒幕って、一体、誰が出て来るんだか。


それと。
茜は、5話にも出てきてくれるんだろうか?
あれっきりだったら、寂しいぞ!






⇒第5話「大いなる逆転」前編へ続く。 



なお、質問等には一切お答えしませんので、あしからず。



「逆転検事2」のプレイ記一覧は⇒コチラ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 「逆転検事2」第4話「忘却の逆転」後編2 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる