またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ラジアントヒストリア」プレイ記2〜鉱山を死守せよ!〜

<<   作成日時 : 2011/02/24 23:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

DSのRPG「ラジアントヒストリア」のプレイ記。
攻略ではありませんが、ネタバレなので要注意〜。



[異伝ルート} 


「異伝第1章 逆境」 

「ロッシュ隊配属」
 
「俺の副官になれよ!」というロッシュの誘いを受けたストック



サブクエスト「夜警の準備」 

街を出る前に、一番街で立ち番をする兵士に、
アンチスリープ2個を頼まれ、渡すと、

お礼にアリステルエッジをもらう。


サブクエスト「兵士のスカウト」 

志願者受付で、兵士のスカウトを依頼され、
宿屋の兵士を勧誘し、入隊を確認すればクリア。



「閉ざされた鉱山」
 
ロッシュ隊は、グランオルグが攻めてきているアルマ鉱山へ向かう。

ラズヴィル丘陵を抜けて、鉱山に到着するも、
鉱山の入口が岩で塞がっており、爆薬を届ける商人が現れない。


どうも、双子によれば、ストックが持つ「白示録」とは別に、
「黒示録」なる本を持つ者が他にいて、ソイツが、歴史を変えているらしい。

今回のことも、ソイツの妨害だろうと。


「待ち伏せ」しようとすると⇒「首都陥落」END


爆薬が届かないので、仕方なく、正伝ルートに進んでみる。



[正伝ルート} 


「正伝第1章 旅路」 

「情報部の仕事」
 
ハイスの部下であることを選択。

ハイスから、反乱分子プラッドの拘束を命じられる。


情報屋である雑貨屋の店主から情報を得て、

酒場で張り込み、ローブの男プラッドを倒す。

どうやら、爆薬を奪おうとしていたらしい。



「極秘指令」
 
ハイスから、グランオルグに潜入しろとの次の指令が下る。

詳しい内容は、グランオルグに忍び込んでからと。


王宮を出る時、ロッシュに「今からでも俺と一緒に」と誘われるも、
改めてそれを断るストック。

あう……なんか、心苦しい。


「使者の消息」
 
丘陵で、連絡員と待ち合わせるも、なかなか現れない。

「アルマ鉱山へ向かう」と⇒「女王の台頭」END


しばらく待つと、連絡員が来る。
なぜか「異伝」で会った連絡員が、ストックを覚えていた!?

連絡員によれば、せっかく奪取した“砂の砦”
グランオルグに取り返された。

さらには、アルマ鉱山までも狙われているらしい。

グランオルグへ向かうために、戦がひとまず鎮圧した“砂の砦”へ。



「丘陵にひびく声」
 
途中、人の悲鳴が聞こえ、行ってみると、
“砂漠のカラス”と呼ばれる義賊プラムとヘルツの2人組が、
商人を襲っている。

「気合」を入れてからが非常に強いが、気張って倒す。

タルキンという名の商人は、鉱山へ爆薬を届ける途中だった。
ストックは、爆薬を扱う「ボマー」を取得する。



[異伝ルート} 


「岩石を壊す手段」 

再び、爆薬を待つ場面へ。
タルキンが到着し、鉱山の入口が開く。


ロッシュ隊は、ゴブリンが徘徊する鉱山を、「ボマー」を駆使しつつ進む。

途中、落盤が起きて、来た道を戻れなくなる。

レイニーの様子がおかしいのが気になりながら、先へ。


グランオルグ軍が、爆薬を使おうとしているので、
先手で奇襲し、追い払う。

無闇に進軍するのはヤバイので、指令どおり、出口は塞いでおく。


帰り道、レイニーとマルコから、傭兵時代に、
鉱山の警護をしていて、落盤で全滅しかけた過去を明かされる。

モンスターが、支柱に当たりに言ったのが原因。


もしかして、そのモンスター、例の「黒示録」で操られたとか??


ともあれ、アリステルへ帰還する。



⇒プレイ記3へ続く。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 「ラジアントヒストリア」プレイ記2〜鉱山を死守せよ!〜 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる