またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ラジアントヒストリア」プレイ記5〜悪意渦巻く戦場〜

<<   作成日時 : 2011/02/28 20:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

DSのRPG「ラジアントヒストリア」のプレイ記。
攻略ではありませんが、ネタバレなので要注意〜。




[異伝ルート]  

「異伝第2章 失墜」


「グラン平原の戦い」


アリステル本国では、改造した魔導兵の実戦データが欲しいと
フェンネルがねだり、ハイスの言葉添えもあり、ヒューゴ大将は、
前線へ魔導兵を送ることを承諾する。

ただし、莫大なエネルギーを必要とする魔導兵を使うために、
事前に敵の位置を知っておく必要があり。


そこで、ロッシュらが少数を引きつれ、アルマ鉱山から、
グラン平原へ出て、敵の情報を得る。

一方で、“砂の砦”から平原へ出たストックらがロッシュらと合流して、
情報を受け取って本部に引き返すという作戦が決行される。

出かける前に、ビオラ准将からビオラの日記を預かっておく。
 

「遅すぎた合流」

ストックらがグラン平原に向かったときには、こちらの作戦は敵方に
筒抜けで、あちこちに敵兵が潜んでおり。

ロッシュと合流せず、北へ侵攻すると⇒「獅子将軍」END 
 

「ロッシュの危機」

ロッシュの元へと急ぐも間に合わず、敵兵にやられてしまう。
雷光ペールゼンを倒すと、計画書を持っていた。
 

「アリステルの攻勢」

作戦開始前に、ビオラ准将に計画書を見せると、
すぐさま魔導兵の出撃を決断してくれる。

途中まで敵が出なくて、楽チン♪


「たくされたもの」

ロッシュの元へ急ぐと、深手は負っているも、生きていた。

すると、レイニーマルコに、自分たちにここを任せて
先に行けと言われ、渋々、ストックは二人に託して、撤退する。


その先でも、敵兵が待ち構えており。

キールが、逃げ足の速い自分が引きつけておくから、
ロッシュ隊長だけは助けてください!と、止めるのも聞かずに行ってしまう。


キールの死を予感しながら、その瞬間に「刻印」が刻まれなければ、
時を戻ってやり直すことができないと悟り、悔しいストック。


「傷だらけの帰還」

生死の危ういロッシュは緊急手術を受けることに。

ラウルに、ヒューゴが裏で糸を引いていることを告げると、
ヒューゴとその作戦のつながりを調査することに。



「工兵のスカウト」をクリアしていると、志願者受付で、
サブクエスト「傭兵のスカウト」「剣士のスカウト」を受けられる。

このタイミングを逃すと、また戻ってくる羽目になるので忘れずに。



「ハイスとの決別」

ヒューゴの部屋で、ハイスが気配を消して潜んでいた。

破導の者ハイスと戦闘。

ストックは、ハイスのその技「サイレンス」を盗み、
重要書類をガメることに成功。

しかし、暗号で書かれていて、すぐには解読できない。


「逃避行」

すぐに、追っ手を放ったヒューゴから逃れるため、
絶対安静のロッシュと、彼を心配する軍医ソニアと共に、国外へ。


先に、ロッシュとソニアの淡い恋心エピを見た後だから、
切ないねぇ。
てっきり、ソニアはストックが好きなのかと思ってたのにw


ロッシュをソニアに託し、次々襲い掛かってくる追っ手相手に、
孤軍奮闘で立ち回るストックだったが、すべて倒したあと、気絶する。




⇒プレイ記6へ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 「ラジアントヒストリア」プレイ記5〜悪意渦巻く戦場〜 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる