またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「逆転検事2」第1話「逆転の標的」後編

<<   作成日時 : 2011/02/04 01:16   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

DS「逆転検事2」のプレイ記。
攻略ではないと言い張りつつ、ネタバレですので注意。



第1話「逆転の標的」後編



同日午後4時15分 西鳳民国大統領専用機


捜査開始〜西鳳民国大統領専用機〜 

調べる「死体」⇒左胸、拳銃、アタッシュケース

人物「外城涯」(35)
事件の被害者。大統領のボディガードのリーダー。
大統領を守って死亡した。

情報「貫通した弾丸」
被害者に当たった弾丸は、貫通している。どこにいったのだろうか?
情報「外城の拳銃」
1発も撃たれていない。西鳳民国製のもの。6連発の拳銃。

証拠品「死体の所見メモ」
死因は、胸部への銃撃による失血死。弾丸は貫通している。
証拠品「防弾アタッシュケース」
弾丸から身を守るための道具。外城、内藤の2人が所持していた。


ロジック「6連発の拳銃」「外城の拳銃」

証拠品「凶器の拳銃」(改)
左側客席のゴミ箱から発見。2発撃たれている。被害者の拳銃と同じ種類。


調べる「モニター」⇒ぬいぐるみ

証拠品「監視カメラのモニター」
飛行機内と周辺の監視映像が流れている。1台だけ足りない。


調べる「デスク」⇒防弾チョッキ、ファイル
ポーンのマークに合わして「推理」⇒つきつける「警備プランの資料」

情報「防弾チョッキ」
机の上に置かれていた。1発被弾したアトがある。大統領のものだろうか?
情報「内藤の立ち位置」
首が右に回らなくなったので、ステージ向かって右側に変更された。

証拠品「警備プランの資料」(改)
ボディガードの配置が記載。昨日、変更されている。


ロジック「貫通した弾丸」「防弾チョッキ」

証拠品「大統領の防弾チョッキ」
被害者を貫通した弾丸が、当たった。弾丸はひしゃげてしまっている。



コロシヤは、扉の向こうの大統領を呼ぶも応じず。

その時、機内が停電になり、乱闘の後、コロシヤは外へ逃亡。



同日午後4時45分 西鳳民国大統領専用機

イトノコの声でミツルギが目覚めると、
コロシヤはゴムボートを使い逃亡した後だった。

証拠品「カード」
コロシヤが逃げるときに残していった。サザエのマークが描かれている。


そこへ、王大統領が登場し、ミツルギから証拠品一切を没収し、
捜査権を剥奪しようとする。



ロジックチェス開始

「捜査は誰が引き継ぐのか?」⇒「まだ様子を見る」⇒「まだ様子を見る」

「理由を説明したまえ!」⇒「この場所が関係しているのでは?」
⇒「ずいぶんアセッているようだが?」

「強引に進みすぎでは?」⇒「まだ様子を見る」⇒「まだ様子を見る」

「本当に適用されるのか?」⇒「まだ様子を見る」⇒「銃撃は機外からでは?」

ロジックチェス成功!


大統領が渋々、捜査続行を許可し、証拠品を取り戻す。


追求開始 〜王の証言〜

「その直後に銃声が聞こえ、丸いまっ赤名バルーンが割れたのだよ!」
つきつける「トノサマンバルーン」

(このことに、何かモンダイはないだろうか?)
「モンダイがある」

「事件当時の状況とムジュンする証拠品は?」
つきつける「弾丸の軌跡」

「弾丸のキセキが導く、銃を撃ったであろう人物とは?」
つきつける「内藤馬乃介」

証拠品「弾丸の軌跡」(改)
弾道の推理によると、バルーンを割った弾丸は、内藤が撃ったもの。


(旗の状態がわかるものが、キロクされていないだろうか?)
つきつける「美雲の写真」⇒「旗の端っこ」を提示

「内藤馬乃介は…」暗殺者ではない

情報「内藤がバルーンを撃った」
弾道の推理によれば、ステージ右側のバルーンを撃ったのは内藤。


ロジック「内藤の立ち位置」「内藤がバルーンを撃った」

情報「警備計画の変更」
大統領自身の命令だった。変更の目的は、内藤がバルーンを撃つため?


ロジック「大統領暗殺事件」「警備計画の変更」


何と、この一連の暗殺事件計画は、大統領が仕組んだ茶番劇だった!

速水は、それに協力させられていただけだった。


あんなけスーツの外からもムキムキだった大統領の筋肉が、
ボヨンボヨンの脂肪に!(>m<)


しかし、内藤が、口を挟む。


(内藤が観客にバレないために使ったものとは?)
「防弾アタッシュケース」


速水は、レーザーポインタを使用したことを打ち明ける。
そして、大統領も、ようやく自作自演であることを自白する。

証拠品「大統領の防弾チョッキ」(改)
ウソの暗殺未遂の小道具。
ひしゃげた弾丸も、前日から用意していたもの。


誰かが嘘の暗殺計画を、本物にしようと、あのコロシヤを雇った。

そして、内藤は、1発目は確かに自分だが、2発目の銃声、
つまり、外城を撃ったのは、あくまで速水の仕業だと主張。


追求開始 〜内藤の証言〜

「その1発は、ゴミ箱で発見された拳銃から撃たれたのさ!」
つきつける「凶器の拳銃」


「外城を本当に撃ったのは…」⇒「内藤馬乃介」


「その証拠のありか…それは…!」⇒「手元にはない」

(外城の命をうばった弾丸のありか、それを示す証拠品はないのか?)
「監視カメラのモニター」

証拠品「血痕のついた弾丸」
監視モニターから発見。外城の命をうばったものと思われる。


弾丸の血痕は、被害者・外城のもの。
拳銃に付着した指紋は、内藤のもの。
そして、弾丸の線条痕は、拳銃のものと一致した。


内藤……さては、証拠品を取り上げた時に、
証拠品の拳銃と自分の拳銃とを入れ替えやがったな?


追求開始 〜内藤の推理〜

「線条痕が一致した以上、まちがいねえな!」ゆさぶる

(もし疑うとするならば…?)⇒「拳銃」

(だとすると、この拳銃の持ち主は…)⇒「内藤馬乃介

証拠品「内藤の拳銃」 (改)
客席で発見された拳銃とすりかえられた。弾丸と線条痕が一致。


「外城を殺害した弾丸は、客席で発見された拳銃から発射された」
つきつける「内藤の拳銃」


追求開始 〜内藤の証言(2)〜

「残った弾の数も確認してみな。ちゃんと2発撃たれてるだろうさ」
ゆさぶる

「オレが拳銃をすり替えたという証拠なんかねえだろ?」
つきつける「内藤の拳銃」

「拳銃に残された、内藤のコンセキとは…」⇒「指紋」
⇒「弾蔵」⇒「弾丸」を指摘


「…チェックメイトだ」 
「《ゲーム》の続きは、法廷で行うとしよう」


内藤は、イトノコに連行されていく。



同日 午後 5時12分 ひょうたん湖公演・水上ステージ


「まだ事件が終わっていないことを示すのは?」⇒「カード」




(感想)
てなわけで、謎を残したまま、第1話が終了。

コロシヤ、相変わらず、怖い人です。

内藤の声、カッコいいですよね♪
「意義あり!」とか、巻き舌っぽくてw

あとは……そうそう。
当然のことながら、トノサマンバルーンを貸した、調子のいい男って、
事件の影にヤッパリ……なアイツですよねぇw



⇒第2話「獄中の逆転」前編へ続く。


なお、質問等には一切お答えしませんので、あしからず。



「逆転検事2」のプレイ記一覧は⇒コチラ

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 「逆転検事2」第1話「逆転の標的」後編 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる