またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ラジアントヒストリア」プレイ記8〜王都炎上〜

<<   作成日時 : 2011/03/02 00:25   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

DSのRPG「ラジアントヒストリア」のプレイ記。
攻略ではありませんが、ネタバレなので要注意〜。


 
[正伝ルート]   


「凶報」 

ストックらがコルネ村に身を寄せている頃、グランオルグでは。

側近に、レジスタンスが女王の命を狙っていると吹き込まれた、
女王プロテアは、事もあろうに、

「レジスタンスごと町を焼き払っておしまい!」と命じる。


女王乱心の凶報を知ったストックたちは、エルーカ救出に、
グランオルグへ向かおうとし、
レイニーも、ハイスへの恩よりも、世界を救うことを選び、同行する。



「王都の炎」 

ストックらが到着すると、街が炎に包まれていた。

兵士らは、その火事をレジスタンスの仕業だと言いふらしているらしい。


「エルーカの行方」 

レジスタンスメンバーのウィルから、エルーカが酒場にいると教わる。
ウィルは、もう手の施しようのないほど傷ついていた。


「アトたちの危機」 

観光地区を横切ると、アトら旅一座が、
兵士らに囲まれていたので、助ける。

アトは、理由は告げないが、ストックに同行すると言い張り、
ストックは、それを受け入れる。

その時、アトから「黒示録のきれはし」をもらう!


それを持ってヒストリアに行くと、
新たなマナバーストが覚醒される。


「ピエールの裏切り」 

エルーカと合流したストックらは、ピエールの言葉に従い、
地下水路へ逃げ込もうとするも、それは、ピエールのウソだった!


最初に地下水路へ降りた時に、彼の妹クレアを助けていなければ、

隠者ピエールと戦闘。


「大切なもの」 

クレアから「小さいバッグ」を受け取っていれば、閃光弾を使って、
その場から逃げ出す。

そして、ピエールに、クレアを連れてコルネ村へ逃げろと言って別れる。



サブクエスト「ディアス暗殺」

燃え盛るグランオルグから逃げる途中、元アリステル兵士から、
ディアスに奪われたバラの剣を取り返してほしいと頼まれる。
 
「正伝第1章」 「アトのいのり」へ行く。

宿屋2階のディアスから、バラの剣を奪い貸し、渡してやると、
バラの指輪をもらえる。



「傷ついたオットー」 

“砂の砦”で、オットーと落ち合う。
深手を負いながらも、王女を逃がすため、犠牲になるオットー。



「アトの野営地」 

中立国であるシグナスへ逃げ込むべく、“裁きの断崖”へ。

しかし、山を越えるには、もう日が暮れるから危険だと話すと、
アトが、安全な場所を教えてくれる。


「友の死」 

アトが教えてくれた野営地で一休みすることになり、
ストックが王女を気にしているのに気づいたレイニーが、気を使ってくれるも、
マルコが火の番は自分がと言い出す。

マルコに任すと⇒「迷える獅子」END 


王女から色々聞きたい話もあるし、ストックが火の番をすることに。



まずは、「儀式」においてのストックの役割について尋ねる。

「儀式」は自分で行う。しかし、それが出来なかった時、
ストックにやってもらうことがある。

しかし、それは「最後の手段」で、
何をするかは、その時まで言えないと、エルーカは口を濁す。

そして、今のままでは、「儀式」はできないらしい。


仕方なくストックは、プロテアを女王の座から引き摺り下ろし、
エルーカを女王にすると約束する。


さらに、エルーカは、ストックが亡き兄に似ていると明かす。

彼女の父である前王ヴィクトールは暴君だった。

「儀式」を行うことで、砂漠化を止められるグランオルグ王家こそ、
世界の命運を握っているだとおごっていた。

そんな父に真っ向から意見したのが、兄のエルンストだった。

彼は、国をより良くしようと活動し、やがて人々の信望を集めた。


王は、息子に王の座を奪われると恐れ、反逆罪と称して亡き者にした。

エルーカは、父が怖くて、それを止められなかった。

だからこそ、自分が「儀式」を行わなければならないと心に誓った。

そんなエルーカの決意を受け止めるストック。



「怒りのロッシュ」 

エルーカを先に寝かせた後、草むらで物音がした。

姿を見せたのは、親友ロッシュ 

彼は、ストックが国を裏切ったと聞かされていた。

ストックは、裏切ったのではなく、世界を救いたいのだと説得し、
見逃してくれと頼む。

しかし、ソニアを人質にされているロッシュは、軍人魂もあり、
引かない。


お互い譲れない二人は、戦う。


若獅子ロッシュ、ガードゾーンが、厄介。

右へ左に動かしながら、連続攻撃で追い詰める。


そして……ストックは、自らの手で、親友を手にかけてしまう。

いつか見た白昼夢の通りに。

ロッシュの体から、前に交わした約束だから、と言いながら、
「壊れた機械の腕」を外すストック。



双子が現れ、ロッシュを説得する道を示す。

ちなみに、彼らには、エルーカの言っていた「最後の手段」の
意味も判っているらしいが、現段階では言えないとの事。



ロッシュを救うべく、時を跳ぶストック。





⇒プレイ記9へ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 「ラジアントヒストリア」プレイ記8〜王都炎上〜 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる