またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 「ラジアントヒストリア」プレイ記11〜巨大グモ襲来〜

<<   作成日時 : 2011/03/04 21:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

DSのRPG「ラジアントヒストリア」のプレイ記。
攻略ではありませんが、ネタバレなので要注意〜。



「仲間の元へ」 

情報屋と話すと、連れの女性は地下牢に囚われているらしい。
食事当番として、中へ行くと、そこに囚われていたのはエルーカ 

しかも、入口の方から、レイニーマルコが!?
 
何でも、この二人は、スカラの街に売られており、
そこでよからぬことをしかけた男を張った押し。

赤い服の剣闘士の噂を聞きつけ、シグナスへやってきたと言う。

しかし、入口に見張りがいただろ?と問うと、地響きが。


「大いなる脅威」 

街へは寄り付かないはずのヘルスパイダーが、
5匹もシグナスへ向かってきていた。

騒ぎに乗じて逃げ出すこともできるが、元々の目的は、シグナスと
同盟を結ぶこと。
そのシグナスがつぶれてしまっては元も子もないと言うことで。

ストックは、地下牢のエルーカをひとまず助け出してから、
街の入口で、ヘルスパイダーの強襲を食い止めることに。


9×9マス全部って、どんだけデカイのさ。(−−;
動かす隙間がないんじゃ、アトの出番はなし。

レイニーの「リジェネレイト」と、
マルコの「ガードライズ」が効果的かと。


「武王の決断」 

何とか、ヘルスパイダーを撃退した頃、他の4匹を討伐に出ていた
ガーラントが戻ってきて。

すると、ヘッジが、エルーカの正体に気づき、ディストとの交渉に
使えると言い出す。

しかし、そんなヘッジを、ガーラントは切り捨て。
エルーカと組むことを決断する。

その時、ストックは、本名がバレるw


 
「正伝第5章 勝利」  


「熱砂の戦場」 

ガーラントに呼ばれて、宿屋を出ると、レイニーが、昔語りを。

レイニーは、アリステルグランオルグの戦争に巻き込まれて、
故郷をなくしていた。
その時に、両親とも死に別れている。

幾つもの街を流れて行き着いたのがこのシグナスで、
流れ者の彼女を、この街は優しく受け入れてくれた。

彼女にとっては、第2の故郷のような場所だった。

だから、ストックがこの街を守ると言ってくれた時、嬉しかったと礼を言う。



「望まれぬ再会」 

追放されたヘッジの代わりに、スパイを探しているとリッキーから
相談を受ける。

成り行きで連れて来られたわりに、武王に尽くしてるねw


酒場に行くと、マルコの顔なじみの、アリステルで料理人をしていた
ミメルという女性が働いていた。

このタイミングで、明らかに怪しい……が、証拠はない。


そこで、「気をまとう戦士」へ行き。
 
酒場の店主にミメルのことを尋ね、ミメルあての手紙を入手する。

そこには、ヘルスパイダーをシグナスへ仕向けると書かれてあった。
あの騒動は、人為的なものだった!


「熱砂の戦場」に戻り、
酒場でミメルを問い詰めると、スパイだと認める。

すると、マルコが彼女を見逃して欲しいと割って入る。

「ミメルを捕らえる」と⇒「静かな怒り」END 

マルコみたいな、普段おとなしい分、怒らすと怖いね。(^^;


彼女を見逃す代わりに、依頼者の名前を聞こうとすると、
ミメルは砂になってしまう。

「あんたもよく知っている」人物といえば……やっぱハイス、かな。
多分、一連の黒幕も、あのジジイだろ。


その件を、リッキーに報告し、ガーラントの耳にも入れておく。




⇒プレイ記12へ続く

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 「ラジアントヒストリア」プレイ記11〜巨大グモ襲来〜 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる