またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS PSP「銀魂のすごろく」第八訓

<<   作成日時 : 2013/01/30 21:17   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

「銀魂のすごろく」のプレイ記です。
攻略じゃないけど、ストーリーなど、ネタバレなので要注意!




第八訓「ゲームはみんなでやる方が楽しい」    



夢に固執する七重の目を覚ますため、まずは絆カード集め


暴走篇クリア条件は、絆を集め、七重を倒すこと。 

エリアは、真ん中のロビーに七重が、
左右、どちらに出ても、万事屋通りにつながる。



絆めくりを成功させ、絆カードを集めると、
色や組み合わせによって、七重に対する攻撃力が増します。

絆カードが一部違うため、
若干、第六訓とは組み合わせが違います。

ここで出てくるエリザベスは、蓮蓬篇のヘルプ君のほう。
なので、桂でプレイしていると、会話がちょっと面白い。



<組み合わせ例> 

「3カード」同色のカードを3枚揃わす
「4カード」同色のカードを4枚揃わす
「5カード」同色のカードを5枚揃わす
「バキューム」月詠、お妙、九兵衛、さっちゃん
「仕事の達人」さっちゃん、服部、月詠(未確認)
「スナックお登勢」お登勢、キャサリン、たま
「宇宙からの使者」辰馬、陸奥、エリザベス(蓮蓬篇)
「天人」キャサリン、ハタ皇子、エリザベス(蓮蓬篇)
「絆MAX」手札9枚が全て絆カード⇒攻撃力+99

たぶん、月詠、晴太、日輪でも、何かありそうだけど未確認。


毎ターン、七重がサイコロを振り、色の目が出れば、
バリアチェンジ。

ダメージを食らったり、カードを奪われたり。


七重がいるマスに止まらなければならない上、
七重と戦闘するには、バリアと同じ色のカードが必要。

1回の戦闘で倒さないと、何度も挑むハメになるので要注意。



七重を倒せば、クリア。

長かったすごろく世界から、現実世界へ。


六彦と別れがたかった七重も、決心して、終わり。






てなわけで、改めて、総括。


ゲームオリジナルの七重に六彦、ストーリーに関わるだけで、
操作キャラでなかったのは、ちょっと残念。

特に、六彦、ほとんど出番ないしw

愛銃ジョーと会話する七重、変な人w


ステージ進むにつれて、めんどくささがUPしてくので、
段々、心が折れてくるw

それに、誰が黒幕で、誰が原因か、バレバレだし。

でもまあ、まさか六彦が○○○るとは思わなかったけど。


キャラ同士のバトルで、
負けたほうのカードを捨てるんじゃなくて、
奪えれば良かったのに。

そのカード捨てないで、くれ!と何度思ったことかw


つっこむのはいいけど、ツッコミが入るのは、メンドクサイw
Bボタン押しっぱなしの、スタートボタン連打とかw


マダオ、超ウゼェェェェェ!(^^;
ダークマダオ、最悪ゥゥゥゥ。(−−;

でも、マダオが買う馬券、ごく稀に万馬券当たったのか、
他キャラについてるとき、18万ほど儲けてた!

自分についてるとき、絶対大負けするくせにィ!

サイコロも、自キャラの時は「1」のくせに、
他キャラの時、「6」×3とか。(−−;

つか、このゲームのせいで、嫌われまくって、
長谷川さんの順位が下がったりしてなw



他キャラといえば、一度だけ、
青いマスで、所持金が999……のフルになる
大金イベントを見たことある。



「カードの引きが強くなる」というのは、
各キャラのレアな専用カードを引く強さ……のよーです。

例えば、銀さんなら「辰五郎の十手」「辰五郎のキセル」
近藤なら「リヴァイアサン」、沖田が「激辛せんべい」など。



ドクロマーク、意外に自分は平気だったりする。
でも、マムシ砲とか、松っちゃん砲、
ストーカー撃退とか怖い。(^^;


ぬるドラ、作るほど暇じゃないよ!(−−;


以上w


「銀魂のすごろく」関連のリンクまとめはコチラ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • PSP「銀魂のすごろく」第八訓 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる