またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 3DS版 「THE 密室からの脱出〜愉快なサルとファミレス編〜」STAGE3−1「倉庫」

<<   作成日時 : 2016/10/22 15:54   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

@SIMPLE DLシリーズVol.16
「THE 密室からの脱出〜愉快なサルとファミレス編〜」プレイ記。
攻略ではありませんが、例によって、激しくネタバレですので、要注意。



STAGE3−1「倉庫」



PCモニターに「MOSI 310 86」仕分けシステム起動中です、と表示。

その上の9マスパネルの上に●があるのを確認。

椅子から、デカすぎる車輪を取る。


台座に箱が詰まれていて、アクションで回せる
台座の印と合わせて、箱がいくつ摘まれているか見ておく。
(●の面が上)

その右奥の棚の下の棒をアクションで動かし車輪(2コ目)入手。

蒼いトレー(右)をアクションで裏返し車輪(3コ目)入手。


ロッカー右の扉の前の台車に、車輪3つをとりつけ、使用可に。


机の前の「仕分け専用箱」を台車に乗せ、左の台に移す。
「仕分け専用箱」から、黒いボタン入手。

机の上の9マスパネルに黒いボタンを入れ、
回る台座の箱の高さが低い方から順に押す。
 ●
157
6□3
2□4

扉が開き、を入手。


で冷凍庫を開ける。
寒すぎて、床に落ちているはしごだけ拾って、閉める。

はしごを台車に取り付ける。

はしごつき台車を使って、ロッカーの上を調べると、
台車をロッカーに寄せる。動かないようストッパーを下げてロックする。
ロッカーの上からバールを見つける。

バールを使って、木箱を開け、味噌、焼きそば麺、ウインナーを入手。

台車を使って、その上の棚を調べ、豚ロース、ミートソース、ハムを発見。


仕分けの機械に、食材を味噌、ミートソース、ハムの順で入れ、
(MOSI=MISO、310=ミート、86=ハム)
赤いスイッチを押す。

PCモニターに「仕分け確認しました。カードを排出します」と出て、
カードキーを手に入れる。

カードキーでロッカーを開け、防寒着を入手。

防寒着を着て、冷凍庫へ。


(冷凍庫)

左側の棚の中段の箱からのりはがし入手。
下段の箱に、のりはがしを使っておく。


(倉庫)

「仕分け専用箱」にのりはがしを使って、どかす。
・肉の上下左右は箱を一つ空ける。
・野菜は中列にまとめる。
・右列には最低一つ箱がある状態にすること。

□□□ □□□ □□□ 
□?□ □□□ □?□ 
□□□ □ □□□ 
  1     P    2 

↑「P」の白抜きが何となく「P」に見える。


(冷凍庫)

右と左の棚の箱を、法則通りに並べると、ピッという音が。

□□  □
□  
□  □
右(1)  左(2)

↑それぞれ、白抜きが何となく「n」と「X」に見える。


中央の扉にアルファベットが書かれた9マスパネル。

左の棚が(1)で「n」、中央が「p」、右の棚が(2)で「x」なので、
「npx」と押すと、開き、オリーブオイルを入手。


(要セーブポイント)


(倉庫)

錆びて動かない台車にオリーブオイルを使ってどかし、
現れたドアから、「今すぐ脱出だ!」


店員に起こされ、ジュース代を払って帰宅。

頭の上にツノ?が生えて、バッドEND







まさかの夢オチ?と思いきや、頭、頭!
鏡見て気づかないんだろうか??(ーー;)


ここから、グッドENDは長いので分けます。


(追記:気持玉のクリックありがとうございます♪)




⇒STAGE3−2「客席・改」へ続く。



なお、質問には一切お答えいたしません。


⇒「THE 密室からの脱出アーカイブス1」プレイ記一覧はコチラ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 3DS版 「THE 密室からの脱出〜愉快なサルとファミレス編〜」STAGE3−1「倉庫」 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる