またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 3DS「めがみめぐり」神格試験57〜59段

<<   作成日時 : 2017/02/18 15:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

3DS「めがみめぐり」神格試験について、自分用メモ。
攻略ではありませんが、ネタバレ込みなので要注意。



57〜58段は「四国〜中国〜近畿〜九州地方」で行われる。



57段
お供え物は徳島県、小島駅
女神は愛媛県、伊予出石駅



現れたイチキに早速締め上げられて気絶するアマテラスは、
「囮作戦」として、≪花≫の女神コノハナサクヤヒメを呼び出す。

そして、思惑通り、「可愛いじゃねーか、どーなってんだよー」と
上機嫌で抱き着くイチキ。


……個人的にはコノハは全く可愛いとは思えんけどもなw


「何このオバサン」とご機嫌斜めを通り越してタテになる
コノハとイチキを残し、お供え物探しへ出る一行。


試験の際、美しさが「150点」で、合計550点に。


戻ってくると、出て来た時と全く同じ状況が続いており、
怒ったコノハに嫌われて、「近づくな」と言われ、しょげるイチキ。

説明もまだというので、改めて事情を話し協力を乞うのだが、

海原には海原の、高天原には高天原の領分があり、
出しゃばって、それを曖昧にするのはよくないと思う、
と言うコノハ。

それでも、全国ツアーの最中に異変に気づいたら、
連絡するくらいはと申し出てくれる。ものっそ嫌々w


一方、試験後、コノハからちょっと褒められただけで、
かなり上機嫌なツクモ。

やっすいな、お前。(ーー;)





58段
お供え物は岡山県、笠岡駅
女神は大阪府、井原里駅



今回呼び出されたのは、≪結び≫の女神ククリヒメ。

相変わらず、ツクモとヌシは覚えてるのに、
アマテラスは「キリギリス」呼ばわり。

そしてイチキは「可愛くてちっさいのが3つも」と言って、
ククリ、それに狛犬のアーとウーに歓喜。

アマテラスの物量作戦、大当たりw

アーとウーもまんざらではない様子で、おとなしく抱かれ。

ククリも抱きしめられるのだが、「嫌い」と言い放ち、
「ぷい」と怒って、ショックを受けるイチキ。


お供え物を取ってきて、間を置くも、

「あたし、嫌いなヒトの名前は絶対に忘れないから」とククリ。

ツクモとヌシは好きだから忘れない。
イチキは嫌いだから忘れない。

アマテラスは……どっちでもないわけかw


これを機に、抱き着くのをやめろと言われても、
「断る」と即答するイチキw



試験の際、優しさが「150点」で、合計550点に。


アーとウーがなついたのが気に食わなかったククリに、
アーとウーを褒めて機嫌を取ろうとするイチキだが、
ククリはかたくなに拒絶。

結局、アーとウーが取りなしてくれて、ククリもようやく機嫌を直し、
大時化調査の協力を約束してくれるも、

「忘れちゃいそう……できるだけ忘れないよう頑張る」と、
何とも不安。(^^;)



海原代表として協力を要請しに来ているはずなのに、
コノハやククリに嫌われる振る舞いをするイチキが、
どうにもらしくないと怪しむアマテラス。



ここらで、通常つづらをコンプしたので、
ごほうびつづらで限定神衣漁りに、中部地方へネコマタ退治に。


そうそう、そのネコマタ退治で岐阜の駅がほとんどない辺りで、
白マス止まり続けてたら、久しぶりに不機嫌に。

でも、次また駅停まったら戻ってやがった。

不機嫌になる神衣とかあったら、着せ続けてやるんだが。

「会話が売り」のゲームで一番うざいのが会話って言うのがなw

大体、神衣増やしてトークもバリエーション増えましたってゆーけど、

記念撮影では着替えさせても、結局、いつもは
アオザイか「○○ばすたー」しか着せないから、意味ないっつーの。



(↓ここから先、追加分↓)

しばらくネコマタたんとじゃれておくつもりが、
周回クリアからチェックインまで時間があったのと、
ステが満開で食材があまりまくってたので、続きしてみたw



59段
お供え物は沖縄県、赤嶺駅
女神は大分県、西屋敷駅



依然、オキの調査は難航しているというイチキは、
突然、もう一度、アタシの神格試験を受けてもらおう、と言いだし。

「ここから先は、アタシを倒してから行きなっ!てことさ!!」

ツクモが「足止め」という言葉を使ったけど、
どうも時間稼ぎをしているような……?

イチキはツクモをもっとよく知りたいと言う。"事情"が変わったのだと。


試験の際、強さが「150点」で、合計550点に。



合格すると、イチキは「他言無用で」と念押ししてから、話し始める。


時化の原因は、自分たちムナカタ三女神だ、と。


アマテラスたちがタキといた頃、イチキは一人で調査していた。

時化のムラに気づき、その嵐の一番激しい所を特定したら、
中心にあったのは、ムナカタ大社。

海原の平和と安定を守るはずの自分たちムナカタ三女神が、
時化を呼び、海を荒しまくっている……確証はないが、

そうだとしたら、なおさら自分たちが解決しなければならない問題。

だが、他の女神の介入は防げても、アマテラスは諦めない。
そうすると、ツクモも関わる。

だからこそ、半人前には関わって欲しくなくて、
その実力を見極めたかったのだと。

そして、ツクモを認めた上で、迷惑料として≪船≫の勾玉をくれる。


イチキは、調査に戻ると言い、

アマテラスたちは聞いた話をオキに話さなければ、
と彼女を呼び出すことに。


⇒神格試験60〜62段へ続く。  

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制となっており、反映まで時間がかかります。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • ゲーム関連の質問は、お答え致しておりません。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 3DS「めがみめぐり」神格試験57〜59段 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる