またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 3DS「RPGツクールフェス」プレイ感想・その6

<<   作成日時 : 2017/10/19 16:15   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

最近、ほかのゲームより確実にプレイ時間が長いw

各投稿作品のプレイ感想。ネタバレも含みます。




「オークロニクル ちょっとした冒険」 作:ちそらさん

気弱なオークが、ヒトと仲良くなろうと奮闘する物語。

これ、すごい好きです。(いまだに消さずに残してる)

お話自体はほぼ一本道。
ルート分岐はあるものの、ヒロインをどっちを選ぶか、
だけで、内容は一緒。

あとは、あるクエストを最後までクリアしたかどうかで、
彼女たちとのラストも変わります。

クリア後、ルート分岐から再開可能なので、
どれも見て欲しいです。




「ガイア アックス 地上の果てと永遠の楽園」
 作:IKAZさん 

RPGでは珍しく斧使いが主人公な本作。

故郷の村を魔物に襲われ、その復讐の旅に……と書くと、
ありがちと思われがちですが、
旅のお供は魔物であるはずのサキュバス。

それに、今作は、主人公が本懐を遂げた……ところからが、
ある意味、本番。

中盤〜終盤に仲間を増やせるんだけど、
多分、全部見つけられなかったっぽい。ぽんち?

ラストは、選択によって、ENDが複数存在しますが、
「to be continued」で終わるのが正解のようです。




「ガイア ツイン アックス 英雄の不在とエプトの秘宝」 作:IKAZさん

そして、完結編となる、続編がこちら。
前作の17年後の世界……

いや、元からカッコよかったけど、さらにイケメンになってるしw

章の区切りごとに挿入される予告画面、力が入ってます。

個人的には、前作である程度完結していたと思いますが、
主人公の胸中を思うと、続編があって良かったのかもしれません。




「ラフィーディア戦史」 作:どこかの誰かさん

以前から存在自体は知っていたものの、
何章にも分かれた長編というので、避けていましたが、
評判が良いので、一章〜四章、外伝、特別編を一通りプレイ。


貴族第一主義、貴族以外は人間以下という主張がまかり通る世界で、
実力至上主義を掲げる帝国が反乱を起こす中、

平民の身でありながら、一国のナイトとして奮闘する騎士が主役の物語。

基本設定として、一騎当千なスキルを持った主人公ゆえに、
通常戦闘はあってないようなもので、ほぼ読み物。


個人的には、差別軽視や理想と現実との苦悩を抱えつつも、
それでもあえて、帝国とは相対する立場でい続けて欲しかった。

どうせなら第3の道を模索してほしかったです。

だって、ただでさえ強い男が、強者揃いの帝国側に寝返っちゃったら、
そりゃ何やったって勝つでしょってゆー。

あとは、脳筋肉ダルマが気持ち悪すぎるのと、
帝国トップの兄妹キャラが、どっちもあまり好きじゃない上に、
あの腹黒軍師も、イケイケ義妹も、やっぱり好みじゃない……

……アレ? 帝国側に好きキャラがいないのが一番の原因かw

それと、野郎相手のENDとか、いらないってゆーか、
ホントにあの脳筋肉ダルマだけは生理的に受け付けない。

ヤツのせいで、あの顔グラキャラが嫌いになった。
お陰で他のゲームをプレイしたときの、
あの顔グラキャラへの印象が底辺からのスタートという有り様。


そんなテンションなので、外伝も特別編も、蛇足にしか思えず。
プレイしたことを心底後悔している。




「魔王の嫁にはなりません!」 作:楸さん

突然魔王にさらわれ、嫁にされたお姫様が、
城からの脱出を試みようとする……とはいえ、
脱出ゲームではありませんw

魔王の真意が明らかになる真ENDを見た後と前とでは、
まるで印象が変わってきますw




「戦士の聖地」 作:むじんとうさん

複数ENDが存在しますが、ヒントが示すとおりに、
隠された真実が明らかになると、ちょっと凹むかも。

風呂屋の二階に関してはあまり追究しない方が賢明です。(−−;




「化身戦記アバタール」 作:てんまさん

コレ、世界観とかシステムとかすごい好きで楽しんでプレイしてたんです。

でも、本編の途中で挿入されたミニゲームがクリアできずにリタイア。

いや、単に自分がトロいせいなのですが、ミニゲームをクリアしないと
先に進めないのは、ちょっと困るかな、と。


あえて言い訳すると、若干、十字キー周辺の反応が悪かったりする。
(前に任天堂に別理由で修理に出したときも、指摘されていた)

普段、支障がないけど、こういう時に困ります。(−−;




「やりこみファンタジア」 作:黒猫さん

駆け出しの冒険者が、各地を冒険しながら、仲間を増やし、
やがて、復活しようとする邪神の脅威を阻もうと奮闘する、
王道PPG。


基本、魔物はお金を落とさず、拾得物を売って、現金化。
最初は金欠で困るかもしれないけど、そのうち余るようにw


それよりも、このゲームで大切なのは「旅人ポイント」。

緑の宝箱(主に各キャラの専用武器が入っている)を開けたり、
隠し通路や、隠し魔物の出現……など、活用法は様々。

各ダンジョン内のオブジェや、イベントクリア、
納品依頼の交換で得られる他、余ったお金と交換でもらえたり。

広いダンジョンでは、このオブジェが、
既に通った道かどうかの判別に役立ったりも。


最大12人いるらしい仲間も、能力から個性も様々。
自分は、11人(人?)しか見つけられず……


冒険者ランクも、上げないと進めない道や、
発生しないイベントがあったりして、やり込み要素は満載。

わりと後半にとあるクエストで失敗して、
上書き済みだったため、泣く泣く最初からやり直ししたけど、
やりがいはありました。


しかし、実は現段階で、まだ7割の完成度らしく、
確かに、マップ上は存在するけど、町などが一切ない大陸とか
クリア後ダンジョン(予定)とかあるので、
完成版が出来たら、またやりたい作品です。





書き切れないので、他作品については別記で。

ちなみに今プレイ中なのは、

「ネコとニンジャのこばん」 作:shun6papaさん

秋で一枚取り損ねがあって、秋の頭からもう一度やり直し……。_| ̄|○
よるのせかいってどこだ!?


好きなので、ちゃんとクリアしますけどね!o(`・д・´)ノ







⇒プレイ感想・その11は、こちら

⇒プレイ感想・その12は、こちら

⇒プレイ感想・その13は、こちら

⇒プレイ感想・その14は、こちら

⇒プレイ感想・その15は、こちら

⇒プレイ感想・その16は、こちら

⇒プレイ感想・その17は、こちら

⇒プレイ感想・その18は、こちら








⇒3DS「RPGツクールフェス」の他のゲームのプレイ感想、
および、攻略メモについては、こちらからどうぞ。 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制です。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 3DS「RPGツクールフェス」プレイ感想・その6 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる