またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 3DS「RPGツクールフェス」プレイ感想・その34

<<   作成日時 : 2018/02/25 22:39   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

【第3回コンテスト作品】のプレイ感想。ネタバレも含みます。

前回の「その33」は、投稿時から後で2作品加えました。
不完全な状態での投稿ですみませんでした。




さて、作品ごとのプレイ感想を書く前に、
コンテスト投稿作品を色々プレイした中で
感じたことを書きたいと思います。


それは、「どこでもセーブ」の制限。


「RPGツクールフェス」では基本的に、
いつでも「どこでもセーブ」ができます。

特に長編もののRPGや、入り組んだダンジョンなどで、
とても重宝するこのシステムを、

わざわざ制限し、決まった場所でしか
セーブできなくしているゲームが度々あります。

正直、プレイヤーにとっては、不便でしかない。

これをあえて強いるからには、それ相応の意味合いや、
それを補う利便性が求められます。


例えば、読み物系のゲームで、チャプターごとにセーブする。
これはアリです。
いわば、しおりのようなものと考えられます。

例えば、難易度が高いRPG「Dragon Heart」では、
ワープ装置やワープアイテムがあり、拠点から出掛けたり、
拠点に戻る方法があり、拠点でしかセーブできない不便さを
軽減しています。


こういった作品では、セーブが制限されても、
さほど不便には感じません。

ですが、道中、ずっと徒歩移動しかなく、
頻繁にランダムエンカウントするRPGで、
しかも、敵の攻撃がやたら痛い、とかだと、
回復に戻らないといけない、セーブしに戻るのも面倒、
とストレスでしかありません。

結果、どれほどシナリオが良くても、評価を下げてしまうことや、
途中でプレイを投げることも少なくありません。

そういう不便さをわざと狙ってるにしても、
逆効果なことの方が多いです。

シナリオが鬱展開とか、アクションの難度ならまだしも、
「プレイ」することが「苦」になるゲームは、
楽しくないのですから。

プレイしたことすらここで触れていないゲームも含めると、
相当数プレイしているから言いますけどね。


ぶっちゃけて言うと、そういう不便だけでストレスしか
感じないゲームなんてもう、うんざりなんですよ。



不便さを補っても余りある面白いゲームなんて、一握りだけで、
あとは、ストレスゲームばっかなんですよ。

これでもファミコンを知ってる世代ですからね。
不便なだけでは文句は言いませんよ。


ちょっと趣旨は変わるけど、ついでに付け加えると、

少ししかダメージ与えられなくて、コツコツ相手のHP削っても、
回復されて、また最初からやり直しとかね。


正直、DS投げたくなるくらいイラッとなるんですよ。


敵のHPがゲージで表示されるだけに、
回復された時の精神的ダメージはかなり大きいです。


あと、雑魚戦で3〜4ターンかかるRPGも、
テンポが悪すぎて、たるくて途中で投げだすパターン。

LVを上げてターン数が減るなら、まだLV上げ頑張るけど、
LV上げても、さして変わらずとか、やる気が萎える。

ボス戦が手強いならまだしも、
雑魚戦にいちいち時間かけたくない。


プレイする限りは、出来れば、最後のエンドロールまで
たどり着きたいと思ってプレイしてます。

「どこでもセーブ」の制限があっても、
「楽しい」と思えるゲームとの出会いを待っています。

以上、プレイ専の呟きでした。

長々と、ただの愚痴じゃねーかって? 
言いたくなるくらい、溜まってたってことですよ。






「猫又小町」 
作:黙示録ちゃんさん 作者ID:120299

「リッカの花束」の黙示録ちゃんさんの作品。

人間の親子が経営するカフェには、座敷童が住み、
クールな河童や、おにぎり大好きな猫又が
常連客として通っていた。

ある日、そのカフェにサキュバスが現れ、
彼女が持つ古い本の封印を解いた時、
事態は急変する。


と書きましたが、基本ほのぼの系の短編RPGです。
クリアまでのプレイ時間が1時間半くらい。

むしろ、もっと色々歩き回って、冒険したかった!
という飢餓感があるくらい、雰囲気が良かったです。

ちょこちょこ、変換ミスがあったのもご愛敬。

武器を強化するアイテムのドロップが少なかったので、
3人×4回できるのに、4つくらいしか入手できず。
強化画面の作りが凝ってて、出来れば、
限度まで強化してみたかったです。

見るだけの船の作りが凝っていたり、
マップの作り込みも巧い。

作者さんのお名前に見覚えがあって、
自分のプレイ感想を遡って納得した次第。




「流星の忍者スバル」 
作:kinkiさん 作者ID:173826

忍者の「あいぼう」くんを操作するアクションゲーム。

基本的に、敵と当たると、一撃で倒すか、ダメージを受ける。
敵を連続で倒すと「コンボ」になり、経験値やお金が2倍に。

卵を割り、「刀」や「巻物」を取ると、変身!

取ったアイテムによって変身モードが変わり、
例えば、スピードタイプなら、炎やトゲのダメージが無効になる、
などの効果がある。

操作はいたって簡単で、アクション系が苦手な自分でも、
割とさくさく進んでたんですけど、

お化け屋敷と、クジラまでクリアできて、
多分恐竜のエリアでキャストの3人目が見つからないのが原因で、
先に進めなくなって中断。
未練はあるので、消さずにしばらく残しておきますが。




「ある日の神社での物語 〜ver1.1」 
作:クロアさん 作者ID:90015

記憶喪失の少女を操作し、探索、脱出するゲーム?

4種のエンドがあるそうなんですが、
トゲトゲの床を逃げ切ることが出来ず、そこでリタイア。

エンドにすら辿り着けなかったとゆー。
まあ、こういうの苦手なので、自分。




「ジェシーにベストエンドを」 
作:ライアーさん 作者ID:14717

魔法大国と科学大国とが互角の戦いをしている最中、
科学大国側の兵士が、とある機密文書の配送任務に、
という所から物語は始まる。


これ、もうすごい!

まず、始まってすぐのコクピット画面の出来の凄さに圧倒。
まさか、シューティングゲームがプレイ出来るとは。

次のチャプターでは、ライフルによる銃撃戦。
これも、避けながら攻撃すれば、トロくさい自分でも何とか。

謎の施設に入ってからは、単身、敵の攻撃をかいくぐっていく
主人公のアクションにシビレっぱなし!


そうして、ラスボスである所長との十字キーとAボタン入力で、
あえなくリタイア。(;;)

でも、諦めたくないので中断セーブはした。

これは絶対、ラストまでたどり着きたいなぁ!

ドット絵の作り込みが達人の域に達してて凄い。


語彙力なさすぎて、多分、伝わり切ってないと思う。(ーー;)





⇒3DS「RPGツクールフェス」の他のゲームの感想、
 攻略メモについては、こちらからどうぞ。



なお、【第3回コンテスト作品】のプレイ感想は、
「その19」からです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制です。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 3DS「RPGツクールフェス」プレイ感想・その34 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる