またり、すばるくん。

アクセスカウンタ

zoom RSS 3DS「RPGツクールフェス」プレイ感想・その38

<<   作成日時 : 2018/03/03 16:02   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

【第3回コンテスト作品】のプレイ感想。ネタバレも含みます。


とりあえず、体調不良はどうにかなったっぽい。
騙し騙しだけれども。




「レジェンド・レーヴ」 
作:まゆみさん 作者ID:231634

「アルプトラオム・ホープ」のまゆみさんの作品。
↑をプレイしていると、お!と思うシーンもあります。


「勇者」というのが職業で、その養成学校は、
いわば、仕事の依頼を斡旋する「ギルド」で、
「勇者」というのも、どちらかといえば護衛から畑仕事までする
何でも屋、みたいな。

「魔王」も、魔物を従わせている人間のことで、各地に数人いる、
そういう世界。


金髪、赤髪、青髪、緑髪の勇者(フェリオ顔)が4人揃ったところが
見られるのはなかなかレアな感じw

金髪、緑髪が先輩勇者、赤髪、青髪が後輩勇者で、
それぞれ性格も違う。
そして、それぞれに、お相手となる女子がw


序盤〜中盤では、宿屋のお風呂に入れて、
お風呂トークが聞けます。女子’sの恋愛話とかw


物語は、勇者なりたての青髪くんが、
魔王退治に出かけるところから始まる。

このゲーム、シンボルエンカウントで出てくる雑魚敵が、
意外に強かったりする。
経験値0なので、スルーするのもアリかと。

そして、ボス戦には、禁断のアイテム「早送り」があり、
瞬時に戦闘を終わらせることが可能。
できるだけ使わずに戦いましたけどね。(ーー;)

1周目は、バッドエンドでした。
しかも、救いようがないくらい、悲惨な結末。

いやまさか、魔王戦の勝敗が分岐点とは思わず。

クリア後、分岐点から始められるパスが貰えて、
2周目は、ハッピーエンドに。

1周目のプレイ時間は、約2時間。
2周目のプレイ時間は、約1時間半。


立体的な奥行きのある絵とか、描き方がやたら巧い。




「 RPG is Dead. Vainful Story」 
作:S+250キッドさん 作者ID:3482

作品名の頭に「 」があるので検索の際はお気をつけて。


主人公は、英雄に憧れるも、スライムを倒すのがやっとな、
下級魔物ハンター、アンリ。

ある時、村が魔物に襲われ、そこへ颯爽と現れ、
救ってくれたのは、かつての英雄の孫。

彼について一緒に王都に行けば、きっと……と思うも、
「足手まとい」と言われ、一人、取り残され。

それでも諦めきれず、単身王都へ。

そこでてっきり、ギルドでクエストをコツコツ受けていくもの
だと思いきや、事態は思わぬ展開へ。

確固たる目的もなく、流されるまま進んでいく。

旅の仲間も、アウトローな野盗、色惚けバアさん、馬人間、
と凸凹メンバー。
ゆえに、わりと容赦ない行動、言動もあり。

どこへ行っても、どちらかと言えば、モブキャラな扱い。
いわゆる「王道」を進んでいるのは、英雄の孫の方。

流されて流されて、流された先に、アンリが辿り着く先とは。


という、全く先が読めない、何とも掴みどころのない展開。
えーと、アレ、何でここにいるんだっけ?というくらい、
主役に"目的"がないまま進んでいく。

ちゃんと筋となる話があって、でも、そこに、
主役は直接絡んでいないというw

間接的には絡むけど、あくまで、モブキャラ。

ラスト、杖を持っているかどうかで、敵が変わります。


雑魚戦は、技を使えば1ターンキルできる程度で、楽チン。
ホント、雑魚戦が煩わしくないのが一番ですねー。

むしろ、シナリオ重視といった造りなのが好感持てます。

マップ選択画面で、先へ先へと進んでしまって、
他の場所へ行ってなかったので、
サブイベントがあったかどうかは不明。

クリアまでのプレイ時間は、5時間半。




「モータル リザレクション」 
作:keiさん 作者ID:9510

「鎖縛の竜と炎縛の騎士 −決戦−」のkeiさんの作品。

keiさんの「マーブル・アキメネス」に出てきた海賊3人組と、
他2名とが、見知らぬ場所で目覚め、
そこからの脱出をはかる短編RPG。

5人の中から最大3人でパーティを組むけど、
回復役は必要なので、必然的に残り2人を誰にするか?
になるかと。

オオカミさんはキャラデザ好きなんだけど、遅いのがネック。
騎士は全体魔法が使えて、
最初に操作している海賊姐さんは、LV上がると、
全体攻撃力上げの技を覚えます。

戦闘では経験値は0で、
宝箱からLV上げアイテムを入手するか、
お金で買うと、石碑がある所で上がる。

お助けキャラが何なのか確認するの忘れてたので不明。


よーは、○○の墓場だった。というオチなんだけど……
申し訳ないけど、これは一般枠で良かったのは?
「鎖縛の竜と炎縛の騎士」の方が好きだったのですが。

クリアまでのプレイ時間は、25分。




「オリヴィアの魔神兵 邪悪なる帝王Ω」 
作:ハイツヲフさん 作者ID:62377

ゴブリン退治を頼まれ、塔へ。

セーブは、テントの中か、魔法陣でのみ可能。
村に道具屋はあるも宿屋はなく、回復は道具のみ。

塔の最上階でゴブリンを倒し、「砂漠城の鍵」を拾い、
村長に報告している最中、なぜか部屋の中なのに、
雷に打たれて、村長死亡。

仕方なく、村を出て、砂漠城らしき城を見つけるも、
入れず。「砂漠城の鍵」をアイテムとして使用する
のかと思いきや、そうでもなく。

島には他にめぼしいものはなく、進行不可でリタイア。

それより、村の両端の高台で行けないところにいる、
人と魔物が気になるw




「まおプロ」 
作:ただまさ・Sさん 作者ID:93528

ゲーム好きで引きこもりゆえに裏魔王と呼ばれる城に、
拳で殴るだけの脳筋勇者が攻め込んで来た!

まおプロを自称するマスク女に修行され、
勇者とその一行を撃退する話。

コーホー(マスク越しの呼吸音w)。


自分は、痛恨の一撃に賭けた戦闘スタイルで3戦全勝し、
なぜか「クソゲー」認定されて、1周目クリア。

そして、2周目へ。
うん、まあ、セーブ画面で「1−1」とか出てたから、
予想はしてた。

けど、もう十分なので、ここでリタイア。

謎の声の正体が気になるけど、そこまで付き合えない。




「ヘルターズ 〜人類最後の戦士達〜」 
作:ケケーさん 作者ID:7944

「おれは魔王だ!!」のケケーさんの作品。
待ってました。間に合って良かったです。(≧▽≦)

チャプターごとにセーブできる読み物。
そのセーブポイントで、キャラ設定も確認できます。


突如、地球の周辺に現れた地球外生命体ヘルターは、
宣戦布告するなり、攻撃を仕掛け、
その圧倒的な武力で町は壊滅、山も吹っ飛ぶ威力。

人類は、最強の8人を編成し、敵空母へ送り込む。
しかし、そこにいたのはなぜか、10人だった!?


序盤こそ、キャラ紹介的なほのぼの展開ですが、
戦闘シーンは、とにかく熱い!

演出効果と、何より、有無を言わせぬ文章力!

キャラは多いけど、最初は空気みたいでも、
活躍の場が全員にあって、全員キャラが立ってて、
憎めない奴ばかり。

しかも、中盤から終盤にかけては、
事態が二転も三転もして、全く先が読めない!

セーブ画面に出てくる人物の正体と、
散りばめられた伏線も、ちゃんと終盤に回収。


ただまあ、「異能」がどうの、チート能力がどうのといった話は、
「めだかボックス」を思い出したかな。
球磨川とか、安心院さんとか。


チャプター分けされているんだけど、
最後まで一気に読み切りました。
だって、途中でやめると、続きが気になる!

プレイ時間は、3時間以上。
いやー、待ってた甲斐がありました。お疲れ様でした。 (^^) _旦~~




⇒3DS「RPGツクールフェス」の他のゲームの感想、
 攻略メモについては、こちらからどうぞ。



なお、【第3回コンテスト作品】のプレイ感想は、
「その19」からです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

お報せ

  • TBは常時受け付けておりますが、承認制です。古い記事へのものは、返信ができない場合もあります。ご了承ください。
  • 当ブログ内の文章の無断転載・使用は固くお断りします。
  • 3DS「RPGツクールフェス」プレイ感想・その38 またり、すばるくん。/BIGLOBEウェブリブログ
    文字サイズ:       閉じる