「ホタルノヒカリ」第6話

第六夜「干物女のキス」 視聴率11.3%

まだ書いてませんでした。
どう書けばいいのやら・・・と悩んでたけど、そんなもん好きに書けやってねぇ。(^^;


手嶋からデートのお誘いを受けた干物ちゃん。
盆休みに同僚の誘いを断るために、その干物ちゃんとのデートをあっさりと職場でバラしてしまう手嶋。ハイ、ここで減点1

その時、「盆休みったって3日だけですけどね」とか抜かしくさった社員! 
不届き者なキサマには減点1千点!
テメ、3日でも休み取れるだけありがたいと思いやがれ! 世の中もろくに取れずに頑張って働いてる人はいくらでもいるんだ、このド阿呆

しか~も、ココの職場の男性社員どもは、せっかくの休みを持て余し、出勤してしまうおバカさんたち。
要らんのなら、その休暇を僕にくれ! 喜んでもらってやる。
そんでもって、職場のどこに何がおいてあるのかも把握せず。
いつも女子社員頼みか。おまいらの雑用係か?
ちゃんと把握しきってる部長の爪の垢でも煎じて飲んどきなさい

ウキウキ初デートの待ち合わせ場所に、なぜか現れた神宮司・・・を、なぜ?と干物ちゃんに問いかける手嶋。元はといえば、おまいが口を滑らすからこーなったんだろうが。減点1

余計な邪魔者の乱入も、ステキ女子のおかげで立ち去るも、「私たちも帰りましょうか」と干物ちゃん。キミも減点1

改めて次の日にドライブに誘う手嶋・・・にメールの返事を返せない干物ちゃん。減点1

ドライブに自分で誘っておきながら、音楽の一つもかけるでもなく、自分から話題を振るでもなく、せっかく色々と話しかけてくれている干物ちゃんの質問に、質問で返しくさる手嶋に減点100点

そのくせ、「あまり楽しくなさそうだったから」とか寝言をぬかす手嶋に、やはり減点100
あんな状況を楽しいと思えるはずがなかろうが。

その上、干物ちゃんには誰か付き合っている人がいて、一緒に暮らしているんじゃないかなどと、うじうじ悩んでいる手嶋に、も一つ減点100

そんな手嶋の悩み相談を受けていた部長、酔っ払った挙句に、タクシーで手嶋をお持ち帰り
突然の手嶋来襲に慌てふためきながらも、火事場のアホ力を発揮し、手嶋を部長の部屋に運び、誤魔化す算段を考え実行に移した干物ちゃん。
大変よく出来ました。花丸だっ!
しかし、同居人の「おたかさん」て。⇒高野部長=おたかさん。(^m^)

そんな干物ちゃんも、酔った部長に奥さんと間違われて抱きつかれ、部長に男を感じる。
そして部長も、手嶋と仲良く添い寝する干物ちゃんの姿に、ただの女を感じる。

をををっ、お互いに、相手を異性として見えちゃいましたか~。
同居生活が、少しずつ難しくなってきたかな・・・?

手嶋とデートのやり直し。
そして、干物ちゃんは手嶋のことを「マコトさん」
手嶋は干物ちゃんのことを「雨宮さん」から「蛍さん」に。

だからって「マコトさん」「蛍さん」「マコトさん」「蛍さん」て・・・・このバカップルが!(苦笑)

そして、手嶋とのキスで「ありがとうございますぅ~」て、干物ちゃん。(^^;


「恋の悩みに正解なんてないの。
もし正解があるとしたら、それは自分の出した答え」


山田姐さんの(干物ちゃんへの)恋のアドバイスを聞いた神宮司、ステキ女子にアタックするも・・・
「要さんじゃダメなんです!」
ダメなんや~。(ーー;
そら、あっちがダメならこっちになんて、そー簡単に乗り換えられるオンナじゃ、神宮司も惚れんかったかもしれんが。
そういや、なぜに神宮司って職場で「要さん」て下の名前で呼ばれてるんだか?


そして。
部長宅にスイカ持参で訪問した二ツ木さんに、部長と干物ちゃんの同居がバレちゃったよ~ん
ま~フツー男性と女性が一つ屋根の下で暮らしてたら、そーゆーことかと誤解されてもしゃーないですわ。
にしても、なぜスイカと会話する。(笑)




第一夜 第二夜 第三夜 第四夜 第五夜 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック