「やさぐれぱんだ 白盤 黒盤」

やさぐれぱんだを知ったのは、何がキッカケやったっけ?





ん~とぉ?






あ。
多分、ウチのブログのアクセス解析で「境雅人」さんの検索で来た履歴が残ってて。
辿っていったら、「山賊役:境雅人」「ぱんだの声:生瀬勝久」なんて言葉にひっかかって。

なんだそら?と行ったら、それが「やさぐれぱんだ」だったんだな。
もうかれこれ1~2ヶ月ほど前の話。
ちょうどDVDが発売される前後だったみたい。

元々はweb上で公開していた漫画。
ぱんだと、青年「山賊」の対話方式。

それが話題になって、本になって、映像化されて、しかも実写。
さらに、最近では文庫版も出ました。

とりあえず、今ならココに行けば見れます。
昨日、本屋で文庫本を見かけて立ち読みしたら、やっぱ面白かった~♪
買わなかったけど。(^^;


そんでね。
堺さんと、生瀬さんでしょ。
好きな役者さんが揃ってて、なおかつ原作は面白いし、DVDもずっと気になってて。
昨日、映画観終わった後、タワレコ寄って買いました。
どこに置いてあるのかな~て思って、探してたら、「バラエティ」の棚の端っこにありました。


・・・バラエティやったんかアレ??(笑)
ま、脚本監督が、堀部圭亮さんだからかな。
いや~それにしても、アレを実写で映像化なんて、すごいこと実現したもんです。

そんでもって、「白」と「黒」の2枚で。
2枚あるのかよーーーー。と思ったけど、2枚とも買いました。
「白盤」は初回限定版で、カード入ってたよ。

「ヴァンダ」

作るなよ~こんなもん。(笑)


帰って早速、観ました~♪
すげ~あんなデカい実物ぱんだ作ったのか?と思ったら・・・合成だった。(笑)
でも、あの実物ぱんだスゴイ!
ホンモノだ~!!
家に1頭ほし・・・・・・イヤ、いたらいたで、面倒か。(苦笑)

「白」観てから「黒」観るのが正しい順番みたい。
どっち先に観ようか迷ったんだけど。やっぱ白黒だろ。と思って観たら正解。

最高。
段々、感覚がマヒしてきて、「お題」が出ただけで笑えてくるし。
どれも良かったけど、やっぱ堺さんと生瀬さんが生で掛け合いしてるのが面白い。
(3日間の撮影期間のうち、生瀬さんが現場に来たのは最後の日だけ。あとは別撮り)
生瀬さんのアドリブが天才。(笑)
それに堺さんもノっちゃうし。(^m^)

映像特典も付いてるし。
上野動物園にいるパンダの歴史がよく判る「パンダクロニクル」付き。
アレ、最高! 早くお嫁さんできるといいね。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック