「ドラゴンクエストⅤ」プレイ記15

DS版「ドラゴンクエストⅤ天空の花嫁」プレイ記。当然の如くネタバレ!
こちらはデボラと結婚したバージョンです。
青年期・後半(次世代編)その3(地下遺跡の洞くつ~天空城~迷いの森~妖精の村)



エルヘブンの南辺りに、大岩で塞がれてる洞くつがあったな~
と思ってたんだよ。
その大岩の前でマグマの杖を使ってみると……
ここのCGムービーカッコえ~♪

目の前にある湖の底には、うっすらと城が沈んでいるのも見える。
……マヌケだよな~天空城が湖の底って。(^^;
ともあれ、洞くつへGO!


「地下遺跡の洞くつ」

ちなみに、「地下遺跡」と打ち込んで変換したら「近い席」となった。(^m^)

ここは、トロッコに乗ってくんだな~。
つか、こんな施設、誰が作ったんすか??

トロッコに乗ってはポイントを換え、
トロッコに乗ってはポイントを換え……てなカンジで進む。

「祝福の杖」手に入れたのって、ここだっけかな~?
これで、ぐんと戦闘が楽チンになった。
ひたすら娘は「祝福の杖」使ってた。(^m^)

半ばまで進んだ所で、
トロッコで延々グルグルと回ってる間抜けなヤツを発見。
見捨ててってもいいんだけど(コラ)、助けないと話進まない上に、
後々困るので、助ける。
天空人のプサンと名乗ったオヤジは、強制的にパーティに参加。
戦闘には全然参加しないけどな。
我が子たちは、この妙なオヤジをお気に入り。
ま~悪いヤツじゃないんだが。(^^;
そうして、トロッコに乗って水の中へ飛び込んだ先に……


湖の底に沈んだ天空城へ到着。

今の段階じゃ歩き回っても、あんま意味ないので、とっとと玉座へ行ってみる。
すると、隠し階段のことをプサンが教えてくれるので、そこから地下へ。

二つの台座があって、片方にはシルバーオーブが。
そして、もう片方にはゴールドオーブがあったという。
しかし、それは主人公が幼少期に幽霊城で手にいれ、
ゲマに粉々に砕かれてしまっている……

ここの回想シーン、やっぱりツライ。(;;)
パパスの最期の場面には、
同行してたサンチョや息子と娘たちもショックだったらしい。


プサンは、天空城を空へ戻すには、ゴールドオーブが必要だと言い張り、
このオーブは昔、妖精の祖先が作ったはずだと言う。
そこまで判ってんだったら、あんた行けよ。(-へー)


で、そこなら、天空への塔があった北に、
霧に包まれた湖があったはず……と思ったけど、違った。
そーいや、修道院のシスターが、
「妖精の村はサラボナの東にある」って教えてくれてたっけ。


「迷いの森」

この森か、その周辺辺りで、
メガザルロックとアンクルホーンが仲間になったような気も。
サラボナの東の森の中に、何となく色が違うところがあったので入ってみた。
どこを歩いているのか判らんくなる……けど、歩いているうちに、焚き火を発見。

すると、ウチの息子が「あそこに誰かいるよ!」と言う。
子どもには見えるらしい。
主人公も、すっかり大人になっちまったのな。(;;)
見えない妖精に向かって話しかけてみると、
自動的に案内され、旅の扉を跳ぶ。


妖精界の妖精の村へ。

ちなみにここは、オーブの件がなくても訪れることは可能。
来ても意味ないけど。
ポアンに事情を話すと、
前に「困ったことがあったら助けます」と言ってくれた言葉通り、
妖精の城へ行く為の「妖精のホルン」をくれる。

久しぶりにベラにも会えるが、今度は仲間になってくれないらしい。ちっ。
代わりに(?)、ドワーフの洞くつに行くと、
いつかのザイルが仲間になってやると言い出す。
しかも、モンスター扱い……いーのか、お前、それで??(^^;

とりあえず、今は相手に出来ないけど、来ればいいじゃないかと承諾。
即、モンスターじいさん行き。

でもって、じいさんのところから野に放っても、
またドワーフの洞くつに戻れば仲間になるので、
定員オーバーになった時は、コイツで。(^m^)


あと、氷の館があったところは、すごろく場になってた。



⇒プレイ記16へ続く!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック