「ゴンゾウ~伝説の刑事」第6話

第6話「潜入捜査」 視聴率10.9%

「日本青空クラブ」の会員から相談を受けた遠藤 鶴(本仮屋ユイカ)が、会長・岡林(白井晃)の右足を引きずる後姿を見て、ピン!と来てから、話は急展開。

正会員に選ばれた乙部功(内田朝陽)が、大量の武器を見せられたと証言し、これは潜入捜査するしかないということで、テニス経験者である日比野(高橋一生)が、自分が!と立候補

これで赤バッジ(本庁勤め)に昇進だ!と役作りして気合入りまくりだったのに、先にゴンゾウこと黒木刑事(内野聖陽)が乙部と共に岡林と接触。
うっかり「非番」なんて言葉を漏らしちゃって、開き直って、自分が刑事だとあっさり打ち明けたものの、今では組織から排除された身ということで、岡林の共感を得たりして。
しかし、まさか、テニスよりも、コンバトラーV談義に話が咲くとは
職場で「スパロボ」やってたのも無駄じゃないな。(^m^)

父親が黒い疑惑のある議員で、その父親と、何よりこの日本の腐敗を憎み、一度は飛び降り自殺を計るも、高さが足りずに失敗。その時に足を負傷したものの、この国を手術して腫瘍を取り除かなければ!と思い込んだ岡林は、武器を調達し、自分の代わりに計画を実行してくれる人物を探す為、「日本青空クラブ」を発足し、乙部に白羽の矢が。
しかし、乙部は武器を見て逃げ出してしまったので、やむなく、自分で試し撃ちをしようと出かけ、その凶弾の被害にあったのが、天野もなみ(前田亜季)と鶴だった・・・とは乙部の推論だけど、間違ってないだろうな。

自分が逃げずに、せめて通報していればあんなことは起こらなかったのに・・・と後悔し、捜査に協力した乙部だったけど、ちゃっかり鶴に食事に誘ってみたり・・・この辺の切り替えのよさがイマドキの若造っていうか。(^^;

岡林の飛び降り未遂の話から、自分の実体験を話し、すっかり岡林の信用を得たゴンゾウは、武器庫へ案内され雷(いかずち)まで発見!
これはもう、疑いようのないクロ!!

逮捕状も出て、ゴンゾウが屋敷に入り、外へ連れ出す手はずになっていたのに・・・
岡林は銃を構えて待っていて。
その岡林に銃を向けるも、引き金を引けず。
事前に薬を飲んでおけなかったものだから、錯乱状態に。

佐久間警部(筒井道隆)も、とっくに突入を指示してればいいのに、やけにためるし・・・
出る前には、自分と精神科医・松尾 理沙(大塚寧々)との関係や、自分が彼女を手配したことなど明かす辺り・・・本当~にやることが、ねちっこい!!
それだけゴンゾウに対する恨みが深いってことなんだろうけども。

そして、一発の銃声が鳴り響く!!



ぬは。
怒涛の急展開ですな。
2話ほど全然進展しなかったのが嘘のよう。

ペロペロキャンデーの代わりに、タバコまで復活し、往年の姿に戻りつつあった
ゴンゾウ、ここで死す!?・・・わきゃないよな~?

来週から、話の端々にでていた3年前の話が描かれるようですが・・・

そーいや、佐久間警部ったらメガネかけてたね!
あれで「のび太クン」って呼ばれてたのか~。

佐久間警部の母・絹江(有馬稲子)が半身不随になったのも、3年前。

ゴンゾウが天井の窓ガラスの向こうに見た幻影の少女と、人形と、そして、女性の正体・・・
次週が非常~に楽しみです!!



過去記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ゴンゾウ~伝説の刑事 第6話 思惑

    Excerpt: 『潜入捜査』内容若者3人が、『日本青空クラブ』とう怪しい団体があると警察にやって来る。相談を受けた鶴は、会長の岡林和馬(白井晃)を見に行くと、、、その足を引きずる姿は、遠藤鶴(本仮屋ユイカ)に、天野も.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2008-08-07 17:48
  • 「ゴンゾウ」♯6

    Excerpt: なんだか面白くなってきたよ。。。 水曜9テレ朝「ゴンゾウ~伝説の刑事~」ね。 →「ゴンゾウ」見ました→「ゴンゾウ」♯2→「ゴンゾウ」♯3 →「ゴンゾウ」♯4→「ゴンゾウ」♯5 前回いきなりパニック状.. Weblog: 主婦るーのTVあれこれ racked: 2008-08-07 20:31
  • ゴンゾウ*伝説の刑事*第6回

    Excerpt: 日本青空クラブと称する不思議な団体の会長である岡林という男が足を引きずっている事 Weblog: せるふぉん☆こだわりの日記 racked: 2008-08-10 01:13