「安楽椅子探偵と忘却の岬」解答編

つーわけで、いつもどおり、本編の雰囲気ぶち壊しの(笑)解答編が放送されました。

ほんっと、役者の皆さん、楽しそうだなー。

やー、それにしても真紀(前田愛)がドSだったとは。(^m^)

冒頭で卓也(津田寛治さん)が2008年問題を語りだしたところで、あ、これはないなと判りました。

まぁね、出題編の最後で「どうやったら今が……!」て言ってたのも、気にはなってたんだけどね。

つか、ABCのロゴなんて知ったこっちゃないよ!

墓が荒れてたのも、地震のせいだったとは盲点だったな。

で、結局は2007年が正しくて、忘却の岬ではない場所で殺害され、物置小屋に隠され、車椅子で運んだ……て、そんなのは観てそうだろうと思ったんだけど、それじゃまんま過ぎるだろうって否定した所から、2008年問題に引っ掛かったってのに(ぶつくさ)。

ただ、携帯の電源が消されてたってのは、全然気にしてなかったんだよねー。
そっか、ちゃんと意味あったんだ。

で、真犯人は、家政婦と。

しかも、卓也の父を愛していたが故に、彼を殺した卓也に復讐しようとしただなんて。

でもって、卓也の父を殺したのが、正太郎氏(伊武雅刀さん)とは。
つか、フラッシュバックの回想シーンの、あんな所に隠れてたんかいっ!(^^;

ラストが、ロマンスで終わる辺り、憎たらしい。(^m^)

ま、相変わらず、難しい出題編に悩み、コミカルすぎる解答編に笑わせられ、今回も十二分に楽しめたんで。

また、次回も期待してます。 

どーせ、当たったためしはないけど、考えるのもまた楽し。(^-^)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック