「ギラギラ」第1話

第1話「癒しの中年ホスト」 12.2%

36歳でリストラされた七瀬公平(佐々木蔵之介)。
再就職の道もなく。
10年前のホスト時代の知り合い・深見久明(田中要次)とばったり再会。

田中要次さんが「あるよ」と言うと、某ドラマを連想するんですが。(^m^)

公平は、かつては「六本木の王」と呼ばれ、3000万の借金を1年で返済した伝説のホストだった。

桃子(原沙知絵)と結婚する際、義兄の言いつけで、ホストだったことは妻には内緒。
これからいくらでも出費のかかる子どものために、家族のために、なりふり構っていられない公平は、かつて働いていた店、今は名を変えたホストクラブ「Rink」へ。

現在、そこのナンバーワンは、2年間首位をキープし続けるイーグル。
店のオーナー園部有希(真矢みき)は、公平を拒絶するも、
「1週間以内に3本の指名を受ければ採用」という課題をイーグルが出し、公平はそれを承諾する。

イーグルは公平を潰すことが目的で、公平に自分の客である小夜(原幹恵)と、1分のリップサービスさせるチャンスを与える。
しかし、公平はまず小夜をおだて、その手にある傷が揚げ物で出来たものだということ、マニキュアもつけないのは料理が趣味だからということを見抜き、小夜の機嫌をとった上に、イーグルまで持ち上げるというカンペキなヘルプをする。

新人の翔児(三浦翔平)以外は全てイーグル派の連中が、よってたかって翔児と公平をつるし上げようとするのを、イーグルが止める。

イーグルの取った行動は、小夜を癒してあげられないと指摘する公平に、
「癒す? 笑わせるな。
ホストってのは、女の依存心、虚栄心、嫉妬心、競争心、優越感、独占欲を自由に操って、金を引っ張る仕事だ」

嘲笑して言うイーグル。

しかし、公平も負けじと、真っ向から言い返す。
「ホストは、女性を癒す仕事だ。
女性を癒す気持ちがなければ、そんなホストはゴミだ」


会社勤めと同様に家を出て、夜遅くに帰ってくる公平を、妻と子どもが心配するも気付かない。

そんな中、葛城大成(石橋凌)が美波優奈(芦名星)を連れて来店。
公平を指名した葛城は、かつての先輩ホスト。
今や「銀座の将軍」と呼ばれている。

そんな葛城の不穏な動きを、神宮司麗奈(古手川祐子)が有希に忠告を。

一方、外の掃除中に遭遇した朝岡美砂(戸田恵子)が、ジャージ姿にリュックという場違いな格好で来店。
初来店のサービスのみで長居をする朝岡にも、公平は「ホストは、家族でも恋人でも友達でもない、第4の他人」と言って、悩みを聞く。
4歳の時別れた娘と10年振りに会う約束があるが、会う気はないと言う朝岡。

その娘と約束した月曜の夜、朝岡が来店し、公平を指名。
しかし、公平は娘さんと会うべきですと説得。

「どんなに恨まれていたとしても、それを受け取らなければならない。親として」

そんな公平に怒った朝岡は「もう二度とこない!」と店を出て行く。

閉店後、公平の行動を責める有希。
しかし、「客に金を落とさせるだけがホストじゃない」と、10年前に有希が言った言葉だと語る公平。

複雑な面持ちの有希は、ホスト時代の公平らと撮った、「98/10/08」という日付の入った写真を見つめる。
結婚を機にホストを辞めた公平を、密かに想っていた模様。

そして、期限の最終日を迎える。

優奈が来店し、公平を指名。
更には、イーグルの持ち客であるはずの小夜までもが、公平を指名。
忙しさにかまけてほったらかしにされていた時、優しく声を掛けてくれた公平を気に入ったらしい。

残り、1時間となり、3人目の指名が難しくなってきた時、イーグルが公平をさらし者にしようと画策。
ドンペリを頭から被り、土下座をすれば、自分の客に指名させてやると言い出す。

家族の為なら何でもやる!
腹を括っている公平は、スーツの上着を脱ぎ、土下座。そこに、ドンペリがかけられそうになる、まさにその時!

見違えるようにドレスアップした朝岡が再来店!

実は、グラージュ化粧会社の社長だった朝岡。
公平に言われ、10年ぶりに会った娘に、「お母さんも辛かったでしょう」と言ってもらったという。
娘と無事に再会できたのも、公平のおかげと感謝する。

「改めて、公平を指名させていただくわ」

見事、3件の指名を得て、課題クリア♪

その頃、葛城と堂島文治(平泉成)が密談。
リンクを買い取る相談をしていた……

再就職が決まった公平は、改めて妻に、リストラしたことを告げる。
あくまで土木会計の仕事だと偽り、ホストのことは伏せたまま。

夜帰りが遅く、隠し事をしている夫が浮気してると疑っていた桃子はホッと安堵する。
そんな桃子に、公平はいつも桃子が弁当に添えてくれている自筆のメッセージを大事に取ってあることを教える。
「これ、桃子からのラブレターだから。
俺にとって一番大切なのは桃子だけだよ」


嬉し涙を流す桃子の姿に、娘は「パパのバカー! ママをいじめちゃダメー!」と怒るのがいじらしい。(^m^)


一方、背広ではなく、スーツに身を包んで出勤した公平に、
「オレ、公平さんの派閥に入ります」と翔児。
茨の道だぞ?(^^;
でも、公平さん側についたのは、ナイスチョイスだ!(><)b

当然、イーグル派の連中と、イーグルが二人を認めるはずもなく。
目の敵にされるのは必死。




来たよ、来たよ、来ましたよぅ。
今期、ハマれそうなドラマが!
やーっぱし、蔵之介さんには癒されるなぁ。(^-^)b
お気に入りドラマ、1本入りました~♪


キャスト(敬称略)
七瀬公平:佐々木蔵之介
園部有希:真矢みき
七瀬桃子:原沙知絵
翔児:三浦翔平
イーグル:五十嵐隼士
朝岡美砂:戸田恵子
美波優奈:芦名星
深見久明:田中要次
堂島文治:平泉成
神宮司麗奈:古手川祐子
葛城大成:石橋凌


当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログから送ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • ギラギラ 第1話 癒し系オッサンホスト

    Excerpt: 『癒しの中年ホスト』内容七瀬公平(佐々木蔵之介)は、ある日、上司のミスの尻ぬぐいでクビ。仕事を探しても、、学歴、資格もなければ36歳という年齢がネックとなって、まったく見つからない。そんなとき、昔の親.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2008-10-18 17:23
  • ギラギラ 第1話+風のガーデン 第2話 感想

    Excerpt: 佐々木蔵之介サマ初主演のホストクラブドラマですとォ~!? というわけで、密かに楽しみにしていた『ギラギラ』の第1話と、『風のガーデン』の第2話感想です。 Weblog: メガネ男子は別腹☆ racked: 2008-10-18 19:10
  • 恵子がリュックをしょって来る(ギラギラ#1)

    Excerpt: 『ギラギラ』突然のリストラで仕事を失った七瀬公平@“連ドラ初主演”佐々木蔵之介は、妻・桃子@”ダメダメホステス麻弥”原沙知絵と愛娘・織江、そして35年ローンで手に入れたマンションを守るため、かつて在籍.. Weblog: |あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο racked: 2008-10-18 23:05
  • 「ギラギラ」見ました

    Excerpt: 妻の立場であるるーとしてはチト許せないなー。。。 金曜21時テレ朝「ギラギラ」見ました。佐々木蔵之介さんが初主演ですからねー。一応見て�... Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2008-10-22 08:30