「ソウ/SAW」

近々「ソウ5」が公開されるということで放送された、第1作目の映画「ソウ/SAW」を観ました。
ネタバレ部分は要反転。

前から興味はあったんで、いつか観ようとは思いつつ、なかなかタイミングが合わず、今頃に。

えー、公式なところから拾ってきたあらすじは……

目が覚めると、部屋の中央には死体。対角線上には足を鎖で繋がれた二人の男、ゴードンとアダム。犯人から突如として始められたゲーム。「君たちは死につつある」「6時までに相手を殺すか、自分が死ぬか」。与えられたのは、テープレコーダー、一発の弾、タバコ2本、着信用携帯電話、2本のノコギリ。二人は犯人が部屋に残したヒントを手掛かりに脱出しようとするが…。

一方、謎の猟奇殺人鬼「ジグソウ」を追っていたタップ刑事とその相棒・シン。異様な殺人現場に残された手がかりをもとに、二人はジグソウを追い詰めるが犯人は意外な人物…。回想と謎解きを交えながら驚愕の結末を迎える作品。


これはもう……えげつないっつーか、悪趣味っつーか、いやーな話ですよ、全く。(^^;

「X」てのは中央にある死体の形かな、とか思いながら注視してましたけど、まさか、アレがジグソウだなんてねー。
自分の体に弛緩剤でも打ってたのか?てくらい、微動だにしなかったんで、まさか生きてるとは思わなかったよ。
ジグソウは常に一番最前列で見てるってのが、ミソだな~。


だけど、ジグソウが何の目的にあんな理不尽すぎることをしているのかって説明はないので……そこら辺は、「2」以降を観れば判るんですかねー?

とりあえず、「3」までは録画してあるんで、時間が出来次第、観ようと思ってます。

当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログから送ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック