大河ドラマ「天地人」第6話

第6回「いざ、初陣」 視聴率24.4%

あらすじ(公式サイトより引用)
 織田信長(吉川晃司)を討つため、越中に侵攻した上杉謙信(阿部寛)率いる上杉軍は、圧倒的な強さで敵の山城を攻め落としていった。ようやく初陣がかなった兼続(妻夫木聡)も張り切っていたが、命ごいをする若い兵士を切ることができず落ち込む。そんな兼続を「戦に涙は無用」と叱咤(しった)する上杉景勝(北村一輝)。兼続は戦の厳しさを学ぶ。

上杉軍は越中を平定、さらに加賀から能登へ入り、難攻不落の七尾城を包囲した。そんな時、直江景綱(宍戸錠)が病に倒れ春日山へ戻る。そして、お船(常盤貴子)の婚儀が決まる。相手は上野長尾家の景孝(山下真司)。兼続への思いを秘めたお船を、仙桃院(高島礼子)は「武家の女子はつらいもの」と言って慰める。

七尾城を攻めあぐねていた上杉の陣中では、景勝と景虎の家臣同士のいさかいが起こっていた。景虎の家臣たちが、犬に景勝の幼名「喜平次」と名づけてからかっているのを見て兼続が激怒、思わず相手に切りかかる。騒ぎを起こし、処分を待つ兼続。すると突然初音(長澤まさみ)が現れ、信長が戦で勝利すると予言して立ち去る。

謙信は兼続に「心が迷っている。故郷・上田庄で己を見つめなおせ」と言い渡し、兼続は失意のまま陣を去る。


今回、セットなしでライトのみってシーンが度々あったけど……
予算の節減ですか?(^m^)



樋口兼続(後の直江兼続)…妻夫木聡
戦場で死んだ若い侍のために泣き、謙信から「陣から離れよ(国へ帰れ)」と言われて泣く。
相変わらずの泣き虫
ま、脚本家が、彼の泣き顔を見たいと言うから仕方ないが。(^^;

上杉景勝(かげかつ)…北村一樹
兼続の主人で謙信の養子。幼名は喜平次。
兼続が、戦場で人を斬れずに逃がしたり、同胞といさかいを起こしたりと、心労が絶えない。
謙信に国に帰れと命じられた兼続に、「たわけ者めが!!」と怒鳴った。

お船(せん)…常盤貴子
直江景綱の娘。婚姻が迫りつつある。

直江景綱(なおえ かげつな)…宍戸錠
戦場にて、炭の管理をする兼続を褒め、自分も戦が怖いと本音を漏らす。
病で倒れ、国へ戻る。

上杉景虎(かげとら)…玉山鉄二
謙信のもう一人の養子。
戦でも戦績を上げ、評判は上々。

泉沢久秀…東幹久
兼続と共に、犬に景勝の幼名「喜平次」と名付ける景虎の家臣を見つけ、いさかいを起こす。

刈安兵庫…三池崇史
景虎の家臣で、隻眼。
人を斬れなかった兼続に「腰抜けめ」と揶揄し、剣を抜かした。
つか、カントク、何やってんすか。(^^;


初音(はつね)…長澤まさみ
真田幸村の妹と思いきや、実は姉だった人。
忍として、上杉軍の陣営に潜り込み、偵察。
そのついでに、兼続に会い、「この戦は織田が勝つ」と告げて去る。

仙桃院…高島礼子
景勝の生母で、謙信の実姉。
お船に密かに思い人がいることを見通す。

樋口惣右衛門(ひぐち そうえもん)…高嶋政伸
兼続の父で、暢気者。

お藤(ふじ)…田中美佐子
兼続の母で、病気がち。戦場の兼続の身を案じる。

与七…小泉孝太郎
兼続の弟。 兄のように、と張り切って父の仕事の手伝いをする。


織田信長…吉川晃司
上杉軍が毘沙門天の神の使いだと信じている、との初音の報告を受け、
「謙信を神のように敬っている奴がいたな」と、兼続を思い出す。

羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)…笹野高史
上杉軍と一戦交えたいと信長に進言するも、柴田勝家(菅田俊)の支援を命じられる。

上杉謙信…阿部寛
兼続の心に迷いがあることを見抜き、「陣を離れよ」と命じる。


過去記事⇒
第1回 第2回 第3回 第4回 第5話

当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログから送ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 「天地人」第6回

    Excerpt:    第六回「いざ、初陣」信長討伐のために越中に侵攻した謙信率いる上杉軍は、圧倒的な強さで敵の山城を攻め落とす。ようやく初陣がかなった兼続も張り切るが、命ごいをする若い兵士を切ることができず落ち込む。.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-02-08 21:08
  • 大河ドラマ「天地人」第6話「いざ、初陣」

    Excerpt: ついに兼続初陣!!上杉3万の兵士に対し、10万の信長軍。なかなか手ごわい。それでも、毘沙門天を信じ、自分たちを神の軍だと信じる上杉の軍勢は勢いを増し、どんどん越中を掌握!!意気揚揚と戦に出た兼続でした.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2009-02-08 21:11
  • 天地人 第6回 兼続、初陣!!

    Excerpt: 『いざ、初陣』内容謙信(阿部寛)は、信長(吉川晃司)と戦うことを決断し越中に軍を進め、次々と敵方の城を攻略していった。その上杉軍の中に、兼続(妻夫木聡)もいた。“初陣”自分なりに頑張ってはいたが、人を.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-02-08 21:12
  • 天地人・第6話

    Excerpt: 天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)火坂 雅志,小松 江里子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 一週間ってあっという間ですよねぇ。正直「先週はどんな話しだったっけ?」と思い出す.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2009-02-08 21:16
  • 『天地人』第6回「いざ、初陣」

    Excerpt: それでも上杉は動いた。上杉軍3万に対し、織田の兵力は10万。。天正4年(1576)。上杉軍は圧倒的な強さで越中の城を落としていく。月に照らされる上杉軍旗。 信長は安土城に居を移し、 天下布武の足固めを.. Weblog: strの気になるドラマ 気になるコト racked: 2009-02-08 21:18
  • 【天地人】第六回

    Excerpt: 斬れませんでした。あの者にも母が居ると思ったら斬れなかったのです。兼続は戦場で自分と同じくらいの年の敵と一騎打ちになり、相手が落とした物に思わず目を留めた。それは、髪の束と櫛だった。母上が持たせてくれ.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-02-08 21:25
  • 天地人 第6回「いざ、初陣」

    Excerpt: 世の中は圧倒的に織田信長の世界になりつつありました。前回からいうと織田信長と上杉謙信は根本的に考え方が違うんですよね。天下を統一するためには鬼にでもなるという決意で自分... Weblog: あしたまにあーな racked: 2009-02-08 21:40
  • 天地人第6回「いざ、初陣」

    Excerpt: 兼続念願の初陣!…ですが涙涙の辛い初陣に終わってしまいました。敵を倒すチャンスの時に「これは母に貰った形見じゃ」と命乞いをされて兼続は相手を斬るのをためらってしまいました。そのために、仲間を怪我させる.. Weblog: さくら色通信 racked: 2009-02-08 21:43
  • 天地人6 兼続をここまでヘタレにした責任者は誰だ!

    Excerpt: いよいよ初陣じゃ! いよいよ戦場じゃ! と血湧き肉躍るシーンを期待してたのにぃ 何じゃこのスポットライトは?! ドリフのコントか? それとも舞台劇か? かねたんライトの中央で独白す.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2009-02-08 21:51
  • 天地人 第六回 「いざ、初陣」

    Excerpt: 本日のお習字は、それでも上杉は動いた!。織田はすごい領地をもっており、時代の流れが織田に傾いていたのに勝負を挑んだ謙信ということの説明がありはじまりました。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・.. Weblog: のんびりのーと - ココロコエ edit - by kazunari racked: 2009-02-08 21:58
  • 天地人 第6回 「いざ、初陣」

    Excerpt: あらすじ。 織田信長(吉川晃司)を討つため、越中に侵攻した上杉謙信(阿部寛)率いる上杉軍は、圧倒的な強さで敵の山城を攻め落としていった。よう Weblog: 青いblog racked: 2009-02-08 22:00
  • 大河ドラマ「天地人」忠義の愛6張り切った初陣も戦の現実に直面し謙信と景勝に一喝され失意の帰国

    Excerpt: 8日大河ドラマ「天地人」第6話は越中へ進行した上杉軍に兼続が初陣を果たすも敵を切れず味方に怪我をさせてしまうなど苦い初陣となった。しかし上田衆の活躍により上杉軍は越中を平定し能登に進行していたが七尾城.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2009-02-08 22:16
  • 大河ドラマ:天地人 第6回「いざ、初陣」

    Excerpt: 一体、何から書けば良いのでしょうか。ビックリするくらいの超演出に動揺を隠しきれません(^^;一応、今回の内容を先に書いておくと、「人を斬れなかった兼続が、その悔しさと恥ずかしさから刃傷沙汰を起こして、.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2009-02-09 00:53
  • 【妄想188】天地人 第六回 「いざ、初陣」 感想

    Excerpt: 謙信視点だともっと色々あるのだろうけど 第六回までかなり早いペースで歴史が進む印象 直江兼続の物語なのでのんびりもしていられないし... Weblog: 日本妄想協会 paradigm shift racked: 2009-02-09 03:15
  • 田分け者の兼続!!

    Excerpt: 越中へ快進撃を続ける上杉軍{/m_0145/}{/m_0145/} 10万の織田軍に対し3万の上杉軍が戦を挑むのです{/cat_6/} 奇襲戦でもしなければ神の軍でも敵わないのです。 背後には柴田勝家.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2009-02-09 10:06
  • 大河ドラマ『天地人』第6回:いざ初陣…真っ暗なスタジオで

    Excerpt: 大河ドラマ『天地人』第6回:いざ初陣 【気持ちが冷めつつ・・・】  基本的に小生は『篤姫』の勢いというか流れのまま『天地人』を見ている不真面目な視聴者なので、ぼちぼち『天地人』への気持ちが.. Weblog: 子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ racked: 2009-02-09 10:49
  • NHK大河ドラマ「天地人」 #6.

    Excerpt: 「いざ、出陣」 兼続、初陣。上杉3万に対し、織田10万。「毘沙門天」を信ずる上杉 Weblog: 色・彩(いろ・いろ) racked: 2009-02-09 14:02
  • いざ、初陣 (天地人)

    Excerpt: 意気揚々と初陣にのぞんだものの、厳しい現実を前。大きな挫折を経験する、兼続17歳 たしかに、言わんとしてるところは分ります。「篤姫」の成功例に習い(!)、のちの成長をきわだたせるため、序盤の未熟.. Weblog: のほほん便り racked: 2009-02-09 15:46
  • 天地人 第6話

    Excerpt: 天地人 第6話「いざ、初陣」いよいよ念願の兼続の初陣兼続の活躍は?※ 毎回書き記しておりますが、こちらのレビューは「炎の蜃気楼」ファンがファン目線で見た思いっきり脱線レビューとなっております。「炎の蜃.. Weblog: SOLILOQUY racked: 2009-02-09 15:55
  • 大河ドラマ「天地人」

    Excerpt: 第六話「いざ、初陣」 Weblog: 休羽捫虱帳 racked: 2009-02-09 20:07
  • 大河ドラマ「天地人」第6話「いざ、初陣」

    Excerpt: 激突! 上杉vs織田 そして兼続は… 24.4% どもども。 今日もヘヴィーな一日でやんした。 そして兼続たんにもヘヴィーな展開が…。 天地人への旅―大河ドラマ「天地人」の魅力を語る 直江.. Weblog: 優しい世界~我が心に迷いあり(β) racked: 2009-02-09 22:23
  • 天地人 #06 いざ、初陣

    Excerpt: 大河ドラマの 『天地人』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)信長 vs 謙信今回のお話はようやく初陣出来た兼続が、戦の怖... Weblog: ビヨビヨ素材日記2 racked: 2009-02-10 00:55
  • 天地人第6話(2.8)

    Excerpt: 織田信長@吉川晃司を討つため、兵を挙げる上杉謙信@阿部寛 破竹の勢いで快進撃を続ける上杉軍だが、 初陣の樋口兼続@妻夫木聡は、敵兵を斬ることができず、 主君上杉景勝@北村一輝をバカにした上杉景虎.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2009-02-10 01:30