「ケータイ捜査官7」第39話

episode39「逃げられない恋」 視聴率2.6%

いや、観たには観たん。
でも、これについて書くのヤだなぁ。(^^;

麻野瞳子(三津谷葉子)が、お笑い芸人のカズ(バナナマン日村勇紀)に
一目惚れされ、行く先々で、笑えない一発ギャグを延々見させられるという
ストーカー行為をされて困っている、と相談を受ける網島ケイタ(窪田正孝)。

7(セブン)の送信履歴を消去できる機能を生かして、メールで脅すも、
カズは「俺が瞳子さんを幸せにするんだ!」と燃える。

そこで、桐原大貴(松田悟志)に瞳子の彼氏のフリをしてもらうと、
瞳子の「恋愛体質」に巻き込まれたくない一心で、「お前に譲る」と売る桐原w

美作千草(伊藤裕子)に相談するも、「いいんじゃないですか」と突き放され。

挙句、01(ゼロワン)にデビルKの呪いで脅せば……と連絡を取ろうとするも、
「お前は圏外だ」と着信拒否。(>m<)

すると、瞳子はあろーことか、7(セブン)の体を黒く塗って、デビルKのフリをさせる!!

ひでー!!
ひどすぎる。Σ(´Д`;)

「るるるる~」と妙なメロディでカズに接触するデビルKな7(セブン)。
真似するのは得意なくせに、何でメロディおかしいんだ??(^◇^;

しかし、それでも「俺が瞳子さんを幸せにするんだ!」と言い張るカズ。

その言葉にキレた瞳子は、「だったら私を笑わせて見なさいよ!」と言い出し、

そして、カズの寒すぎるギャグ100連発が始まる。

ところが、カズの腹芸を見た瞳子が、大爆笑したのだ!!


その数日後、すっかり本気の瞳子は、カズが出るライブにケイタを連れて行こうとしていた……

アレのどこが、どう面白かったとゆーんだ??

判らん。
サッパリ判らん。
こーゆー中身のない上に面白くもない話は嫌いだ。┐( -"-)┌


過去記事⇒
episode30以前の記事は、「ケータイ捜査官7」カテゴリから飛んでください。(^^;
episode31 episode32 episode33 番外編 episode35 episode36 
episode37 episode38

小説版『ケータイ捜査官7 滝本壮介の事件簿』の感想。(ネタバレなし)

当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログから送ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

面白い 面白い 面白い
ナイス

この記事へのトラックバック