「銭ゲバ」最終話

最終話「幸せはどこにあるズラ?」 視聴率10.5%

「緑さん、絶対に途中で止めようとかしないで下さいね」
「止めないわよ」
「ありがとう」

掘っ立て小屋の中で、ダイナマイトの導火線に火をつけた風太郎。

柱に刻みつけた、「金持ちになって幸せになってやるズラ」という文字を見つめながら、風太郎は夢想する。


ケンゾーは、きちんと働いていて。
幼い風太郎には、友達もいて。
「休みの日にディズニーランド行こうよ」と約束。

お小遣いがなくなって、遊ぶお金をせびる風太郎に、母・桃子は、
「お小遣いをあげるのは、将来、大人になって、働いてもらったお金を使う時の訓練。
欲しいものがあっても、我慢しなきゃいけない時もあるの」

きちんとしつけているところへ、帰宅したケンゾーは、新しいゴルフクラブを購入。
この似たもの親子が。

発作で咳き込む母。
心配し、駆け寄る風太郎とケンゾー。

母は手術を受け、「二人を残して行けないから」と、無事に手術が成功する。

本当は、薬を飲む金もなくて、母は死んでしまった…のが現実。

風太郎は、道で大金が入った財布を拾い。
そこへ通りがかった、宏兄ちゃん。そして、巡回中の警官は、荻野・兄!
「あそこで財布を拾ったんです」と届ける風太郎。

その宏兄ちゃんを、財布をネコババしたことで殴り殺してしまった…のが、現実。

その後、成長した風太郎は、2003年度の大学入試を受け、その結果発表に行く。
そこで、受験番号が入れ替わってしまって、知り合ったのは、顔にあざのない三國茜。
同じく、合格した喜びで倒れていた青年・枝野良夫(柄本時生)とも知り合う。

良夫とは、夜の工事現場でのバイトも一緒で。
そこで同じく一緒に働く寺田から、劇団ソシアル「人間は何だ!」のチラシを見せられ、しきりに誘われる。

風太郎の金を盗もうとした寺田を殴り殺した…のが、現実。

大学のキャンパスで、
「こんなに女の子いるのに、彼女できないなんてさ…
でも、俺たち、友達だよな?」と同士の友情を深めようとする良夫。
しかし、風太郎には、茜がいて、良夫は走り去る。

良夫は三國父を殺し、自らも命を絶った…のが、現実。


風太郎は、グリル「伊豆屋」でベラ定食をご馳走になる。
そこには、そっくりさんの野々村真一の姿も。

真一に荻野の妻を襲わせ身代わりにした…のが、現実。


風太郎は、茜の姉・緑を紹介される。
サバサバした性格の緑に、気に入られる風太郎は、「風(ふう)クンさ」などと呼ばれる。
「お母さん美人でしょ」「それで…血液型はB型でしょ」とバシバシ当てまくる緑。
そこへ、緑の彼氏…と思いきや、
「私的には、どうしようかな~コイツどうすっかな~ていうポジションの白川くん」が登場。(>m<)
ボーナスをつぎ込んで、やっと買った50万円の高級腕時計が宝物。

「今度、二人で飲みに行こうよ」なんて、男同士でも意気投合。

殺した白川を土に埋めた…のが、現実。


どこかの池で、ボートに乗った風太郎と茜がデート。しかし、
「緑さんって18回も言いました」と、むくれる茜。
その両耳を手で押さえ、風太郎は囁きかける。

「俺が好きな女は、茜1人だよ。
茜が世界でいっちばん可愛いよ」

「風(ふう)。私、風がいちばん好きだよ。風は?」
「大好きだよ」
「知ってる。だって、今の全部聴こえてたもん」

聴こえてたのか、やっぱし。

風太郎に「醜い」「どうでもいい」と言われた茜は、首を吊って死んだ…のが、現実。


風太郎は、スーツ姿で、三國家に挨拶に行く。
緊張しまくりの父・譲次と会い、お土産にマカロンを渡す。
いざ、「娘さんを僕に下さい」と言おうとしたところへ、二日酔いでぼさぼさの緑が乱入。
「どうだった?」と聞かれ、「これからですよぉ」と、情けなく呟く風太郎。

良夫を使って、銃で三國父を殺させた…のが、現実。


三國造船に就職した風太郎。
緑が職場にいる。田辺(正名僕蔵)と共に、風太郎は外回りの営業に出て行く。

派遣切りにあった田辺に金と引き換えに、自作自演で襲わせた…のが、現実。


初任給が出た風太郎(今時、封筒にお札って)は、飲み屋でケンゾーと飲む。
店員は、家政婦の春ちゃん。

「世の中には金で変えないものとかあるんだ。愛とか、友達とか」と説教するケンゾー。
言ってたな、そんなこと。


そして、風太郎と茜の、結婚式。

「お姉ちゃん、ごめんね。妹が先に結婚して」と、イタズラっぽく言う茜に、
「30までにはしてみせます。頑張ります」と返す緑。


緑と酒を飲み、職場での愚痴を垂れる風太郎。
「あたしのこと、好きなんじゃないの? どうなの、茜には黙っといてあげるからさ」と酔っている緑に、
「確かに、緑さんは素敵ですけどね、ちょっとニガテですね。
怖いし、言葉きついし」
肩を組みながら、帰る二人。


走る風太郎。
分娩室の前で、落ち着かない家族。
そこへ、駆け込んでくる風太郎。

両家の家族に祝福されながら、赤ちゃんの誕生。

そして、茜と我が子に見送られながら、風太郎は出勤。


(ここの、窓から見送る茜ちんの姿って、1話で風太郎が窓から猫に煮干あげて見下ろしてる姿との対比なのかな?なんて、ちらっと思った)



それが、風太郎が思い描く「幸せ」
ごく普通の、ありふれた、でも、手に入れることが出来なかったもの。

何だよ、やっぱし、茜ちんのこと、嫌いじゃなかったんじゃないか。


小屋の外で見守っていた緑お嬢様も、最初は冷めた顔してたクセに、段々、泣き出しちゃって。


長かった風太郎の夢想が終わり。
死が、現実に迫りつつあった。

導火線の火が迫る恐怖に、叫びだす風太郎。

「行くぞ!
行くぞ!
死ぬぞ!」


耐え切れずに、扉に体当たり。

「開けろー!
緑ー!
開けろー!」


必死に、火に向かって唾を吐きかけて。それでも、火は消えず、

「死ぬ、死ぬ、死ぬ…!」



遂に、ダイナマイトが爆発する。

それを感じ取ったのか、空を見上げるケンゾー。


伊勢屋に、2000万円が宅配で届く。手紙には…
ベラ定食ごちそうさまでした。
おいしかったです。

   蒲郡風太郎


そして、爆風を浴びる緑お嬢様に、黒焦げの1円玉が飛んできて、当たって落ちる。
あれは…初回で風太郎が水溜りの中から拾い上げた?


家政婦を辞めて、三國家を出る春子は、屋敷を見上げ、呟く。
「銭の塊ズラ」


病院の廊下で、妻の車椅子を押す荻野。


街角で、チンピラを捕まえようとする菅田純(鈴木裕樹)は、飲み屋でケンゾーの姿を見かける。

二つのグラスに、酒を注ぐケンゾー。
タバコに、風太郎の顔写真の切抜きを差して、立たせている。
その傍には、「三國造船新社長 蒲郡風太郎自殺」という記事の切抜きが。

「初めてだな、お前と飲むの」
手に持ったグラスを、置いたグラスに当て、酒を煽るケンゾー。


伊豆屋では、真一が保彦に料理を教わっていた。
その店内には、風太郎からの手紙が額に入れられて飾られている。


真新しい、「蒲郡風太郎」と刻まれた黒い墓石の前に立つ、緑お嬢様。
「銭ズラ」
黒焦げの1円玉を置いて、立ち去る。






その1円玉から、ずっと映像が巻き戻り、爆発前の小屋の中へ。

風太郎が、語る。

「判ったよ。判ってるって。
俺はもう、死ぬよ。
それが望みだろう、お前らの。
消えてやるさァ。
でもな、俺は間違ってたとは思わない。
これっぽっちも思わない。
確かに俺は人殺し…犯罪者だ。
地獄に堕ちてやるよ。
ただな、俺は思うズラ。
この腐った世界で、平気な顔してヘラヘラ生きてる奴の方が、よっぽど狂ってるズラ。
いいか。
この世界に生きてる奴は、みぃんな銭ゲバだ。
お前らは気付かんで、いや、気付かん振りして、飼いならされた豚みたいに、生きてるだけの話ズラ。
そいで良きゃ、お幸せに。
ただ、俺は死んでも、俺みたいな奴は次々生まれてくるズラ。
そこらじゅう、歩いてるんだぜ、銭ゲバは。
じゃあね」
 







というわけで。
最終回が、風太郎の見る「幸せ」な夢ってのは知ってたんで、
それはそれで現実とリンクした裏返しで良かったんだけど。

あ~。
最後の緑お嬢様の「銭ズラ」で、終わってれば良かったのに。(^^;

何故に、最後の風太郎の言葉を付け足すか。
ケンゾーの1人酒盛り辺りで流れた涙が、すぅって、止まったわ!!


あと、これだけは。

導火線長すぎだろ!?(^^;


キャスト
蒲郡風太郎/野々村真一…松山ケンイチ(幼少…齋藤隆成)

三國緑…ミムラ
三國茜(緑の妹)…木南晴夏
三國譲次(緑と茜の父)…山本圭

萩野聡(刑事)…宮川大輔
荻野宏(聡の弟)…近藤公園

桑田春子(三國家の家政婦)…志保

寺田(風太郎の金を盗もうとして殺された)…田口トモロヲ
白川正輝(緑の友人で風太郎に殺され埋められた)…田中圭
田辺(風太郎の自作自演に加担した)…正名僕蔵
枝野良夫(三國父を射殺し、自殺した)…柄本時生

野々村保彦(定食屋の親父)…光石研
野々村祥子(定食屋の女将)…りょう
野々村由香(真一の妹)…石橋杏奈

蒲郡桃子(風太郎の母)…奥貫薫
蒲郡健蔵(風太郎の父)…椎名桔平


過去記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話

当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください⇒コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログから送ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのトラックバック

  • 銭ゲバ 最終話:幸せはどこにあるズラ?

    Excerpt: う・・・・・・・・。゚(つÅ`●)っ【糸冬】 何だか、言葉にならないというか、出来ないというか・・・ 風太郎は死ぬのか?反省はするのか? と、最終回がどんな展開を見せるのか全く想像つかなかったけど、.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-03-14 23:37
  • 銭ゲバ 第9話(最終回)風太郎の幸せ

    Excerpt: 『幸せはどこにあるズラ?』内容死を決意した風太郎(松山ケンイチ)。ダイナマイトを体に巻き付け、そして導火線に火をつけた。風太郎が入っていった小屋を見つめる緑(ミムラ)最期の時が迫る中。自分が刻んだ文字.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-03-14 23:40
  • 【銭ゲバ】第9話 最終回と統括感想

    Excerpt: 金持ちになって幸せになってやるずら柱に書いた字を見ながら、風太郎は最期の時を迎える。頭に浮かんでくるのは、今までの人生の回想・・・・・ではなくて、もう1つの自分が生きる世界だった。そこそにお金のある家.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-03-15 00:16
  • 「銭ゲバ」 最終回

    Excerpt:  さて、ダイナマイトを積んで緑(ミムラ)と最期の旅に出た風太郎(松山ケンイチ)は、あの小屋の前にやって来た。 「緑さん、絶対途中で止めないでくださいよ」 「止めないわよ」 「ありがとう・・・」 .. Weblog: トリ猫家族 racked: 2009-03-15 01:18
  • 銭ゲバ 最終話

    Excerpt: “金持ちになって幸せになるズラ” 柱に刻まれた文字を前に、ダイナマイトの導火線に火をつけた風太郎 「わーかったよ…」 この台詞の意味... Weblog: 日々緩々。 racked: 2009-03-15 10:40
  • 銭ゲバ

    Excerpt: 最終回の感想  Weblog: Akira's VOICE racked: 2009-03-15 12:48
  • ドラマ「銭ゲバ」最終回

    Excerpt: 幼き頃、辛いことがあると母と行っていた 海辺の小屋 風太郎はそこにダイナマイトを胴に巻き入ります。 緑はその様子を小屋からしばし離れ見ています。 導火線に火をつける風太郎 小屋の柱に幼き.. Weblog: annyの日記 racked: 2009-03-15 14:29
  • 銭ゲバ 第9話 最終話

    Excerpt: 死を決意し、ダイナマイトの導火線に火をつけた風太郎(松山ケンイチ)。 なぜ彼は、自らの命を消そうとしているのか? チリチリと燃えていく導火線の炎を見ながら、風太郎はある夢を描きはじめる――。 銭.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2009-03-15 20:34
  • 《銭ゲバ》★09

    Excerpt: 「死ぬの?」 「はい」 「罪の重さに辛くなった?捕まって、死刑になるより、 自分で死ぬほうがいい」 <さようなら、おとうさん・・・> 「どのみち破滅するから」 「僕が間違ってなかったってわかったから.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2009-03-15 21:50
  • 『銭ゲバ』 最終回

    Excerpt: こう来ましたかー!爆破までどう見せてくれるのかと思ってましたけど、1時間持ちましたね~(^_^;)風太郎が夢見た人生。。。まるで別のドラマを見てるようでした。まさに現代の若者、家族の姿を明るく見せてく.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2009-03-15 23:05
  • 銭ゲバ 最終回

    Excerpt: またひとつ、新たな松山ケンイチ伝説が加わりましたね。まさか、ダークと悲惨の最果てに、こんな最終回が準備されてるのは思ってませんでした。 ダイナマイトを身体に巻き付け、もはや逃れられようがない死へ.. Weblog: のほほん便り racked: 2009-03-16 08:43
  • 「銭ゲバ」第9話(最終話)

    Excerpt: 「幸せはどこにあるズラ?」  答えなんてない 「終」の文字が出てきてエンディングが終わってもなんだか虚無感が残ってて、ぐるんぐるん... Weblog: *うわのそらブログ* racked: 2009-03-16 18:07
  • 銭ゲバ&YJ16号

    Excerpt: 銭ゲバは風太郎が死に他の人が幸せなる展開も 今回は風太郎の幸せな夢も現実の方が良いと宣言し 結局はで荻野&伊豆屋は助かり幸せになったから 全体としては前半が微妙も後半は良かったし満足だが 最.. Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2009-03-17 22:00
  • 銭ゲバ 最終回

    Excerpt: 夏休みの宿題もギリギリまでやらないタイプでしたが、大人になってもその性格は変わら Weblog: 裏 TV RANKING SHOW racked: 2009-03-27 17:58