「銭ゲバ」第7話

第7話「命の値段も結局金ズラか…」 視聴率8.7%

数字が低くたって、今期ナンバー1ですよ「銭ゲバ」は。間違いなく。


荻野刑事の妻・加奈江(宮本裕子)に対する傷害の容疑で逮捕された風太郎は、獄中で子どもの時のことを思い出していた。

人を殺し、逃げていた風太郎は、浮浪者の老人(品川徹)と出会い、親しくなる。
しかし、その老人が、風太郎が殺人を犯したことを警察に売ろうとしているのを知る。

幼心に、「人は金で動く。平気で人を騙す」ことを覚えてしまった。

「何、弱気になってんだか。銭ゲバのくせにぃ……
地獄に行くことぐらい、最初から判ってるズラ、最初からァ。
上等じゃねぇか。
地獄行きと引き換えに、俺が証明してやるズラ。
結局金なんだってなァ!
人間は金で動くんだってなァ!
銭ズラァ、銭ズラァ、銭ズラァ……!!」


獄中で叫ぶ風太郎。

別件逮捕で、風太郎の今までの罪も全部立件しようと鼻息荒かった荻野刑事だが、そこに、風太郎にそっくりな野々村真一が、自分がやったと自首してきて、風太郎は無罪放免に。

300万円で、何でもやる男・野々村真一。(^^;

何食わぬ顔で、三國家に戻った風太郎は、緑と茜の姉妹を前に、自分がやってきた事を洗いざらい、事もなさげに語って聞かせる。

茜と結婚したことも、白川を始末したことも、三國父・譲次を殺させたことも、全部、自分が仕組んだことだと。

「私、あなたのこと、けだものだと思った。
でも、違う。あなたは人間。それが今判った。
けだものなら、死んでしまえばそれでいい。
でも、あなたは人間。
人間としての苦しみを味わうべきなんだわ。
死ぬよりも辛い苦しみをね」


吐き捨てる緑お嬢様に、風太郎は平然と言い放つ。

「お好きなようにしてください。
どっちみち、地獄への片道切符しか持っていませんから、僕は。
怖いもんなんてないんですよ」


そんな憎まれ口を叩く風太郎なのに、茜は風太郎の傍に行き、愛しそうに寄り添う。
「お前バカか?」と言う風太郎に、

「バカだよ。
でも、愛してるの。
私のこと、嫌いですか?
私のこと、好きじゃないのも、愛してないのも判ってる。
嫌い?
私のこと嫌い? 好きになることなんてない?
これっぽちも?
いなくなって欲しい?」


こんなにも一途に想ってくれる茜ちんなのに。

「どうでもいい。お前のことなんて。
最初から、興味もない。
お前の役目は終わったんだよ、茜。
お前が死んでいようが生きていようが、どうでもいい」


全く茜を見ようともしない風太郎。それでも、茜は、

「違う人生で、あなたに会いたかった。
愛はあるんだよ?
愛してる。風太郎さん。
あなたに会えて、幸せでした。
ありがとう……!」


「くだらない真似するな」

抱きつく茜を振り払う風太郎。

「はい」

にっこり笑って頷く茜ちんが、健気すぎる!!(;;)


その翌日。
緑お嬢様は、風太郎が住んでいた故郷に赴き、風太郎思い出ツアー決行。
風太郎がどう生きたのかを知り、ちゃんと憎みたいのだそうな。

そこで、極悪父・健蔵とバッタリ。
風太郎から手切れ金でもらった10億のうち、1億を、昔暮らしていた町に寄付して見返したやるんだってさ。

そんなケンゾーに、
「軽蔑します。心の底から。
息子さんとした約束、一つくらい守ったらどうです?
それじゃ、これで。もうお会いすることもないですし。
死ぬんですものね」


にっこりと微笑みながら、言うようになったよね、緑お嬢様。

そんな毅然な態度を見せていたお嬢様だけど……
結局、今の風太郎を作ってしまった原因が、アレ(ケンゾー)だと思ってか、車の中で思わず泣き出しそうに。

何だかんだ言ってさ、心底、風太郎を憎み切れてないんだね?
哀れで、可哀相で。
そう思う気持ちを捨てきれないんじゃないの?


その夜、ケンゾーは、町ぐるみで接待を受けてたりして。
蒲郡健蔵 先生 
お帰りなさい 故郷へ

とか、ワケ判んない歓迎ムードで。
何が「先生」なんだかっつー。 ┐( -"-)┌

「結局、金か……」と呟くケンゾー。


一方、荻野刑事の妻は、階段から落ちた怪我はたいしたことがなかったものの、病気は進行中で、発作を起こし意識不明に。
移植手術を受けさせなければ、一刻の猶予もない。

迷いに迷った挙句、荻野は、風太郎の元へ!!

警察を辞め、妻に付き添ってやりたいと、頭を下げる。

「正しい選択をしたんですよ」と風太郎は白々しく言って、あらかじめ用意していた、名医への紹介状を添えて金を渡す。

金を受け取ろうとする荻野に、『結局、所詮は金が全て』と言わせようとする。

その言葉が、引き換えだと。

「結局…所詮は…金が……」

それだけ言うのが精一杯の荻野に、風太郎は拍手を送る。

とぼとぼと夜道を歩いていた荻野は、一番、屈したくなかった風太郎に、金のために屈服せざるを得なかった自分があまりに惨めで悔しくて、金を抱えて泣き崩れる。

荻野ぉ。(T0T)


そして、三國家に帰宅した風太郎、遅れて帰宅した緑お嬢様を待っていたのは……




首を吊って死んだ茜。


死んじまったのかい、茜ちん。(;;)
せっかく、紅茶を持ってきた春ちゃんに、「ありがとう」って言えるようになったのに。
それが、君のありったけの「愛」なのかい???


定食屋の面々にも、真一が風太郎に頼まれたこと判っちゃったしね。
しかし、借金の利息が300万か。
これから、金せびりに通うんだろうな、真一。
でもって、あっさり消されるんだぞ、きっと。(--;

キャスト
蒲郡風太郎/野々村真一…松山ケンイチ(幼少…齋藤隆成)

三國緑…ミムラ
三國茜(緑の妹)…木南晴夏

萩野聡(刑事)…宮川大輔
桑田春子(三國家の家政婦)…志保

野々村保彦(定食屋の親父)…光石研
野々村祥子(定食屋の女将)…りょう

蒲郡桃子(風太郎の母)…奥貫薫
蒲郡健蔵(風太郎の父)…椎名桔平


関連記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 第6話 第7話 第8話 最終話


当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください⇒コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログから送ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのトラックバック

  • 銭ゲバ 第7話 結局、金ズラ!

    Excerpt: 『命の値段も結局金ズラか…』内容荻野聡(宮川大輔)の妻・加奈江(宮本裕子)を襲ったと言う事で連行された風太郎(松山ケンイチ)しかし、荻野の取り調べでも、何も言わない風太郎それどころか、留置所で思い出し.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-03-03 00:33
  • 【銭ゲバ】第7話

    Excerpt: 何、弱気になってんだ。銭ゲバのくせに。どうせ地獄行きなんだ。地獄行きと引き替えに、オレが証明してやる。金なんだ。結局金なんだってな。銭ずら!萩野は、妻を突き落とした事、そして、今までの事件の全てを問い.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-03-03 03:11
  • 「銭ゲバ」第7話

    Excerpt: 「命の値段も結局金ズラか…」  茜の愛 予告がなかったズラ~~(・_・;)=(;・_・)間に合わなかったのかな…? 世話を焼いてくれていた新�... Weblog: *うわのそらブログ* racked: 2009-03-03 10:02
  • 銭ゲバ 第7話:命の値段も結局金ズラか…

    Excerpt: 予告が無いズラヾ( ̄□ ̄;)ノ なんでやねん~ 今週の【Q.E.D.~証明終了】なんて、2話分の予告を見せるサービスぶりだったと いうのに、ケチくさいズラ~{/face2_lose_s/} つか、茜.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-03-03 10:18
  • 「銭ゲバ」 第7回

    Excerpt:  予告がないわっ!!Σ( ̄ロ ̄lll)  私と同じ様にショックを受けられた方、「待望の第8話予告は月曜日更新!(HPにて)」ですってよ!  んも~早く見たいわっ! ( 加筆:と、思ったら、月曜.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2009-03-03 16:49
  • 『銭ゲバ』 第7話

    Excerpt: これを待ってたんです!正義感からではなく、執念で風太郎を追う悪面の刑事・荻野が翻る瞬間を。大金を積んで行く風太郎を怒りで殴りまくった荻野でしたから。。。相当の葛藤があったはずです。拘置所の中で、子供の.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2009-03-03 23:12