大河ドラマ「天地人」第15話

第15回「御館落城」 視聴率19.6%

本放送時は「平成教育学院SP」観てたんで、BS2で観ました~。

あらすじ(公式サイトより引用)
天正7年(1579年)、武田と手を結んだことにより、御館の乱は景勝(北村一輝)方の優勢となった。景勝の家臣から、御館に総攻撃を仕掛けるべきとの声が上がるが、兼続(妻夫木聡)は仙桃院(高島礼子)と華姫(相武紗季)が気にかかる。景勝は仙桃院と華姫を引き渡すよう景虎(玉山鉄二)に書状を送るが、景虎は拒否する。

そんな折、お船(常盤貴子)が、使者として御館に行くことを申し出る。上杉家のためなら命も差し出すというお船の必死さに、景勝も了承。御館に着いたお船は仙桃院と対面し、戦の責任を感じているなら上杉の行く末を見届けるべき、と進言する。仙桃院は、景虎に謙信の思いを無駄にしないためにも降伏してほしいと懇願。景虎は降伏し、人質として嫡男の道満丸を差し出す。

ところが、春日山へ向かう途中で道満丸が何者かに暗殺される。景虎は景勝の仕業と思い込み、反撃を開始、景勝はやむをえず御館へ総攻撃を仕掛けることに。景虎は華姫とともに逃げるが、追いつめられ自害を決意する。その寸前に兼続が現れ、道満丸暗殺が景勝の仕業でないことを釈明。ようやく景勝に裏切られたわけではないことを知った景虎だったが、上杉家の未来を景勝に託し、華姫とともに自害を選ぶのであった。


武田勢が景勝側の味方について形勢が逆転。

景虎側にいる仙桃院らの身の安全を懸念し、お船が使者に立つ!
て、どんだけ出しゃばりなんだ。
まあ、男が行くよか、女が行った方が角も立たないんだろうけどさ。
だから、行くのはいいさ。
でも、当然のことながら反対する夫・信綱に、「兼続殿の母君は…」なんて、なぜにそこまで「兼続」の名を前面に出すか!?
夫婦仲に亀裂が入った原因だろうがよ?
この女、頭が切れるんだか、お莫迦さんなんだか判らん。

で、お船の説得があって、生き残る道を選んだ仙桃院が、景虎に説くんだけど。
そこで、謙信の意について語り、景虎も涙ながらに改心。
見た目は凄くいいシーンなんだけど、謙信の名を使って説得するなら、もっと戦の始めにしとかね?
何故に今頃。
ま、それだって、行け行けゴーゴー!な時に何を言っても聞く耳持たずだったのかも知れんけど。
負けが確定した今だからこそ、「降伏」を飲む気になったんだろうけど。
今更感がするんだよね。

で、景虎が降伏の証にと差し出した幼子・道満丸が、道中で暗殺!
そんな卑怯な真似、景勝がさせるはずもないので、景虎側の誰か……あの様子だと、いろいろ裏で画策してた遠山が一枚噛んでると見て間違いないのかな~?

敗走した景虎は、妻・華姫と共に自害。

景虎に事の次第を説明した兼続に対して言った、景虎の言葉が。

「兼続、大儀であった!
悲しい戦であったよのぉ…」


戦をおっぱじめた張本人のセリフです。(苦笑)


ま、さすがに長々と描いてきた御館の乱の結末とあって、見がいはあったかな。

ただ、兼続をはじめとする、上田衆の男泣きは、見ててウザかった!
泣くなよ、男が!
ホント、この作品の男どもは軟弱者が多いな。

キャスト
樋口兼続(後の直江兼続)…妻夫木聡

泣き虫返上を亡き母に誓ったくせに、一向に改善する気配なし。
上杉景勝(かげかつ)…北村一樹
兼続の主人で謙信の養子。幼名は喜平次。
苦渋の決断を下した殿。

お船(せん)…常盤貴子
亡き直江景綱の娘で、信綱の妻。夫をないがしろにしまくり。
直江信綱…山下真司
お船の夫。好き勝手する妻を持て余す。

妙椿尼(みょうちんに)…萬田久子
亡き直江景綱の妻。

上杉景虎(かげとら)…玉山鉄二
謙信のもう一人の養子。愛息を殺され、自ら自害。享年26歳。
華姫…相武紗季
景勝の妹で、景虎の妻。夫と共に自害する。

遠山康光…螢雪次朗
北条から来た景虎の家臣で、知略家。北条に帰る。

仙桃院…高島礼子
景勝の生母で、謙信の実姉。

樋口惣右衛門(ひぐち そうえもん)…高嶋政伸
兼続の父。
樋口与七…小泉孝太郎
兼続の弟。


過去記事⇒
第1回 第2回 第3回 第4回 第5話 第6回 第7回 第8回 
第9回 第10回 第11回 第12回 第13回 第14回

当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログから送ります。

この記事へのトラックバック

  • 天地人 第15回 御館落城。。。争いの決着

    Excerpt: 『御館(おたて)落城』内容景勝(北村一輝)と武田の姫・菊姫(比嘉愛未)との婚約により、武田との同盟は、より強固なモノとなり、景勝方優位となった。それを受けて、景虎(玉山鉄二)方の兵は逃亡をはじめ、戦い.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-04-12 23:24
  • 天地人 第15回「御館落城」

    Excerpt: 長く続いた御館の乱も景勝の圧勝という形で終焉を迎えることになります。最後の戦い自体は非常にあっけなく終わったような感じがするのですが、この戦いだけで物語を3回も使った... Weblog: あしたまにあーな racked: 2009-04-12 23:33
  • 大河ドラマ:天地人 第15回「御館落城」

    Excerpt: 御館編終了。物語的には、前半戦最大の見せ場になるはずだったのですが・・・何故でしょう。全く心が動きませんでした(汗)取り敢えず、今回の流れをざっと書いておきますと、・景勝側、武田との和睦に成功し、形勢.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2009-04-12 23:33
  • 天地人・第15話

    Excerpt: 天地人 前編 (1) (NHK大河ドラマ・ストーリー)火坂 雅志,小松 江里子日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る ついに『三国一の美将』と誉れの高い上杉景虎の退場です。・・・が、正直イマイチ盛り.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2009-04-12 23:34
  • 【天地人】第十五回

    Excerpt: われ生きすぎたり御館を落ちる時、景虎は仙桃院にそう言ったと言う。劣勢となり、景勝に人質に差し出した跡取り、道満丸を殺され、匿ってくれるはずの味方は敵に寝返っていた。どうしようもない絶望の中でもう、人を.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2009-04-12 23:42
  • 天地人 第15話「御舘落城」

    Excerpt: 天地人 第15話「御舘落城」「悲しい戦であったな」全てがこの景虎様の言葉に集約される今回の争いでした※ こちらは「炎の蜃気楼」ファンがファン目線で書いた脱線レビューになっていますもし???な方は他レビ.. Weblog: SOLILOQUY racked: 2009-04-13 01:58
  • 「天地人」第15回

    Excerpt:    第十五回「御館落城」1579年、武田勢と手を結んだことにより御館の乱は景勝軍の優勢となった。景勝の家臣からは、御館に総攻撃を掛けるべきだという声が上がる。しかし兼続は、仙桃院と華姫のことが気掛か.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-04-13 06:31
  • おやかたの乱!!

    Excerpt: 何と!!ネゴシエーターお船の説得により景虎が降伏?? そんな馬鹿な{/cat_5/} ここまで御館の乱にお船が深く関わっていたとは… どうしてもお船をドラマの中心として描きたいのでし ょうか?? かな.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2009-04-13 10:17
  • 妻夫木聡の『天地人』第15回:御館落城…「曼珠沙華」と「スモーク」

    Excerpt: 大河ドラマ『天地人』15回:御館落城 【大義であった!】  鮫ヶ尾城に追いつめられた景虎(玉山鉄二)の前に現れた兼続(妻夫木聡)は、景虎の嫡男・道満丸(村山謙太)が殺められたことについて景.. Weblog: 子育ちP's 航生L(気分は冥王星)SQ racked: 2009-04-13 11:16
  • 「天地人」♯15

    Excerpt: もっと早くに説得してよ~。。。 NHK大河ドラマ「天地人」ですけど。 →「天地人」見ました→「天地人」♯2→「天地人」♯3 →「天地�... Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2009-04-13 18:00
  • 景勝の「天地人」第15話

    Excerpt: #「御館落城」 Weblog: 休羽捫虱帳 racked: 2009-04-13 19:54
  • 天地人第15話(4.12)

    Excerpt: 上杉景勝@北村一輝と上杉景虎@玉山鉄二の家督相続争いは、 樋口兼続@妻夫木聡が武田勝頼@市川笑也との和平工作に成功し、 景虎派を支援しようとする北条軍を、武田軍が牽制したことから、 一挙に景勝派.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2009-04-14 00:27
  • 天地人 第15回「御館落城」

    Excerpt: 前半のハイライトの御館の乱。 今回で終局、んで、感想は一言。 酷い、酷過ぎる。 これに尽きます。 何が酷いかって?? え。。。と。。、まず安っぽい。 何が安っぽいかいうと、鮫ヶ尾城のセット。.. Weblog: 淡雪の雄叫び racked: 2009-04-16 14:45
  • 死神の到来 ~天地人感想~

    Excerpt: 御舘の乱、終結。 この戦い、まさに大きな組織に付きまとう悲劇かも。 小さな家族ならともかく、常に数千の家来を率いる大名だと、『一同皆�... Weblog: 早乙女乱子とSPIRITのありふれた日常 racked: 2009-04-18 21:58