「ザ・クイズショウ」第2話

第2話「vsケータイ小説家!! カリスマが隠した秘密と涙」 視聴率11.9%

あらすじ(公式サイト)
 白い部屋で眠る神山の中では、前回の「ザ・クイズショウ」によって、失われた記憶の断片がフラッシュバックしていた。一方、会議室では、本間(横山裕)が次回のゲスト解答者をケータイ小説家のミカにしたい、と冴島(真矢みき)に告げる。生放送の第1回で30パーセントを超える高視聴率を叩き出したこともあり、強気の本間に対し、冴島はその独断専行に怒りながらも、従わざるをえない。

 前作『恋、恋、恋?』が200万部を超える大ベストセラーとなったミカは、女子中高生のカリスマとしてあがめられ、最近はモデルとしても活躍する19歳。先日は、新作の『恋のモールス信号』の記者発表を行い、多くの報道陣を集めていた。

 生放送でステージに登場したミカは、観客席のファンに笑顔で応えながら、ドリームチャンスへの挑戦を宣言。夢は、新作の1年間を通してのドラマ化。その中味は、モールス信号をキーワードにした純愛ものだが、前作同様レイプとドラッグのシーンが満載の内容だった。

 所属会社の社長・川上も観客席に駆けつける中で「ザ・クイズショウ」の生放送はスタート。3問までは順調に進んだが、やがてクイズ問題は、ミカと、2年前に心臓病で死亡した母・美樹に関するものへ。そして神山は、ミカの作品に隠された衝撃的な秘密を明らかにしていく――。


前回の騒動で、視聴率は32%を叩き出した。
編成局長も、手のひらを返したかのように上機嫌。

本間が次の挑戦者として選んだのは、人気絶頂のケータイ小説家ミカ。
彼女の夢は、自分の作品のドラマ化。
しかも、1年ぶっ通し!!

……ケータイ小説に、1年かけてドラマ化するほどの内容があるのか??(--;
3ヶ月がいいとこじゃねーの?

スタジオには、ミカ信者のファンが詰めかけ、MC神山の挑戦的なトークに、ブーイングの嵐!
神山、完全にアウェー状態w

そんなミカの最新作『恋のモールス信号』は、
事故で視覚を失った彼とモースル信号で語り合う純愛モノなんだそーな。

ちなみに、その内容は、コレ↓
私は純粋に。

健治を愛してるんだ。

みたいな。

けれど……。

私は純也(?)にレイプされた。

って言うか。

苦。

苦。

苦。

みたいな。

判らん。。。(--;


クイズの問題内容が、ミカの母親が亡くなったことに関するものになり、動揺したミカは激しく動揺。

母親の臨終の際の言葉は何だったか?という問題には、奥義の「召喚」として祖母が登場し、激昂したミカはスタジオを退場して楽屋に引きこもってしまう。
社長の川上も、帰ろうとミカを促した。

そこで本間は、モールス信号をモスキート音で流させた。
若い世代にしか聴こえない音らしいw

前にそーゆーの聴いてみたけど、聴こえましたよん。(^m^)

その間、騒ぎ立てるミカ信者を諌めようとスタジオに出た冴島さんは、
「ババァ!」呼ばわりされ、カチンときて説教!!

楽屋でモールス信号を聴いたミカは、再びスタジオに戻る。
そして、神山の頬をひっぱ叩いたミカは、自分が書きたい小説を書けるように、と夢を変更。

ミカは7問目に正解し、ドリームチャンスに挑む。

問題:ミカさんが現在までに出版した作品を本当に書いているのは誰?

ミカは、余命幾許もない母親のために、いち早くデビューしたくて、出版社社長の持ちかけた話に乗ってしまった。
ミカの小説は……社長が覆面作家だった!
ミカはその容姿だけ売っていたのだ。

ミカの母は、ミカ本人が書いたものと信じて読み、そして、息を引き取った。

自分の母を、ファンを裏切っていることに罪悪感を抱えていたミカは、社長からの解放を求め、最後のクイズの正解を答える。

当然、観覧に来ていたミカ信者から罵倒が飛ぶ。

ミカは、今度は自分の本当の名で、小説を書く契約を交わすのだった……


そして、番組終了後。
やはり、本間にモスキート音について尋ねる役は、なぜか新米AD。

ミカさん、私は、あなたのウソを知っています。
ここは、自らの夢を叶える場所です。


そのモールスを聴いて、ミカは真実を明かすことを決意したのだった。


そのミカもまた、実は神山の失われた記憶の中に登場していた。

神山が彼女と遊びに来ていた川辺。
そこでは、先週のゲスト安藤康介がギターを弾き語っていた。

そこへ、母と一緒に来ていたミカが、神山に挨拶をしていたのだ。

ミカが母を亡くしたように、神山にも大切な人を失ってしまった記憶があるはずだ。
それを思い出せ!と強要する本間。

やっぱ、その彼女ってのが、本間の身内、とか?



とゆーわけで、2話目でした。
んー。
この番組の、こういう形式って、初回は、どーなんの!?というドキドキ感があって面白かったんですが。
2話目には、もう慣れちゃったよ、なんか。(^^;

ヒネリがないと、そのうち飽きちゃうかもね~。

キャスト

神山悟(MC)…櫻井翔
本間俊雄(ディレクター)…横山裕
高杉玲奈(新人AD)…松浦亜弥
案内人…篠井英介
米倉信三(スイッチャー)…田中哲司
竹内昇(音効)…和田正人
浦沢瞳(TK)…森脇英理子

新田美咲(謎の美少女)…水沢エレナ
冴島美野里(冴島の娘)…大橋のぞみ

松坂源五郎(照明技師)…泉谷しげる
田所治(銀河テレビ編成局長)…榎木孝明
冴島涼子(プロデューサー)…真矢みき

高島美樹(ミカの母)…宮田早苗
高島沙世(ミカの祖母)…森康子
川上大輔(ミカの所属事務所社長)…神保悟志
ミカ(ケータイ小説家)…美波


過去記事⇒
第1話

当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログ「ブラック・キャッスル」から送ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのトラックバック

  • 「ザ・クイズショウ」第2話

    Excerpt: ザ・クイズショウDVD-BOX[4枚組]第二話本間は神山が司会のクイズ番組のゲスト解答者をケータイ小説家のミカにしたいと冴島に告げる。ミカは前作が大ベストセラーになって女子中高生にあがめられ、最近はモ.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-04-25 22:16
  • ザ・クイズショウ 第2話 ケータイ小説家の秘密

    Excerpt: 『VSケータイ小説家!!カリスマが隠した秘密と涙』内容初回放送の数字は32%。。大成功だった。編成局長・田所(榎木孝明)も、大満足。そんななか、本間(横山裕)は、冴島涼子(真矢みき)にケータイ小説家の.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-04-25 22:16
  • ドラマ「ザ・クイズショウ」第2話

    Excerpt: 「思い出せ!思い出せ!!」白い部屋に閉じ込められた神山。追い詰められた彼が思い出すとぎれとぎれの記憶。どうやら出演者にもそれが関係あるようですね。それが判明した今回。それも全部本間の根回しなんだろうな.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2009-04-25 22:24
  • ザ・クイズショウ question2

    Excerpt: 解答者は皆、心に秘密を抱えている だが、その人ははまだ知らない この番組によって 自らの悪が曝け出されようとしていることを・・・ようこそ「ザ・クイズショウ」へ!(番組公式HPより抜粋) 先週は落ち目.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2009-04-25 22:43
  • ザ・クイズショウ 第2話:vsケータイ小説家!!カリスマが隠した秘密と涙

    Excerpt: 真のカリスマはおっさんだった( ´,_ゝ`)プッ 川上はどんな気持ちで執筆してたんだろ?年齢も性別も違うのに、乙女達を夢中にさせる 文章を書いてたんだから、ある意味すごいかも~{/face_nika.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-04-26 00:35
  • ザ・クイズショウ 第2話

    Excerpt: 前回の「ザ・クイズショウ」が、最高視聴率を取った。 責任者の冴島(真矢みき)は、上司にねぎらいの言葉をもらうが、心の中は かなり複雑だった。 一方、会議室ではディレクターの本間(横山裕)が次回の.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2009-04-26 07:04
  • 「ザ・クイズショウ」 第2回 

    Excerpt:  さて、前回の安藤康介(哀川翔)が出演した「ザ・クイズショウ」は視聴率32,0%をたたき出し、全局トップの数字だったらしい。 田所編成局長(榎木孝明)に「これからもこの調子で頼むよ」と言われ、 複.. Weblog: トリ猫家族 racked: 2009-04-26 14:05
  • QUIZ SHOW 第二話

    Excerpt: 白い部屋で眠る神山の中では、前回の「ザ・クイズショウ」によって、失われた記憶の断片がフラッシュバックしていた。一方、会議室では、本間(横山裕)が次回のゲスト解答者をケータイ小説家のミカにしたい、と冴島.. Weblog: ドラマハンティングP2G racked: 2009-04-26 17:37
  • リボーン&クイズショウ&WJ合併号

    Excerpt: は対でが仲間の助けムカツク展開だが 今回は対の続きだがディーノ教え最高だったし は大人で子供姿に変装もイマイチだったが クイズショウは小説家が真実を告げ夢が叶う展開で 今回は小説家だから盗作.. Weblog: 別館ヒガシ日記 racked: 2009-04-28 21:36