「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」第6話

第6話「希望の道」

錬金術は、物質を理解、分解、再構築する科学なり。
されど、万能の技にはあらず。
無から有を生ずること能ず。
何かを得ようと欲すれば、必ず同等の対価を支払うものなり。
是、即ち錬金術の基本、等価交換なり。
錬金術師に禁忌あり、其は人体練成なり。
是、何人も犯すことなかれ。

(OPナレーション~)

あらすじ(公式サイト)
壊れた機械鎧を直すため、アームストロングと共に故郷リゼンブールへ向かうエドとアル。
途中休憩した駅で、アームストロングは偶然一人の男を見かける。男の名はドクター・マルコー。かつて軍の研究所で錬金術を医療に応用する研究をし、イシュヴァール内乱後、突如行方をくらました人物である。マルコーの元を訪れたエドたちは、そこで彼が軍の命令で「賢者の石」について研究していたという驚愕の事実を知る。


録画ボタンをぽちっとな、しとくのを忘れ、Bパートしか観れませんでした。
何てこと……。(--;

とりあえず、前シリーズの第17話「家族の待つ家」を観て、その分は補完しました。

でも、マルコーとのやり取りは、もうちょい前まで遡らんとね。
てか、この際、前作、最初っから復習がてら観たい!

今作、あまりにも駆け足なんだもん。(-へー)

そーいや、前作では、貨物扱いされたアルが、盗まれるってエピソードもあったよなぁ。

でもって、アルの昔の記憶が、おぼろげで……ていうのも、今回、ないんだね。

エドの腕を修理したウインリィが、ネジを1本忘れていて…
セントラルまで追いかけていくっていう、お約束wな流れは、
そーだった、そーだった!とおぼろげに思い出しました。


過去記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話

当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログ「ブラック・キャッスル」から送ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック