「臨場」最終話

最終話「十七年蝉」 視聴率15.3%

あらすじ(公式サイト)
主婦・寺島弥生の遺体が発見された。頭部左にあった打撲傷が致命傷かと思われたが、倉石(内野聖陽)は遺体の胸部に小さな穴を発見。撲殺ではなく射殺と断定する。発見された銃弾から使われた拳銃が17年前、倉石の妻・雪絵(京野ことみ)を殺害したものと同じ拳銃であることがわかった。

17年前…。
一人の交番巡査がナイフで刺され、拳銃を強奪された。犯人は奪った銃で巡査を殺害し、逃走。その後主婦の大瀬恵美子、更には雪絵もその凶弾の犠牲者となった…。
当時、立原は倉石に「ホシは必ず俺が」と約束したが、その後途中で捜査から外れ、事件は時効となってしまった。立原は苦い思いをかみしめつつ、17年ぶりに現れた犯人に怒りを新たにしていた。

弥生の葬儀に、17年前の事件で殺害された恵美子の夫・大瀬(大杉漣)が現れた。弥生が自分の妻と同じ拳銃で殺害されたと聞いて、駆けつけたのだという。大瀬は、久々に再会した立原に「犯人を捕まえて下さい」と頭を下げ去っていく。

深夜、一人17年前の捜査資料を読みふける立原。やって来た倉石に、立原は捜査資料から意外な事実が見つかったことを伝える。
今回の被害者・弥生の夫、弁護士の寺島(矢柴俊博)が、17年前の事件でも事情聴取されていたのだ。しかし、寺島にはアリバイがあった。そのアリバイを証言したのが、当時交際していた弥生、つまり今回の被害者だった。寺島がアリバイの証言を弥生に依頼、その後結婚したが2人の関係に亀裂が生じて、寺島が口封じのため弥生を殺害した可能性もなくはない…。

弥生の友人の証言から、弥生が17年前に寺島のアリバイを偽証していたことが判明した。
立原らは寺島の自宅の家宅捜査へ。雪絵を殺害した犯人が明らかになり、今回の事件も解決したと思われた。
「奥様もきっと浮かばれる」と倉石を思いやる留美(松下由樹)一ノ瀬(渡辺大)だったが、倉石は留美たちにこう言い放つ。
「俺のとは違うな…」。

寺島は犯人ではないのか? 留美たちが拾いきれていないものとは、いったい何なのか…!?


17年前、警官から奪った拳銃を使って射殺された連続射殺事件……

被害者の1人が、倉石の妻・雪絵だったが、事件は解決しないまま時効を迎えていた。

その拳銃を使った射殺事件が、17年経った今、起こった。

被害者・弥生は、17年前の事件の容疑者・寺島省吾のアリバイを証言した証人で、弥生は、そうと知らずにその寺島と結婚していた。

そして、17年経った今になって寺島が弥生にそのことを打ち明け、懺悔した。

弥生は、友人にその件について相談をしていた。
その矢先に、弥生は同じ拳銃で撃たれた。

弥生の友人からの証言を得た立原らが、寺島宅に家宅捜索に入ったところ、寺島は「俺は弥生をやってない!」と叫び、拳銃自殺する。


容疑者の自殺で、事件が終わったかに思えた。

だが、倉石は「俺のとは違うな」と言う。

寺島弥生の通夜に参列した際、妻を失って悲しみに暮れる寺島の姿から、弥生殺しは他にいると確信した、か?


弥生は、射殺された後、頭部を殴打されていた。

17年前の被害者、大瀬恵美子は、射殺されて倒れた際、頭部をぶつけて怪我を負っていた。

犯人が、復讐の為に、わざわざ真似をした……!?


大瀬恵美子の夫・健太郎は、妻の命日に現場に行った時、花を手向ける寺島の姿を目撃し、直感的に犯人だと確信した。

その後を追って家を突き止め、寺島宅に「17年前のことを知っている」と電話を掛けた。

その脅しに怯えた寺島が、拳銃を土に埋めて隠したのを確認した大瀬は、拳銃を掘り出し、それを使って寺島の妻・弥生を殺害した。

そして、妻と同じように、頭部を殴打して怪我を負わせた。

その時使用したのは、大瀬が丹精込めて育てている花壇のレンガだった。
その花壇の土と、弥生の遺体に付着していた土とが成分一致した。


「警察が犯人を捕まえてくれなかったから、そのまま時効になったから、
だから、俺が殺したんだ! 倉石さん、あんたなら判るだろ!?」

倉石に向かって訴えかける大瀬。

「俺が雪絵を思い続けている限り、雪絵は俺の中で生き続けている。
あんなたなら判るだろ?」

倉石が告げた言葉に、大瀬はその場に崩れ落ちる。


この時、涙を流しながらも、それをキュッと拭いて、見届けていた気丈な小坂さんが好き。
倉石が、感情を抑えきれずに、わなわなと震えながら、語っていたのも。

大杉さんの激昂っぷりも、凄かったけど。


事件が終わり、いつもの店で飲んでいた倉石の隣に、立原が現れ。
17年越しの約束を果たした二人は、朝まで飲み明かしたらしいw


雪絵の妹の真理子に、「将来のことを考えたら?」と言われた倉石だけど。

自宅の花園で、珍しく白ずくめの服を着た倉石に、雪絵が「桔梗が咲いた」と告げ。

「桔梗の花言葉は《永遠の愛》」と、倉石の耳に囁きかけた。

倉石にとって、雪絵さんは、永遠の存在のよーです。


そして、今日もまた、現場に自家菜園のキュウリをかじりながら臨場する倉石。

バラの棘で指を怪我した倉石に、小坂さんが絆創膏を差し出す。
火傷した時のお返しですかw

ハッ!
そーいや、いつも乗ってる車のフロントガラスんとこに置かれた、3つのリンゴは、何だったワケ!?
うわ~実は気になってたのに!




とゆーわけで、惜しくも最終回を迎えた「臨場」。

また「俺のとは違うな」とか言いながら、戻ってきてくんないですかね。

毎週楽しみにしてたんですけど。(;;)

ま~あの記者も、本社に栄転になってたし。
倉石の奥さんの事件も解決したし。

終わりなんだね、きっと。ん~残念!

キャスト

倉石義男(検視官・警視)…内野聖陽
小坂留美(検視補助官・巡査部長)…松下由樹
一ノ瀬和之 (検視官心得・警部補・通称イチ)…渡辺大

早坂真里子(倉石の義妹でバー「かくれんぼ」のママ)…伊藤裕子
倉石雪絵(倉石の妻で故人)…京野ことみ

立原真澄(刑事部捜査一課管理官)…高嶋政伸


過去記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 
第6話 第7話 第8話 第9話

当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログ「ブラック・キャッスル」から送ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 臨場最終回 この最終回の見立ては俺のとぁ違うなー!

    Excerpt: 帰ってきた時効警察 オリジナル・サウンドトラック 最終回なのにぃ 17年前の事件解決なのにぃ いきなりと云うか、唐突と云うか、何の前触れもなく 始まってすぐに突然大杉漣さん登場した.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2009-06-24 23:38
  • 臨場 第10話(最終回) 十七年蝉

    Excerpt: 『十七年蝉』内容公園で、女性の撲殺体が発見されたと小坂(松下由樹)から、連絡を受けた倉石(内野聖陽)。一見したところ撲殺。。だが倉石の検視し、胸に小さな穴を見つけ、撲殺ではなく射殺と断定。そして被害者.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2009-06-24 23:40
  • ドラマ「臨場」第10話(最終回) 「十七年蝉」

    Excerpt: 17年前の真実。そして-------------。最終回にふさわしい事件だったのではないでしょうか?同じ被害者だったはずなのに、加害者になってしまった犯人・・・。どこで歯車が違ってしまったのか・・・。.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2009-06-25 00:05
  • 臨場 最終話:十七年蝉~そして最後の検視…

    Excerpt: 永遠の愛…( ̄ー ̄(。-_-。*)ゝポッ 1日たりとも忘れた事ねぇ。雪絵は生きてる。俺が忘れなけりゃ、俺の中で 雪絵はいつまでも生き続ける。それが俺の悼み方だ。 そしてラスト前の倉石と雪絵の幸せそう.. Weblog: あるがまま・・・ racked: 2009-06-25 00:44
  • 「臨場」第10話(終)

    Excerpt: 臨場第10話「十七年蝉」(終)弁護士の寺島の妻が遺体で発見された。頭部の打撲傷が致命傷かと思われたが、倉石は遺体の胸部に小さな穴を発見し、射殺と断定する。発見された銃弾から、使われた銃が17年前に倉石.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2009-06-25 05:41
  • 「臨場」 第10話  「十七年蝉」(最終回)

    Excerpt:  撲殺されたと思われる女性の遺体の検死を行った倉石は、 女性が銃殺された後に殴られたことを明らかにする。 殺害現場の状況から、17年前に妻・雪絵(京野ことみ)が殺された時の事を思い出す倉石。  .. Weblog: トリ猫家族 racked: 2009-06-25 16:19
  • 臨場 最終回

    Excerpt: 主婦・弥生(岩橋道子)の遺体が発見された。 遺体の胸部に小さな穴を発見した倉石(内野聖陽)は、射殺と断定する。 見つかった銃弾から、使われた拳銃が17年前、倉石の妻・雪絵(京野 ことみ)を殺害し.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2009-06-25 17:08
  • 臨場 #10 十七年蝉 (最終回)

    Excerpt: テレビで 『臨場』 を見ました。 (以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい) 時効と遺族 今回のお話は17年前に倉石さんの奥様である雪絵(役者.. Weblog: ビヨビヨ素材日記3 racked: 2009-06-25 21:17
  • 『臨場』 最終話「十七年蝉」

    Excerpt:  無差別殺人の2人の被害者の夫の、その後の生き様、人生観を描いている。  心の中で妻は生きていると、前向きに生きる倉石(内野聖陽)。  復讐心を持ち続け、凶行に及んでしまった大瀬(大杉漣)。  も.. Weblog: 英の放電日記 racked: 2009-06-25 21:50
  • 臨場 最終話

    Excerpt: 女性の撲殺された遺体が発見された。 Weblog: 渡る世間は愚痴ばかり racked: 2009-06-26 00:08
  • 臨場最終話(6.24)

    Excerpt: 寺島弥生という女性が射殺される事件が発生。 調べたところ、使用された拳銃は、 17年前の倉石@内野聖陽の妻雪絵@京野ことみの殺害に 使われた拳銃であることが判明。 更に、弥生の夫寺島省吾が17.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2009-06-26 01:41
  • 【臨場】最終回感想と視聴率

    Excerpt: 倉石(内野聖陽)さんの奥さん、雪絵(京野ことみ)さん、銃殺されてたんですね。17年前に。いつも可愛がっていた植木達は、雪絵さんが可愛がっていたものでした。桔梗の花言葉は、「永遠の愛」。いいですね。17.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2009-06-26 09:59
  • 臨場 最終回 (高嶋政伸さん)

    Excerpt: ◆高嶋政伸さん(のつもり) 高嶋政伸さんは、テレビ朝日系列で毎週水曜よる9時から放送されていた連続ドラマ『臨場』に立原真澄 役で出演しました。一昨日は第10話(最終回)が放送されました。●あらすじと感.. Weblog: yanajunのイラスト・まんが道 racked: 2009-06-26 14:46
  • 「臨場」最終回

    Excerpt: なかなか良かったよ。でも「ゴンゾウ」の方がな~。。。 水曜21時テレ朝「臨場」ですけど。 → 「臨場」見ました→ 「臨場」♯2 → 「臨場」�... Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2009-06-30 09:22
  • 臨場 再放送 最終回「十七年蝉」

    Excerpt: 無差別殺人、被害者の身内の、対象的な二人の男の物語… 突っ込みどころは満載でしたが、最終回にふさわしい重厚なエピソードでしたね。公園で弁護士夫人・弥生(岩橋道子)の遺体が発見。検視した倉石(内野聖陽).. Weblog: のほほん便り racked: 2016-09-02 07:59