「連続人形活劇 新・三銃士」第1話

第1話「旅立ちの朝」

NHKの人形劇って、「ひょっこりひょうたん島」とか
「三国志」とか観ましたよ。

モチロン、年代的に、何度目かの再放送で、だけど。


で、「三銃士」って有名だけど、ちゃんと話は知らないし。
ダルタニアンくらいは名前知ってるけど、あとは全然だし。

脚本が三谷幸喜さんなので、観てみましたー。

いちお、今んとこ月~金で録画予約入ってますw

土曜に再放送もあるらしいですけども。

しかも、月~金なのは最初の2週だけで、
以降は毎週金曜の放送になるとか。

えらい変則的ですな。



えー。あらすじはというと。

中世ヨーロッパのフランスはパリが舞台。

時の国王を、リシュリュー枢機卿が暗殺。

その次に即位した若いルイ13世を手玉にして、
政治の実権を握ってやりたい放題。

しかし、ルイ13世と結婚したアンリ王妃が、
王権を取り戻すべく、かつての近衛銃士隊を呼び戻そうとする。

ところが、先手を打った枢機卿は、
親衛隊長のロシュフォール伯爵に命じ、
元近衛銃士隊を次々暗殺。

主人公ダルタニアンの父ベルトランも、
ロシュフォールによって殺され。

ダルタニアンは、父の遺志を継いで銃士になるべく、
都を目指すのだった!

「一人はみんなのために、みんなは一人のために」
父の遺した言葉を、胸に刻んで。



始まり!てカンジですね。

この作品、先に声を録って、
それに合わして人形を動かすという手法らしく。

だもんだから、動きがめっさリアル!
でもって、カメラアングルなんかも、げっさ凝ってるし!


暗殺者ロシュフォールの声が山寺さんで渋いんだ!
でも、幼児入ってるルイ13世も、山寺さんな気がする。(^^;

何でも、7人のキャストで全ての配役を担当するらしく。
1人で何役するんだっていう。
まあ、山寺さんや戸田さんみたいな芸達者なプロの声優さんなら、
心配要らないですけどね。


第1話だけ、ダルタニアンの父役で、西田敏行さんがゲスト出演。

父と子のやり取りは良かったけど、
最期の、「手を洗うときは30秒」とか、
ちょっとしつこくて、笑えなかったです。(^^;

あんまりくどいのはねー。

だけど、判りやすく説明しながらの進行だったので、
すんなり話に入れて、いいカンジ。


あとは、録画忘れなきゃ、観るかも。

ただ、毎話、こうやって書くかどうかはビミョウです。(^^;


あと、これはカテゴリ何にすれば良いのやら?

追記;「新・三銃士」のカテゴリ作っちゃいましたw

この記事へのトラックバック