「連続人形活劇 新・三銃士」第2話

第2話「父の遺言」


亡き父の遺言に従って、パリの都を目指すダルタニアン

途中、3人の男に縄で縛りあげられ、
川に投げ入れられそうになっている女性と遭遇。

「見て見ぬフリはするな」という父の言葉に従い、助けるも。

実は、男たちをたぶらかし、財産をふんだくった詐欺師だった!

ミレディーと名乗った、この謎の女。

「ミレディーが一番好きなのは、ミレディーさ!」

てっきり、「お金だよ!」とか言うのかと思いきや。
自己愛なヒトでしたw

ナレーション曰く、希代の悪女だそーで。
今後も、存分に場を荒らしてくれそうな予感w

戸田さんが、色気たっぷりに演じてましたし♪



都に着いたダルタニアンは、物珍しく街中を見学。


男「きみはお人形さんのように可愛いね」
女「あなたこそ、お人形さんみたいよ」

抱き合うカップルの会話なんだが、ここ、笑うとこ?(^^;



小猿のイタズラで盗られた、父の形見の銃士の剣を追って行った先で。

探していた、元近衛銃士隊長のトレヴィルと運良く遭遇。

いちいち回りくどいジジイに、今は父の復讐よりも、
三銃士を集めよ!と命じられるダルタニアン

三銃士とは、アトスアラミスボルトスの3人。
何でも、腕のたつ剣士なんだとか。

小猿のプランシェと共に、ダルタニアンは当てもなく町を彷徨う。


最初の男は、酒場で飲んだくれてましたーとw
多分、声が山寺さんだから、アトスかな?

小猿も山寺さんだったっぽいw



過去記事⇒
第1話

この記事へのトラックバック