「連続人形活劇 新・三銃士」第5話

第5話「運命の出会い」


アトス(声:山寺宏一)、ボルトス(声:高木渉)、アラミス(声:江原正士)ら
三銃士が再結成したのも束の間、噴水広場を、ロシュフォール伯爵率いる
親衛隊の兵士が取り囲んだ!

ダルタニアン(声:池松壮亮)をトレヴィル元近衛銃士隊長に任せた三銃士は、
ロシュフォールと対峙する。

「銃士隊の再結成など、枢機卿がお認めにならぬ」
と言い捨てるロシュフォールに、

「我らは国王直属のもの。枢機卿の許しは要らん!」
と言い返す三銃士。


ロシュフォールは、部下に彼らの始末を命じるも、
三銃士は長年のブランクを微塵とも感じさせず、敵を蹴散らす。

分が悪いと見て、退却していく親衛隊ら。
ロシュフォールも、その場から立ち去ろうとする。

その後を無謀にも追っていき、「父の仇!」と剣を抜くダルタニアン

すると、ロシュフォールは、気になる言葉を漏らす。

「何も聞いていないのか?
俺とベルトランの間に何があったかを?」


思い当たる節のないダルタニアンは、
「続きはあの世で親父から聞け!」と斬られそうになるも、
三銃士が駆けつけ、ロシュフォールは逃げ去る。

初めて味わう死の恐怖にガタガタと震える若者に、
「無鉄砲と勇気は違う」と諭すアトスが男前だねぃ♪



銃士隊の制服を着込んだ三銃士とトレヴィル
それにダルタニアンと小猿のプランシェが宮殿へ。

諸悪の根源であるリシュリュー枢機卿が彼らを
出迎えるなり、ネチネチ厭味をw


ここ、枢機卿トレヴィルアラミスが会話するから、
江原さんの三役使い分けが、見てて面白いわーw


その後、三銃士らは、国王ルイ13世
アンヌ王妃
(声:瀬戸カトリーヌ) にお目通りする。



三銃士らの復帰に、祝宴が開かれ。

見習いで宴に参加できずにすねていたダルタニアンだったが、
祝宴から抜け出てきたルイ13世とバッタリ遭遇し。

共にまだ若く、年も近いとあって、お友達になりましたw



その頃、アンヌ王妃は、侍女コンスタンス(声:貫地谷しほり)に、
三銃士さえ手元に返れば、枢機卿の好き勝手にさせないわ!
などと本音をぶちまけていた。

アンヌ王妃は、スペインとフランスの政略結婚のために、
ルイ13世の元へ嫁がされてきたが、
イギリスの政治家・バッキンガム公爵という恋人がいて、
今でもその思いは変わっていなかった。


同じ頃。
アンヌ王妃の思い通りにはさせんぞ!と苦虫を噛み潰す
リシュリュー枢機卿に、ロシュフォール伯爵は、
「この女は使えます」と言って、ミレディー(声・戸田恵子)を紹介する。

三悪そろい踏み!の図。


そして。
広すぎる宮殿で迷子になったダルタニアンは、
侍女のコンスタンスと出会い、彼女に一目惚れw





とゆーわけで!
これで大体の主要人物が出揃ったってとこでしょうか。

よーやくにして、ヒロイン登場♪
演ずるは、貫地谷しほりちゃん!

ヒロインだけあって、コンスタンスは可愛いから惚れるのは
判るけど、前途多難だぞーダルタニアン


最後には、人形たちに囲まれるナレーション担当の
爆笑問題・田中…・・・という構図w

判ってたけど、人形1体がでかい!
2人がかりで1体を操るってのも、頷けるよね。


さあて、こんな調子で、今後も続けて書けるかどうかは
ビミョウですが。(^^;

書かなくても、見続けるとは思います♪

だって、続きが気になるし!
こうやって月~金ある間はいいけど、毎週金曜になったら、
待ち遠しくなりそう。


ちなみに、1週目の第1~5話までが、
17(土)午後3時から、一挙再放送されます。

見逃した方は、ぜひそちらでご覧になってください♪



過去記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 連続人形活劇 新・三銃士第5話(10.16)

    Excerpt: アトス・ポルトス・アラミスの三銃士はロシュフォール伯爵配下の親衛隊を撃退、 ダルタニアンは父の仇であるロシュフォールに勝負を挑むが、 一太刀で剣を叩きつけられてしまう なるほど、銃士見習いにされ.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2009-10-18 02:38