「Xmasの奇跡」第5話

Episode:5「覚醒」

あらすじ(公式サイト)
事故で意識不明だった健が、奇蹟的に目を覚ます。
「違う...俺は健じゃない。俺は...浩志だ」と呟く健の身体には、亡くなった浩志の魂が宿っていたのだ。
一時的な意識の混濁だ、と医師は判断するが...。
直はピアニスト・ゼノを探し続けるが、手がかりは見つからない。
レコード会社は窮地に陥り、追いつめられた直は、替え玉アーティストのデビューを画策する。
直を好きな博人は、「ゼノがもういなかったらどうする?」と、真実を話そうとする。が、ゼノを生きる支えにする直が取り乱すのを見て、何も言えなくなる。
その夜突然、健が直の前に現れる。直は浩志の記憶を持つ見知らぬ青年に驚く......。


アポロン社長・柏木の策略で、XX(ダブルエックス)所属の
アーティストが全員引き抜かれてしまう。

浩志の夢は、ゼノを売り出すこと。
それを実現させることが、自分の生きていく支え……という直は、
XX(ダブルエックス)存続のためと割り切り、
替え玉を使って歌手を売り出そうとする。

そんなやり方に、当然、納得のいかない社員たち。

そこまで追い詰められている直のことを知り、ゼノの正体を
明かそうと訊ねた越川だが、ゼノが直の生きる支えと知り、
何も言わないまま、立ち去る。

この腰抜けが。
浩志=ゼノって、直が知ったほうが、いいに決まってるのに。


一方、浩志の意識を宿らせたまま目覚めた林田健は、
無断で病院を抜け出し、直のマンションを訪ね、
堤浩志である自分が死んだことを知り、愕然とする。

「あなたゼノなの?」と問う直に、

「俺だ…。
俺だよ、直……俺は浩志だよ……!!」と訴えかける健。



てなところで、続きは次週、と。
この際、健=ゼノってことにしとけば、丸く収まるのに。
でも、健ちゃんはサッカー少年だったみたいだし、経歴でバレるかw


それにしても、健ちゃんの意識はどこに?
本当なら、死んでてもおかしくない……のかな?

せっかく目覚める可能性はないかも……という状態から
目覚めたのに、中身が別人じゃな。

健ちゃん自身も、周りの家族らも、気の毒だよ。
健ちゃんには、健ちゃんの人生があったろうにね。


ともあれ、窪田くんが動き回るようになって、
俄然、楽しくなってきました♪


キャスト
手島 直(ヒロイン)…高橋かおり
堤 浩志(故人。直の恋人)…岡田浩暉

林田健(浩志の意識が宿る)…窪田正孝
松井仁美(健の幼なじみ)…永崎綾女

越川 博人(浩志の友人)…大内厚雄
手島 実花(直の妹)…蒲生麻由
柏木行夫(アポロンの社長)…火野正平


過去記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック