「連続人形活劇 新・三銃士」第12話

第12話「王妃の手紙」

前回の失敗を教訓に、W撮りで万全の体制ですw


えーと。
アンヌ王妃バッキンガム公の密会現場を取り押さえられなかった
リシュリュー枢機卿が次に講じた手は、
アンヌ王妃バッキンガム公へ宛てた手紙を書かせ、
それを横取りしちゃうぜ大作戦だそーですw

リシュリュー枢機卿から命じられたミレディー(声:戸田恵子)に
そそのかされ、ラブレターをしたためたアンヌ王妃(声:瀬戸カトリーヌ)だが、
コンスタンス(声:貫地谷しほり)の忠告に従い、三銃士を呼び出す。


しかーし、肝心の三銃士はと言うと。

「つゆだくでお願いします……」と寝言を言いながら、
酔っ払って起きそうもないアトス(声:山寺宏一)。

昨夜歌いすぎて、声が枯れまくりのボルトス(声:高木渉)。

そして、王妃の呼び出しになんて応じたくないもんねーな、
アラミス(声:江原正士)に命じられ、
ダルタニアン(声:池松壮亮)が1人で王宮に向かうことに。

てゆーか、何ですか、「つゆだく」って!?(^^;



コンスタンスは、王宮から暇を出される。
しかし、シャルロットことミレディーは、病気で休んでいると王妃に嘘を。

帽子つきのパジャマが、ものっそ似合わないボナシューの、
コンスタンスに対するネチっこさが、気持ち悪すぎ~。(--;



こっそり裏口から王宮に忍び込んだダルタニアンから、
シャルロット(ミレディー)をあまり信用しない方がと言われ、
疑心を確かにしたアンヌ王妃は、バッキンガム公への手紙を託し、
三銃士にそれをロンドンへ届けてもらうようにと頼む。

うーん。
国王をお守りするための銃士隊が、王妃の浮気相手に、
手紙を配達するとは……何とも。(^^;



下宿に戻ると、アラミスコンスタンスに聖書を教えていて、
焼きもちをやくダルタニアンが、お子ちゃますぎてダメだw

コンスタンスにペラペラと、王妃から手紙を預かったことを話した上、
手紙を自分が届けに行くんです、なんて嘘八百を並べる若造。

それをこっそり、机の下で盗み聞きしていたボナシューが、
リシュリュー枢機卿にタレコミ。

ミレディーの失態をなじった枢機卿は、
手紙の奪還をロシュフォール伯爵に命じる。


三銃士にも、自分が届けるよう王妃から頼まれたと嘘を言い、
誰にも話してないと誤魔化すダルタニアンだが、
コンスタンスにベタ惚れなのは周知の事実なんで、バレバレw



翌日、霧深い森の中を、「ロンドン橋落ちた~落ちた~落ちた♪」なんて、
ノー天気に歌いながら、お使い気分で歩いているダルの前に。

ロシュフォールのすらっとした長身が、立ちはだかる!!

くぅ~、何だってこの人は、こんなにカッコいいの!

「ダルタニアン……久しぶりだな。
手紙を渡してもらおう」
と、剣を抜くロシュ様

そして、親衛隊がダルタニアンの周りを取り囲み、
ダルタニアンも剣を抜き、ロシュフォールと対峙する。




なんて、緊迫したシーンで、待て、次週!?

ま。
どーせ、三銃士のおいちゃんたちが、颯爽と助けに来てくれるに
決まってんだけどさ!(^m^)

でもって、ロシュ様が失敗したと知れば、失態を挽回しようと
ミレディーもまた動き出すだろうしね~。


過去記事⇒
第1話 第2話 第3話 第4話 第5話 
第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
第11話 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 連続人形活劇 新・三銃士第12話(11.6)

    Excerpt: 二日酔いのアトス・歌いすぎて声の枯れたポルトス・王妃嫌いのアラミスに代わり、 アンヌ王妃に拝謁、頼みごとを引き受けるダルタニアン。 そのアンヌ王妃の頼みごととは、ロンドンのバッキンガム公爵に手紙を.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2009-11-08 00:31