「Xmasの奇跡」第34話

Episode:34「危うい婚姻」 (12月18日放送)

あらすじ(公式サイト)
直は柏木から預かった婚姻届に署名する。誰にも理解されない結婚だった。
「赤の月」のCDが売れ始めたある日、直は健に会いにいく。ピアノを 弾く気にならないか、と尋ねる直に、ピアノの記憶はない、とつれない健。ピアノに対する気持ちが変わったら、連絡してほしい、と帰るとき、直 は柏木と入籍したことを健に告げる。
これで本当に、堤浩志は死んだ──と、健は愕然とする。暗い衝動に突き動かされた健は、仁美と強引に関係 を結ぶ。
直と柏木の結婚が周囲に衝撃をもたらす。柏木とは深い馴染みのミツコは激しく動揺して......。
そんな矢先、柏木が突然、社長を解任される。


無名のKENの「赤の月」は、浩志がアポロン所属時代に、
柏木に楯突いて守った歌手が「お気に入り」と公表した
おかげで、徐々に売れ出していく。

その報告をしに、直は健(浩志)を訪ね、
またピアノを弾きたくなったら、いつでもと懇願。

さらに、柏木と入籍したことを告げていく。

直が堤姓を捨てて、柏木と結婚したことに、
完全に自分の存在が直の中から消えたと愕然とする健(浩志)。

そこへ、KYな仁美がやってきて、ベタベタしたがるもんだから、
思わず、仁美を押し倒してしまう健(浩志)。


そのくせ、その場の流れでそうなってしまったことを、
「最低だな、俺……」とか自虐するけどさー。

お前は、仁美とのことをどうしたいのさ、浩志?
林田健として彼女のことを受け止める気があるのか、
直への思いの捌け口にするだけなのか。

前者じゃないなら、ちゃんと別れたほうがいいぞ。

さすがに、仁美も可哀相だし、
健ちゃんの体に対しても失礼だろ。


一方。
柏木と直との結婚を知ったミツコが、逆襲に走った~~!

さすが!
さすが、昼ドラ!

このドラマ唯一の良心でさえ、鬼に変えてしまう。

それでこそ、昼ドラ!(^m^)

倒産したXX(ダブルエックス)の負債の肩代わりや、
アポロンミュージックとして立ち上げる資金に、
柏木は、プールした金を独断で使用していた。
そのことが会社への背任行為とみなされ、
アポロンの社長の座を解任。
さらに、警察のご厄介にまで!

そのリークをしたのが、ミツコ!

だてに、柏木と古い付き合いじゃないやねー。

浩志を忘れるために、寄りかかっただけの直とは違い、
ミツコのン十年越しの柏木への愛情は、
計り知れないくらい深いぞ~~!


キャスト
堤(旧姓:手島) 直(ヒロイン)…高橋かおり
堤 浩志(故人。直の恋人)…岡田浩暉

林田健(浩志の魂が宿る)…窪田正孝
松井仁美(健の幼なじみ)…永崎綾女

越川 博人(浩志の友人)…大内厚雄
手島 実花(直の妹)…蒲生麻由
ミツコ(ピアノバーのママ)…白石まるみ
柏木行夫(アポロンの社長)…火野正平


過去記事⇒
[第1週] 第1話 第2話 第3話 第4話 第5話
[第2週] 第6話 第7話 第8話 第9話 第10話
[第3週] 第11話 第12話 第13話 第14話 第15話
[第4週] 第16話 第17話 第18話 第19話
[第5週] 第20話 第21話 第22話 第23話 第24話
[第6週] 第25話 第26話 第27話 第28話 第29話
[第7週] 第30話 第31話 第32話 第33話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック