大河ドラマ「龍馬伝」第2話

第2回「大器晩成?」 視聴率21.0%


嘉永5年(1852年) 秋、

「わしは、この土佐を出たことがないがです。
一度、世の中ちゅうもんを見てみたいがです。
私を江戸に行かしてつかぁさい」


乙女姉さんと共に、父と兄に頭を下げ頼んだ龍馬だが。

土佐(高知)は、台風による津波の被害が多い。
そこで、20日間以内に久万川の堤を直すよう、お上からお達しがあり、
その差配役を龍馬に任される。

世の中を見たければ、仕事をしろと。


龍馬が江戸に行きそびれた話を知って、仲間たちは大笑い。
文武両道の武市さんこそ江戸に行くべきと皆は言うが、
病に伏せる祖母(菅井きん)のこともあり、
行きたくても行けない武市さん。


堤作りの現場に向かう龍馬だが、
ただでさえ、田んぼの仕事を抜けてやらされている上、
村同士のいさかいのある男連中は、すぐにケンカを始めてしまう。

男連中の仲を取り持とうと、酒を振舞って、三味線を弾いてみるも、
男たちの鬱憤は、龍馬に向き。

土佐を治めているのは上士、米を作っているのは農民。
それに比べて、下士は何の役にも立たん!と罵られる。

「役立たずの侍モドキが!」などと言いたい放題。

津波の被害で女子どもだけになった家で、
この堤作りが大切なものだと聞かされていた龍馬は、
その場に手を着き、土下座をし、

「この堤作りには人の命がかかっちゅう。
頼むき、待ってつかぁさい!」


と頼み込むも、男達は見向きもせず、立ち去ってしまう。


そんな龍馬の姿を様子見に来て目撃した父は、
龍馬が剣術を学んだ日根野道場へ出向き、
道場主に、龍馬はどんな男かと尋ねてみれば。

「龍馬は強い。強いけんど、足りん。
足りんけんど、大きい。大きいけんど、判らん。
判ることは、龍馬みたいな男は、
わしが今まで見てきた男の中にはおらんちゅうことです」



その頃、縁談話が舞い込んできていた加尾は、
弁当を作って、龍馬に差し入れ、縁談話をしてみた。

ええ話じゃ、良かったのう、と答える龍馬から弁当を奪い取り。

「私は、龍馬さんのことが好きやったのに。
子どもの頃からずっと好きやったのに!」


女心が判っていない龍馬を責め、去っていく加尾。


やがて、激しい雨が降り出し、男連中は、中断して帰っていく。

その場に残った龍馬は、一人で、俵を運びだす。

うまくいかない堤作り、自分を想ってくれていた加尾。
そのどちらも、人の気持ちを汲み取れない自分。

「わしは、人の気持ちが分かっちょらん。
何も分かっちょらん!」


叩きつける雨の中、一人ではどうすることもできず、
その場に、倒れこんで、叫ぶ。

「わしには何もできん。無理じゃあ!」


そんな泥まみれで、びしょ濡れな龍馬の姿に、
帰っていったはずの男連中が戻ってきて。

「ケンカはやめちゃる。
おまんのためやない。
この仕事には、人の命がかかっちゅう」


堤作りが再開された。
その16日後、期限ギリギリに、堤は立派に完成する。



雨の日、龍馬が傘を差して歩いていると、酔っている父と遭遇。
昔は酒豪やったと話す父。

龍馬は、その場に土下座をし、

「父上、わしを江戸に行かせてつかぁさい。
この土佐を出て、広い世界を見てみたいがです」


人の助けを得て生きている自分が、一人で生きてみたいと。

しかし、そんな理由では江戸にはやれんと言う父は、
剣術道場の日根野が、江戸の千葉道場主に宛てて書いてくれた
紹介状を龍馬に突き出し、

「おまんの取り得は剣術だけじゃ。
剣術の腕を磨きに行くちゅう理由やったら、
おまんを江戸に行かせちゃる。
土佐を出て、江戸に行ってき!」


江戸行きを許してくれる父。





てなわけで。
土佐でくすぶる龍馬ってな2話目。

でも、堤作りに没頭すると、江戸行きのことを忘れてしまう辺りが、
龍馬らしいといえば、らしいようなw

龍馬が男連中の気持ちを動かした辺りは、
ベタだけど、まあ、いいんじゃないですかw

今回、一番、気持ちを動かされたのは、父上ですしね。
仕事場まで様子見に行く辺り、ある意味、過保護ですがw



一方、弥太郎は、大事な本を売って金を作ろうとしたら、
母がこっそり溜めていた小銭を見せてくれ。

「お前の取り得は学問じゃ。本だけは売るな!」

そう言ってくれるも、その金を父が博打ですってしまい、おじゃん。

くさくさして歩いていると、龍馬に弁当を差し入れる加尾を見て、
余計、腹立たしくてならない弥太郎。

と、こちらも現状からの打破をうかがっている様子。

龍馬を目の敵にしても、仕方ないやね~。(^^;
羨ましくって、憎くって、しょうがないんだろ。


そしてそして。

龍馬が向かおうとしている江戸では。
ペりー提督が乗る船団が日本に向かっていること、
開国を迫ろうとしていることを、ごく限られた者たちのみが
知っており、それを内密にしていた。

200年も、鎖国を続けた小国ですからね~。

おいそれと動けるわけがないのは判るけど、
隠しておけばいいってなもんでもない気もしつつ。


キャスト

坂本龍馬…福山雅治

坂本乙女(龍馬の姉)…寺島しのぶ
坂本八平(龍馬の父)…児玉清
坂本権平(龍馬の長兄)…杉本哲太

平井加尾…広末涼子
平井収二郎…宮迫博之
岡田以蔵(後の人斬り以蔵)…佐藤健
武市半平太(酒一杯で酔っ払い)…大森南朋

岩崎弥次郎(弥太郎の父)…蟹江敬三
岩崎弥太郎(後の三菱グループ創始者) …香川照之


過去記事⇒
第1回


当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒ コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログ「ブラック・キャッスル」から送ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック

  • 龍馬伝 第2話「大器晩成?」

    Excerpt: 夏の盛りを過ぎると土佐には嵐がやってくる。 Weblog: 渡る世間は愚痴ばかり racked: 2010-01-10 23:58
  • 龍馬伝2 福山龍馬はルーキーズの川藤か?

    Excerpt: 何か途中でダレてきました。。 イエね、福山龍馬真面目にやってるのは好感持てますよ。 土下座しまくるのもまあ仕方ないしぃ 護岸工事の現場監督もイイですよ。 農民からバカにされ 相手にされな.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-01-11 00:09
  • 龍馬伝 第2回 大器晩成?

    Excerpt: 『大器晩成?』内容父・八平(児玉清)に代わり、兄・権平(杉本哲太)が坂本家の家長となった。嘉永5年のそんなある日のこと、龍馬(福山雅治)は江戸行きを父達に願い出る。“世の中を見てみたい”だが、龍馬は父.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2010-01-11 00:10
  • 【龍馬伝】第二回

    Excerpt: わしらは、畑の仕事もあるのに、こんな仕事をやらされてる。あそこに座って、ああだこうだと指図だけしているおまんにはむかむかする。おまんら下士は何のためにおるんじゃ。土佐に要らんもんは下士じゃ。江戸に行き.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-01-11 00:23
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第2話「大器晩成?」

    Excerpt: 龍馬の成長----------------!!1回目の放送の手ごたえはまずまずだったようですね(^^)色々500件以上も視聴者からの問い合わせ等があったようで。今年の大河はじわりじわりと視聴率を上げて.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-01-11 00:24
  • 大河ドラマ龍馬伝★第2話大器晩成?

    Excerpt: 大河ドラマ『龍馬伝』第2話大器晩成?第2話です。1週間早かったなぁ・・・年明け初出勤の週だからかな?冒頭で江戸行きをお願いするも、かわりに堤防工事の現場監督を任されることになった龍馬。しかし、畑仕事の.. Weblog: うさうさ日記 racked: 2010-01-11 03:13
  • 「龍馬伝」第2回

    Excerpt:    第2回「大器晩成?」土佐から出たことのない龍馬は、父・八平に世の中を見てみたいと話し、江戸行きの許可を願い出る。だが、全く相手にされず、そのとき藩から命令が来ていた堤防工事の差配役をあてがわれて.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-01-11 06:22
  • ???????????2???????

    Excerpt: ???10????????(�???`)????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????.. Weblog: ????????? racked: 2010-01-11 08:38
  • 第2回「大器晩成?」

    Excerpt: 戦国時代がブームになった…きっかけが何であれ、いわゆる歴女だったか。そんな単語が流行した昨年に習い、幕末も盛り上がってほしいものだ。さて、前回の復習にもなるのだが高知藩の武士の間で上士と下士…そして地.. Weblog: 政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~ racked: 2010-01-11 09:16
  • 【龍馬伝】第2回感想と視聴率

    Excerpt: 【第2回視聴率は1/12(火)夕方迄に追加予定】「大器晩成?」今回も、福山龍馬、素敵でしたね♪三味線弾いて歌っちゃうし・・・泥まみれで、熱演しちゃうし・・・岩崎弥太郎役の香川さんもずっと汚れて熱演して.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-01-11 10:24
  • 福山雅治『龍馬伝』第2回★本だけは売ったらアカン

    Excerpt: 『龍馬伝』第2回:大器晩成?  サブタイトル「大器晩成」のうしろに”?”が付いているのが、なんだか可愛らしくて良いわぁ。  ”?”をつけて「大器晩成」といかめしく断定しちゃわないことで、福山龍馬の.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-01-11 10:45
  • 龍馬伝 第2回「大器晩成?」

    Excerpt: 前回、上士とのいざこざで立派な仲裁をした龍馬でしたが、その流れでそのまま躍進するシーンが続出するのかと思いきや、そんなにうまくいかない人間模様を今回は見ることができます。江戸に行きたいと強く願う龍馬で.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2010-01-11 11:39
  • 龍馬伝 第2話「大器晩成?」

    Excerpt: 嘉永5(1852)年、秋。 土佐で剣術の腕を磨いた龍馬(福山雅治)は、父・八平(児玉清)に江戸行き を願い出る。 しかし、八平はそれを認めず、代わりに堤防工事の差配役を命じる。 半平太(大森南.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2010-01-11 15:02
  • 《龍馬伝》☆02

    Excerpt: 嘉永5年(1852年)秋 権平が、龍馬を呼んだ。乙女が呼ばれもせぬのに、龍馬の横に座った。 二人に、龍馬の言い分を言わせるために、来たのだ。 (龍)わしは、生まれてこのかた土佐を出た事がないがです.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-01-11 16:03
  • ??????????????????

    Excerpt: ????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????(�???)??????.. Weblog: ?????????????? racked: 2010-01-11 16:53
  • 『龍馬伝』 大器晩成?

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメント龍馬は江戸に行きたいと乙女姉さんからも父に話してもらったものの、あっさり一蹴されます。父は今の龍馬が歯がゆくてならぬようす。道場の面々も、「江戸に行くなら武市さんが.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2010-01-11 17:39
  • 『龍馬伝』 大器晩成?

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメント龍馬は江戸に行きたいと乙女姉さんからも父に話してもらったものの、あっさり一蹴されます。父は今の龍馬が歯がゆくてならぬようす。道場の面々も、「江戸に行くなら武市さんが.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2010-01-11 20:46
  • 龍馬伝 第2回「大器晩成?」

    Excerpt: 龍馬伝 前編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)福田 靖 作,NHKドラマ制作班 製作協力日本放送出版協会このアイテムの詳細を見る 先週は「まいパソういうい」が断末魔のような叫び声を上げる中でのレビュー.. Weblog: ブルー・カフェ racked: 2010-01-11 21:00
  • 龍馬伝 第2回 「大器晩成?」

    Excerpt: あらすじ 龍馬(福山雅治)は江戸行きを父八平(児玉清)に願いでるが、八平は聞き入れず堤防工事の差配役を命じる。工事は百姓たちの争いで遅々と Weblog: 青いblog racked: 2010-01-12 00:15
  • 龍馬伝 大器晩成?

    Excerpt: 坂本家の家長は、父・八平(児玉清)に代わり、兄・権平(杉本哲太)になりました 龍馬(福山雅治)は、江戸行きを父・八平(児玉清)に願いでますが、聞き入れられず、それどころか、久万川の堤造りの差配役を命.. Weblog: のほほん便り racked: 2010-01-12 08:27
  • 「龍馬伝」1、2 ☆☆☆

    Excerpt: ええー、龍馬と三菱の創始者弥太郎さんってそんな因縁が??不覚にも知りませんでしたわ。そんな幼馴染み弥太郎(香川照之)が、成功者になって尚、口角泡とばして龍馬を罵るその様子... Weblog: ドラマでポン racked: 2010-01-12 12:57
  • 『龍馬伝』第2話

    Excerpt: 第2話『大器晩成?』江戸行きを父親に申し出て、少しの紆余曲折の後、遂にOKが出る…という話。小さな頃は弱虫だった龍馬が、母親の死を経て剣術の腕を観外たもののそれ以外はサッパリ&helli.. Weblog: もう…何がなんだか日記 racked: 2010-01-12 21:14
  • 龍馬伝-第2回「大器晩成?」

    Excerpt: 昨日出かけたために見ることができず,今日ビデオを回しました。 しかし福山龍馬,あちこちのサイトにお邪魔させていただいた限りでは,至極評判が宜しいですね。 特に女性人気が絶大なようです。 番組自体の.. Weblog: koshiのお部屋2 racked: 2010-01-12 21:57
  • 『龍馬伝』 第2話

    Excerpt: 「私を江戸へ行かせてつかぁさい。お願いします!」姉の乙女と一緒に土下座をして頼む龍馬でしたが…父・八平は、二十日以内に堤防を仕上げるよう龍馬に差配役を命じます。そう言えばこのお二人、『美女か野獣』で共.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2010-01-12 23:07
  • ???????????2???????

    Excerpt: ???10????????(�???`)????????????????????????????????????????????????????????????????????????????????.. Weblog: ????????? racked: 2010-01-13 01:03
  • 龍馬伝第2話(1.10)

    Excerpt: 久万川の堤の工事の差配を任された坂本龍馬@福山雅治が、 村人同士の争いの調停に悪戦苦闘した・・・というお話。 どうもパッとしないのう 上士と下士の身分差の激しい土佐藩で、下士の家に生まれた龍馬、.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2010-01-16 01:42