大河ドラマ「龍馬伝」第4話 (私信あり)

第4回「江戸の鬼小町」 視聴率23.4%


江戸へ到着した龍馬と溝渕広之丞(ピエール瀧)。

物珍しい光景にはしゃぐ龍馬w


その日のうちに、北辰一刀流の千葉道場へ。
“鬼小町”の異名を持つ、師範の娘・佐那にこてんぱんにやられてしまう。

これが今の剣道なら、小手も取られまくりw


修行に励むさまを書いた手紙を、土佐へ送る。

お父上、お母上、兄上、お元気ですか。
龍馬は江戸にて、剣の稽古に励んじょります。
千葉道場は、噂に違わぬ大道場。
侍だけでのうて、子供や女子まで、大勢が通うております。
けんど、私に課せられちゅう稽古は、壮絶の一言。
体の痣や手足の腫れは、あとを絶ちませんけんど、
決して挫けることのう、修行に精進していきます。
お父上、お母上、そして姉やんら、
龍馬は、江戸の空の下で、頑張っとります。

家族たちは一様に手紙の内容に大喜びだが、

「何でえ、これは!
一体、江戸で何をしちゅうで、龍馬は!」

と乙女姉さんはご立腹w


龍馬は度々、一人で居残り稽古をしていた。
そこへ現れた重太郎は、

「佐那は、千葉定吉の作品。
歩き始めた頃から竹刀を持たされた」と語る。

床に豆を撒き、豆を踏まずに、すり足で動けと教える重太郎。


稽古後、井戸で汗を流していると、そこへ佐那が通りがかる。

腹を抱えて笑うことも、酒に酔ってへにゃあとなることもない、
と表情を変えない佐那に、乙女姉さんの話をするも、

「楽しい御一家ね」と、バッサリw


乙女姉さんから龍馬へ手紙が。

龍馬。
おまんの手紙読みました。
父上も、母上も、みんな喜んじょったがじゃ。
けんど、私は納得できん。
おまんは剣術をするためだけに、江戸へ出たがか?
広い世の中を見るちゅう大事な目的はどういた?
初心を忘れてはいかんぜよ!

龍馬は、一点集中型だからw
あれもこれもと器用にはできんのですよ、乙女姉さん。

「わしは今、剣術修行だけで精一杯じゃ!」と悩む龍馬に、

「わしが教えたる。おまんの知らん世界を」
と溝渕の悪魔の囁きw


いかがわしい店へ連れて行かれるも、父の言いつけを守る龍馬を、
「君は偉い!」と褒めたのは。

長州藩士の桂小五郎!
なんだ、そのくるくるヒゲはw

「世の中は広い!
日本よりはるかに進んどる国がわんさとおるんじゃ。
そのうち、あいつらが日本に攻めてくるぞ!
上で女子と遊んどる場合じゃなか!」

偉そうなこと言ってるくせに、しっかり上で遊んでるんじゃんw


世界が日本を狙ってると聞かされるも、
それなら幕府が動いてると、まるで他人事で笑い飛ばす龍馬。

その頃、まさしく幕府では、
阿部伊勢守正弘(升毅)ら老中らが寄り集まり、対策を練っていた。



初心者の朝の稽古を任された龍馬は、太鼓を使って楽しく♪
龍馬ってば、門下生に人気ありそうw

そこへ何事かと顔を見せにきた佐那も加わり、
いつの間にか笑顔を見せるように。

一緒に太鼓叩いてるしw




嘉永6年(1853年)、6月


娘の変化を見透かし、定吉が佐那に問う。

「もし、わしがお前の仇なら、
お前は躊躇なくわしを斬れるか?
坂本龍馬は? どうじゃ、斬れるか?」

「相手が誰だろうと、私は斬ります」
と答える佐那に、

「無理だな。お前はもう坂本には勝てん。
お前は女だ。それを認めねばならん時が来たのだ」



父の言葉に納得のいかない佐那は、
道場に居残っていた龍馬の元へ。

「坂本さん、私と立ち合いなさい。
手加減は無用。本気の勝負です」

「お佐那さまとは、打ち合う気にはなれん」

「私が、女だから?」

「つまるところ、
剣は、戦で人を殺す道具じゃき」


問答無用と打ちかかってくる佐那から竹刀を奪い、
床に押さえつける龍馬。

男と女の腕力の差に適わず。

「どうして私は、女に生まれてきてしまったの?」
涙を流す佐那。


その現場を、重太郎が目撃。
絶対、カン違いしてる!!(^m^)


「どういて、そのようなことを言うがか。
わしは、お佐那さまほど、
凛々しい女子は見たことがないがです。
その凛々しさは、間違いのう
剣の修行で身に付けたもんじゃ。
他の誰にも真似できん、
お佐那さまだけの凛々しさじゃ!

お佐那さまは、わしにはまっこと眩しゅう見えるぜよ。
女に生まれんかったら良かったゆうて、
そんな勿体無いこと言うたら、いかんがです」


佐那を抱き上げるも、慌てて、「なんちゅうことを」と後ろに下がる龍馬。


「私は弱くない。あなたが強すぎるのです。
私は、弱くない」


「そうじゃ。お佐那さまは強い!
乙女姉やんよりも、強い!」

「御仁王さま?」

「そうじゃ、坂本の御仁王さまじゃ!」


ようやく笑顔を見せる佐那。


とそこへ、浦賀に、異国の船が現れた!との報告が。
それを聞いた龍馬が駆け出す。

江戸の町は蜘蛛の子を散らすような大騒ぎ。

これぞ、世に言う黒船来航



一方、土佐では。
武市さんは、剣術だけではなく、学問も教え始めた。

鳥籠売りに戻った弥太郎は、
龍馬が江戸から戻って道場を開けば、皆そちらに集まるとからかう。

しかし、武市道場は盛況。
武市さんの道場に嫉妬した弥太郎も、対抗して自分の岩崎塾を開く。

だが、こちらはまるで学ぶ気のない子どもの寄せ集めw

とそこへ、加尾が訊ねてきて。

「私、縁談を断りました。
弥太郎様、私に学問を教えてくださいませ」


天にも昇るような大喜びの弥太郎w


加尾が一体、どういうつもりなのかが不明ですが。(^^;

武市道場は、すげーっすね。
稽古風景がかっけー!
本格的!て感じです。

悔しさをバネにってカンジでしょうか。



そして、黒船。
予告では、龍馬が剣で船に対抗するようなシーンが。

なんか、数年前の「新撰組!」を思い出しますw


やー、今回は凛々しくも美しい、お佐那さま(しほり嬢)が
見られて満足でございます。

キャスト

坂本龍馬…福山雅治

(江戸)
千葉佐那…貫地谷しほり
千葉重太郎(千葉道場の塾頭)…渡辺いっけい
千葉定吉(北辰一刀流の師範)…里見浩太朗

桂小五郎…谷原章介

(土佐)
坂本乙女(龍馬の姉)…寺島しのぶ
坂本権平(龍馬の長兄)…杉本哲太
坂本八平(龍馬の父)…児玉清

平井加尾…広末涼子
平井収二郎…宮迫博之
岡田以蔵(後の人斬り以蔵)…佐藤健
武市半平太(酒一杯で酔っ払い)…大森南朋

岩崎弥次郎(弥太郎の父)…蟹江敬三
岩崎弥太郎(後の三菱グループ創始者) …香川照之


過去記事⇒
第1回 第2回 第3回


当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒ コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログ「ブラック・キャッスル」から送ります。



[追記]
記事を開くとエラー落ちしてしまう状態なので、
頂いたコメントへの返信をここに書きます。

>manaさん
コメントありがとうございます。
歴代のハモネプの収録アルバムとか、
発売されたらいいですよね。

私は逆に歴史は好きだけど、時代劇はわりと
ニガテなので、大河はあまり数多く観てませんが、
今年の大河は、一年、楽しく観れそうですよね♪

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック

  • 【龍馬伝】第四回

    Excerpt: 江戸に入った龍馬は、早速、千葉道場に挨拶に行く。千葉道場では、道場主・千葉定吉の娘・佐那が龍馬と立ち会い、龍馬はこてんぱんにやられてしまう。佐那は千葉道場の鬼小町と言われており、誰も勝てる者はいないの.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-01-24 22:15
  • 龍馬伝4 どうしてどうして出会ってしまったのぉ私達 by佐那

    Excerpt: いやあぁ今日は楽しかったなあ。 やはり江戸は広いしぃ、 人もいっぱいいてお祭り騒ぎだしぃ 何か楽しいことが一杯ありそーな予感? これはもう龍馬だけじゃなく 観てるこちらまでウキウキしてく.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-01-24 22:20
  • 龍馬伝 第4回「江戸の鬼小町」

    Excerpt: 龍馬の江戸行きによって関係する多くの人が刺激を受け、いい意味で影響を受けて向上心が芽生えつつある印象を受ける話でした。まず土佐では武市さんと岩崎弥太郎の2人で、弥太郎にずばっと指摘されたように龍馬がい.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2010-01-24 22:21
  • 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者4鬼小町に完敗した龍馬はけいこに励み鬼小町も敵わぬ強さを身に付けた

    Excerpt: 大河ドラマ「龍馬伝」第4話は江戸についた龍馬は早速千葉道場に入門するが、入門早々千葉定吉の娘の佐那の素早い剣に打ち込まれてしまい、完敗した龍馬は厳しいけいこを始めた。一方で江戸の街を見る事も目的とした.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-01-24 22:33
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第4話「江戸の鬼小町」

    Excerpt: 江戸での出会い----------!!ついに龍馬は江戸へ!!そこでまずはお世話になる北辰一刀流の千葉道場へ挨拶へ向かう事に。そこでは女や子供まで剣術に励むよう。だが、本物の道場はまた別格!!この差は分.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-01-24 22:34
  • 『龍馬伝』 江戸の鬼小町

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメントついに江戸へ入った龍馬。見るものすべてが珍しいようです。「日本橋でも見物に」という溝淵の誘いをことわり、さっそく千葉道場へ挨拶に。大先生の千葉貞吉に紹介状をわたすと.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2010-01-24 22:41
  • 龍馬伝~第4回 感想「江戸の鬼小町」

    Excerpt: 龍馬伝ですが、坂本龍馬(福山雅治)は殷賑の江戸の街に着きます。火を吹く大道芸人や浮世絵、松の盆栽など色彩豊かで人も多いですが、龍馬は「みんな生き生きしちょるのう」と喜びます。千葉道場では女子供相手の剣.. Weblog: 一言居士!スペードのAの放埓手記 racked: 2010-01-24 22:43
  • 龍馬伝 第4回 江戸の鬼小町

    Excerpt: 『江戸の鬼小町』内容江戸に到着した龍馬(福山雅治)と溝渕(ピエール瀧)龍馬はまず“北辰一刀流”千葉道場にあいさつに行く。子供達に稽古をつける千葉重太郎(渡辺いっけい)道場主・千葉定吉(里見浩太朗)は、.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2010-01-24 22:54
  • 龍馬伝 第4回 「江戸の鬼小町」

    Excerpt: あらすじ 江戸の千葉道場に入門した龍馬(福山雅治)は、師匠・定吉(里見浩太朗)の娘、佐那(貫地谷しほり)に打ち負かされるが、佐那は龍馬に恋 Weblog: 青いblog racked: 2010-01-24 23:03
  • 大河ドラマ 龍馬伝 4話

    Excerpt: 今日も、ましゃは男前やったぁ~。 上半身の筋肉&割れた腹筋。 サボってないわぁ~。   私のお腹、鏡もちみたいになってるぅ~。   佐那の 「私は・・・弱くない・.. Weblog: お地蔵さまの寄り道 racked: 2010-01-24 23:08
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第4回 「江戸の鬼小町」

    Excerpt: 貫地谷しほりの千葉佐那(漢字なのね)役 期待通り、いや期待以上に善いね~ 彼女が将来、龍馬と恋に堕ちて(自称)奥さんになるのだが 「鬼小町」と呼ばれた、 負けん気の強い、キリっとした姿 緒川.. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2010-01-24 23:09
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第4回 「江戸の鬼小町」

    Excerpt: 貫地谷しほりの千葉佐那(漢字なのね)役 期待通り、いや期待以上に善いね~ 彼女が将来、龍馬と恋に堕ちて(自称)奥さんになるのだが 「鬼小町」と呼ばれた、 負けん気の強い、キリっとした姿 緒川たまきを超.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2010-01-24 23:10
  • 【龍馬伝】第4回感想と視聴率

    Excerpt: 【第4回視聴率は1/25(月)夕方迄に追加予定】「江戸の鬼小町」龍馬(福山雅治)と溝渕(ピエール瀧)は、もう江戸に着きました。でも、30日かかったそうです。 龍馬は、千葉道場へ行きました。千.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-01-24 23:36
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第4話「江戸の鬼小町」

    Excerpt: こちらは本家「空想野郎の孤独語り」ミラーブログになります。 コメントなど、本家に頂けたら嬉しいです♪ http://engage10.exblog.jp/12025015/ うう�... Weblog: 空想野郎の鏡語り racked: 2010-01-25 00:24
  • 龍馬伝 第4話「江戸の鬼小町」

    Excerpt: 坂本龍馬は土佐を出発してから30日経ったその日 江戸に到着した。 Weblog: 渡る世間は愚痴ばかり racked: 2010-01-25 00:26
  • 【大河ドラマ】龍馬伝第4回:江戸の鬼小町

    Excerpt: 画面がピンク色(ノ∀`)アチャー【今回の内容】・龍馬は北辰一刀流の千葉道場に入門 佐那と手合わせするもボロ負けする 龍馬の助言で千葉道場の初心者部門に太鼓導入・土佐では着々と門人を増やす武市 弥太郎に.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2010-01-25 00:29
  • 龍馬伝  第4話「江戸の鬼小町」

    Excerpt: ついに龍馬江戸へ!! 竜馬の思いを抱き生涯独身を通したという・・ 千葉道場道場主の娘佐那との出会いの物語 千葉道場1の腕を持ち 剣�... Weblog: shaberiba racked: 2010-01-25 00:34
  • 龍馬伝「江戸の鬼小町~開眼のヒーロー」

    Excerpt: 「土佐より参りました坂本龍馬と申します」 おばんです。 土佐のシーンがぐんと減りましての今回。 貫地谷しほりさん(千葉さな子)が香川さん(弥太郎)にとって代わり大活躍です。 香川さんはナレ.. Weblog: よかったねノート 感謝の言葉にかえて racked: 2010-01-25 01:50
  • 「龍馬伝」第4回

    Excerpt:    第4回「江戸の鬼小町」江戸に到着した龍馬は、北辰一刀流の名門である千葉道場に入門する。龍馬は道場主の定吉の息子、重太郎に案内されて道場に入るが、そこにいた佐那から腕試しをしたいと言われる。素早い.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-01-25 06:07
  • 龍馬伝 第4話

    Excerpt: 「龍馬伝」(第4話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,広末涼子,寺島しのぶ,貫地谷しほり,宮迫博之,杉本哲太,佐藤健,奥貫薫,渡辺いっけい,谷原章介,ピエール瀧,松原智恵子,蟹江敬三,倍.. Weblog: paseri部屋 racked: 2010-01-25 08:01
  • 龍馬伝4 「江戸の髭小五郎」

    Excerpt: 広い世界を観に行ったのに、剣術修行しかしてない事に、お怒りの乙女ねえやんの手紙を貰った竜馬は、ファブリーズに連れられ添い寝プレイが出来る飯屋に行くすると、そこには・・・なんとヅラが「君はヒゲにしか 興.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2010-01-25 08:38
  • 龍馬伝 江戸の鬼小町

    Excerpt: ついに江戸の街に着いた、龍馬(福山雅治)と溝渕(ピエール瀧)。見るもの聞くものが全て珍しい中、千葉道場にあいさつに行きます。 ここは大きな道場で、女子供にも稽古をつけつつ、一方では全国の猛者達も.. Weblog: のほほん便り racked: 2010-01-25 08:44
  • 福山雅治『龍馬伝』第4回★貫地谷しほり登場!!

    Excerpt: 『龍馬伝』第4回:江戸の鬼小町  龍馬が30日かけて江戸に到着。  まさか、150年後には自分の名前が冠された”高知龍馬空港”からあっと言う間に東京に到着するなんて、さすがの龍馬でも想像できな.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-01-25 11:42
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第四回 『江戸の鬼小町』感想

    Excerpt: 感想のみ書きます。色々突っ込みも入れているんで苦手な方は回避して下さい。今回は北辰一刀流千葉道場が舞台ですね。鬼小町=千葉佐那の竹刀さばきが凄まじく早い・・・・・竹刀を握っていたのは女性剣士の方ですよ.. Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-01-25 14:18
  • 「龍馬伝」4 ☆☆☆

    Excerpt: うわ、下手なラブシーンよりドキドキでした。道場で鬼小町を組み伏せる龍馬(><)うっかり覗いちゃう兄(←龍馬の励ましが、途中まで愛の告白に聞こえなくも無いところもニクイ ... Weblog: ドラマでポン racked: 2010-01-25 14:20
  • 龍馬伝 第4話「江戸の鬼小町」

    Excerpt: 江戸に到着した龍馬(福山雅治)は、北辰一刀流の名門・千葉道場に入門する。 千葉定吉(里見浩太朗)の息子・重太郎(渡辺いっけい)に案内されて道場に 入ると、女剣士・佐那(貫地谷しほり)と龍馬が対戦す.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2010-01-25 16:39
  • 『龍馬伝』 第4話

    Excerpt: 活気溢れる江戸の町を目の当たりにした龍馬は意気揚々と…溝渕の江戸見物の誘いを断ります^^「わしは剣術修行で来たがですきぃ。まずは千葉道場にご挨拶に」北辰一刀流の創始者で、千葉道場の総師範・千葉周作の弟.. Weblog: 美容師は見た… racked: 2010-01-25 18:35
  • 龍馬伝 第4回 「江戸の鬼小町」

    Excerpt: ついに、江戸に到着。 溝渕広之丞(ピエール瀧)は、何をしに江戸に行ったのでしょうか? 確か関所では、学問修行のためとか…。 龍馬(福山雅治)は、ちゃんと千葉道場に通っていま.. Weblog: さぁ、行くよ ~僕は君に会う為に生まれてきたのかもしれない~ racked: 2010-01-25 23:10
  • ドラマ「龍馬伝」第4回 鬼小町・貫地谷しほりさんも笑い泣く

    Excerpt: さすがは福山雅治さん、千葉道場に入ったと思ったら、あまた門弟を押しのけて、もう貫地谷しほりさんの頑なな心を溶かし、笑わせ、そして泣かせてしまうとはどんなに強く誇り高い鬼剣士でも、心を揺さぶられてはただ.. Weblog: 今日も何かあたらしいこと racked: 2010-01-26 07:08
  • 『龍馬伝』第4話

    Excerpt: 第4話『江戸の鬼小町』「さかともくん」by桂小五郎いよいよ江戸に到着―おのぼりさん全開ではしゃいだかと思うと、観光の誘いも断り千葉道場へ挨拶に行く律儀な龍馬。遊びを優先させる溝渕とは、ここで既に差が?.. Weblog: もう…何がなんだか日記 racked: 2010-01-26 09:53
  • 《龍馬伝》☆04

    Excerpt: 龍馬たちは土佐を発って30日かかって江戸に入った。 まず世話になる千葉道場に挨拶に行った。第道場では、子供たちが黄色い声で英、やあとやっていた。そこを覗くと千葉重太郎がいた。近頃は、女、子供商人たちが.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-01-26 21:30
  • 龍馬伝 #04 江戸の鬼小町

    Excerpt: 大河ドラマの 『龍馬伝』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)江戸と土佐今回のお話は土佐に残された武市氏と、多度津から無... Weblog: ビヨビヨ素材日記2 racked: 2010-01-27 02:42
  • ★「龍馬伝#4」鬼小町の笑顔♪

    Excerpt: 江戸に着いた龍馬。まずは千葉道場へご挨拶に~いきなりの千葉の鬼小町との対戦に~龍馬。。手も足もでません~大河ドラマ「龍馬伝」公式ページ日々熱心に稽古に励む龍馬はめきめき上達したのかな?朝の子供たちのお.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2010-01-27 22:46