ドラマ「新撰組 PEACE MAKER」第3話

第三話「監察」

あらすじ(公式サイト)
新撰組への入隊を認められ、土方歳三(谷内伸也)の小姓となっている鉄之助(須賀健太)。
監察(情報収集に走り回る密偵)の山崎烝(榊原徹士)と出会い、ライバル心を抱いた鉄之助は、 よりいっそう「強くなりたい」という気持ちを強めていた。
長州側の動きが目につき始めた折、いつか火事の際、助けた沙夜(滝澤史)が浪人たちに囲まれているのを見た鉄之助は、 新撰組の立場を忘れて喧嘩を始めてしまう。沖田総司(柳下大)らが加わったことで、騒ぎは苦い結末を迎えてしまい…。  


今回は、話としては面白かったぞ。


前回の終わりに、鉄之助を襲ったのは、監察、
今で言うスパイの山崎烝。

その仕事がカッコイイ!と思った鉄之助は、
自分も監察になると言い出し、
山崎の後を付回し、仕事の邪魔をする。(^^;

そこで、いつぞや火事場から助けた娘が、
浪人たちに絡まれているのを見つけ、乱入。
素手の鉄之助は、数人相手に、小さい体で
すばしっこさを利用して、なかなかやるね♪

しかし、相手が刀を抜き、状況が一転。

そこへ、左之助、新八、平助、沖田らが、
「通りすがりの正義の味方」と称して助っ人に入り、
鉄之助と娘を逃がしてくれる。

だが、その時、鉄之助が沖田の名を呼んだことで、
相手が新撰組の沖田だと気づき、沖田はその男を
斬り伏せてしまう。

それを知った鉄之助が、
「何も殺さなくても!」と怒鳴り込むと、
沖田は、「局中法度」を教える。

一、士道ニ背キ間敷事
一、局ヲ脱スルヲ不許
一、勝手ニ金策致不可
一、勝手ニ訴訟取扱不可
一、私ノ闘争ヲ不許

右条々相背候者切腹申付ベク候也


新撰組の者と相手に知られた時点で、
沖田は相手を斬らざるを得なかった。

最初、「取りすがりの正義の味方」として
名を伏せていたのは、そのためのもの。

それが、土方が考えた、新撰組の鉄の掟


そして、その法度の唯一対象外となるのが小姓。

鬼にさせて欲しい!と入隊を許された鉄之助だが、
いま一度、その覚悟の程を問われる。



まだまだ鉄之助は、甘ちゃんてこってすよ。
そういう新撰組の厳しさを教えると同時に、
今まで賑やかし役だった三バカwの新八らが、
実は腕が立つってところを見せたってのが、大きい。

3話目にして、ようやく見られるようになったか。

そーいや、鉄之助が助けた沙夜って娘、
もうちょっと守ってあげたくなるような可愛い子が良かったな。(^^;

キャスト

(新撰組)
市村鉄之助…須賀健太

沖田総司…柳下大
市村辰之助…古川雄大
山南敬助…上山竜司
土方歳三…谷内伸也
山崎烝…榊原徹士

山崎歩…原幹恵

永倉新八…松川尚瑠輝
原田左之助…伊﨑右典
藤堂平助…佐野泰臣
沙夜…滝澤史

近藤勇…遠藤章造

(長州)
桂小五郎…ユキリョウイチ

北村鈴…野村周平
古高俊太郎…前田健
宮部鼎蔵…脇﨑智史
明里…中島愛里
真夜…大塚シノブ

吉田稔麿…荒木宏文


過去記事⇒
第一話 第二話

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのトラックバック