劇団☆新感線「ゲキ×シネ 蜉蝣峠」試写会

ぴあさん、ありがとう!


てなわけでw
劇団☆新感線舞台「蜉蝣峠」ゲキシネ版
試写会に行って参りました!


「蛮幽鬼」で新感線デビューを果したので、
この「蜉蝣峠」のゲキシネも観る予定でした。

ダメ元で試写会に応募したけど、ダメなら前売り買ってでも
(通常の映画よりお高いからね)
観るつもりでしたが、試写会当たっちゃうんだもん♪

前々から相性いいけど、ホントにぴあとは愛称ピッタリのよーです。
今まで送って当たらなかったの、2~3回だもんな。

ぴあさん、これからも、よろしくお願いします!!




前置きが長くなりましたが、

いのうえ歌舞伎・壊PUNKと銘打った今作品、
「蜉蝣峠」は、「かげろうとうげ」と読みます。

脚本は、クドカンこと、宮藤官九郎


クドカン脚本の芝居って、これでまだ2度目で言うのもなんだけど、
クドカンは、映像より芝居の方が凄いかも!

「蛮幽鬼」で新感線デビューしたけど、
むしろ、この「蜉蝣峠」で新感線デビューしたかったかも!

これは生で観たかった!



以下、チラシの文面を借りながら、キャスト。
ネタバレも含みます。



阿呆かと思うと滅法腕が立つ、謎を秘めた闇太郎<古田新太>

主演の古田さんが、めちゃくちゃカッコいい!!

てゆーか、舞台上の古田さんって、
なんであないにカッコいいんですか!?

(興奮しすぎて、文字打ち間違えすぎて修正が大変w)

惚れてしまいそうです~~~。
新感線の看板役者というのも、頷けますね。

古田さんの闇太郎を観るだけでも価値あり!
刀と下駄を振り回しての大立ち回りが素敵過ぎます。



この世に望みはないのか?
クールに人を斬り殺す孤高の男、天晴<堤真一>


軍鶏(シャモ)。
しかも、関西弁のw

天晴は、ある意味、一番の悪党だと思います。
長く垂らしたおぐしが、よくお似合いでした♪



闇太郎の過去を知る宿命の女・お泪<高岡早紀>

古田さんに、必要以上に迫られてましたねw
色々書くと、本気でネタバレになるんで、伏せときます。



大事なモノをなくしても能天気な旅役者・銀之助<勝地涼>

可愛かったです、おかしちゃんw
ちょっとおバカなところも良しw
最後のあのいでたちは……銀ちゃん!(;;)



江戸帰りでハクをつけた極道一家の跡取り・サルキジ<木村了>

こっちも、ある意味おバカ。
でも、まさかあんな秘密を抱えていただなんて!
そう考えると、可哀相な子です。



25年前の忌まわしい事件の生き証人、飯屋のがめ吉<梶原善>

源さんw
まさか、この目くらの爺さんのせいだったとは。



声はでかいが気は小さい、立派組の親分、立派<橋本じゅん>

なんと言っても、
「YAKUZA IN HEVEN」!!
あのお三人さんで、パフュームが観られるとはw



弟・天晴を溺愛する立派の女房・お寸<高田聖子>

こちらは新感線の看板女優ですね。

いいですよね~浮気性なところがまたw



口ばっかりの用心棒・流石先生<粟根まこと>

何度か拝見してますが、いつもこういう役回りなんですけどw
ちょっとインテリぶって、偉そうなんだけど、ハクだけってゆー。





タイトルが「蜉蝣峠」というのも、たまらんですな。

ラストの終わり方も、ぐっとクるもので、非常に良かったです。

これなら、お金出してもっかい観に行ってもいいなぁ♪



関連記事⇒
「蛮幽鬼」感想。


当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒ コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログ「ブラック・キャッスル」から送ります。

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック

  • お薦め映画『ゲキ×シネ 蜉蝣峠』

    Excerpt: ★★★★おトク感いっぱいで劇場を後に出来る。 そして次は是非「劇団☆新感線」を生で観たいと思うだろう。 最近舞台を観たくても観られない私としては、こういうスクリーン版が見られるだけで単純にうれしい。 Weblog: ♪心をこめて作曲します♪ racked: 2010-03-02 23:54