大河ドラマ「龍馬伝」第7話

第7回「遙かなるヌーヨーカ」 視聴率20.2%


15ヶ月ぶりに土佐に戻った龍馬は、千葉定吉の手紙を携えていた。

坂本龍馬君は、剣術の才あり。
いずれまた、江戸に戻られ、剣術の修行をされたし。


龍馬がやる気なら、ぜひとも!と意気込む父は、病を患っていた。


久しぶりの土佐を歩き回る龍馬。

「攘夷」の旗頭を掲げる武市道場では、
武市さんは塾生らに「武市先生」と呼ばれていた。

凄みが増してるよ、武市さん。(-□ー;;


嫁に行ったはずの加尾とも再会。
弥太郎に学問を学んでいたが、色々あってやめたと告げられる。


弥太郎に「わしの嫁になってくれ!」と告白された加尾は、

その場で土下座し、「私には、私には…っ!」と言葉を詰まらす。

「! まだ龍馬を!?」と、弥太郎が悟り、

「さようなら!」と、慌てて逃げ去る加尾。


失恋の痛手から無理やり立ち上がった弥太郎は、

「わしは日本を動かす男になるがじゃ!」と一念復帰!

龍馬は、河田小龍(リリー・フランキー)の家へ向かおうとする
弥太郎と共に行き、そこで、饅頭屋の長次郎(大泉洋)と再会。


「ヌー ヨーカ!」

ジョン万次郎から伝え聞いた話を話す小龍。

アメリカがいかに豊かかという説明で半数が去り、
世界地図を見せ、日本と言う島国が世界でいかに小さいかを説き、
武市さん、弥太郎、龍馬以外が去る。

いかに異国と戦うかの軍略を聞きに来た武市さんはあてが外れ。

それをせせら笑う弥太郎は、
「どういたらわしが金持ちになれるかじゃ?」と問うも、

「そんなもんは、金持ちに聞け。お前も失格じゃ!」と笑う小龍。


武市さんと弥太郎は、いがみ合い。

それを押しとめる龍馬の言葉に、小龍は楽しげに笑う。



その数日後、弥太郎が江戸に出立。
家族に見送られるも、末っ子がおもらしして、しまらない別れw


ある朝、坂本家に小龍が訪問。

黒船を「海から押し寄せる波」と例えた龍馬に、
「それはどんな波かの。わしに教えてくれ」と問う。

その時、龍馬の父が、倒れる。小龍が知り合いの医者を呼ぶ。

床に伏せる父の姿に、
「わしは何も知らんと、江戸で好き勝手なことを!」と自責する龍馬。


飯を食い、風呂に入り、ゆるりと坂本家に居座る小龍が、
再度、黒船と言う波について問い。

皆に、黒船の模型を見せる龍馬。

「どういたら黒船を作れるかな思うて」
黒船の仕組みについて考えていたことを打ち明ける。


父を気遣う龍馬に、厳格な父は言う。

「龍馬。わしに構うな。
おまんは剣を振り、書を読み、
侍が己を磨き、高めよういう気持ちを忘れたら、
生きてる意味がないぜよ。
この世に生まれたら、己の命を使いきらなあかん。
使い切って、生涯を終えるがじゃ」


父に長生きして自分が成すことを見ていて欲しいと龍馬が頼むも、

「おまんは、一回りも二回りも大きゅうなって
江戸から帰ってきたぜよ。
それだけで充分ぜよ。
成長が、親にとっては一番の幸せなのじゃ」




龍馬は、かつて学んだ日根野道場でも、剣術の腕を披露。

その後、小龍の本『漂巽紀略』を読み漁る龍馬。


その夜、床に伏せる父と、隣室で絵を描く小龍が対話を。

年取ってからできた子ゆえに、別れが早いのは覚悟していたが、
それでも、まだずっと見守りたいと心配する父。

「龍馬は、花を咲かせてくれる、ですろうか?」
という問いに。

「この家は、実に気持ちがよろしい。
皆がそなたを敬い、慕い、心配しちゅう。
人の温かみゆうもんが、ここには満ちちゅう。
そういう家じゃき、あの末っ子は、
優しい男になったがじゃろうのう。

けんど、あれはなかなか太いぞ。
きっと大きい花を咲かせるぜよ、龍馬は」


苦笑しながら答える小龍に、満足げに涙を浮かべる父。

「そうですか。
その花が、見たかったの……」




小龍の書いた本を読み学んだ龍馬の提案で、
翌朝、坂本家は一家総出で浜へ。


砂浜に世界地図を描いていた龍馬は、
「黒船を作ったら、どうするか」の答えを、皆に話す。

「黒船を海に浮かべて、
わしは、この一家皆を乗せるがじゃ。
ほんで、世界を見て回る!」


土佐を出て、西に向かって、清国、インド、エジプト、
南に下ってアフリカ、ヨーロッパ、大西洋を越え、最後にはアメリカへ。

そんな龍馬の考えに、父は涙を流し、

「おまんは、そういうことを考えちょったか。
楽しそうな旅じゃ。みんなで行くがぜよ。
こんな嬉しい日は、初めてじゃ」




そうして、数日後、坂本八平、没。



最後に、小龍先生が描いていたのは、龍の絵。
龍馬を描いておりましたかw

リリーさんが演じてるとあって、
飄々として、つかみどころのない感じがいいっす♪


お父さん、亡くなってしまいましたね。(;;)
確かに、あの坂本家で生まれ育ったということが、
龍馬の原点だって気はしますね。



それに比べて、江戸へ向かったはずの弥太郎は……
どうも父の不始末で苦労するようで?


そうそう、数日前のニュースによれば、
岩崎家で、弥太郎の母が溜め込んでいた、
へそくりの小銭が入ったかめが見つかったとか。

それも、ドラマの描写を見てから探してみたってのがw

キャスト

坂本龍馬…福山雅治

坂本乙女(龍馬の姉)…寺島しのぶ
坂本権平(龍馬の長兄)…杉本哲太
坂本八平(龍馬の父)…児玉清

饅頭屋長次郎(小龍の弟子)…大泉洋
河田小龍…リリー・フランキー

平井加尾…広末涼子
平井収二郎…宮迫博之
岡田以蔵(後の人斬り以蔵)…佐藤健
武市半平太(酒一杯で酔っ払い)…大森南朋

岩崎弥次郎(弥太郎の父)…蟹江敬三
岩崎弥太郎(後の三菱グループ創始者) …香川照之


過去記事⇒
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回


当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒ コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログ「ブラック・キャッスル」から送ります。

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック

  • 第7回「遥かなるヌーヨーカ」

    Excerpt: 無事に、長旅を終えて高知に戻ってきた龍馬。なにか、たくましくなった気がする。「江戸に行けて本当に良かった」千葉道場での思い出…そして、剣術の才能があるがゆえにもう1度戻ってきてほしいとは憎い男よ。この.. Weblog: 政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~ racked: 2010-02-14 21:56
  • 『龍馬伝』第7回

    Excerpt: ~遥かなるヌーヨーカ~ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-02-14 22:01
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第7話「遥かなるヌーヨーカ」

    Excerpt: 龍馬、再び土佐へ--------------!!15か月ぶりの家族との再会。乙女姉さんにはしっかり世の中を見てきたかと、まずくぎを刺されたのは末っ子だから仕方ないかね。「私は剣の道を極めとうございます.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-02-14 22:01
  • 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者7ジョンの話を聞いた龍馬は世界の広さを知り壮大な夢を父と家族に語るのだった

    Excerpt: 大河ドラマ「龍馬伝」第7話は江戸から戻ってきた龍馬が黒船の襲来で土佐の情勢が大きく変化していた。そんな中弥太郎は江戸へ行ける事を龍馬が知り、その中で加尾にふられた事も知る。そんな中龍馬は川田小龍と出会.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-02-14 22:02
  • ★「龍馬伝#7」居候~小龍センセ♪

    Excerpt: 剣術所業を終えた龍馬が~土佐に戻って来ました~坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 武市半平太(大森南朋)桂小五郎(谷原章介) 乙女(寺島しのぶ) 加尾(広末涼子)佐那(貫地谷しほり) 饅頭屋.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2010-02-14 22:08
  • 龍馬伝 第7話

    Excerpt: 「龍馬伝」(第7話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,広末涼子,寺島しのぶ,杉本哲太,大泉洋,宮迫博之,佐藤健,島崎和歌子,奥貫薫,リリー・フランキー,松原智恵子,蟹江敬三,倍賞美津子,.. Weblog: paseri部屋 racked: 2010-02-14 22:14
  • 龍馬伝7 龍馬もドラクエ6で夢交換しない?

    Excerpt: ヌーヨーカよりもバンクーバが気になってたけど オリムピックは初日からずっこけてしまったしぃ 下手うつとメダル1個でおしまいかな。 龍馬伝OP曲が何故か うらみま~すぅ♪ と聞こえたりしてぇ~.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-02-14 22:27
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第7回 「遥かなるヌーヨーカ」

    Excerpt: 以前にも書いたが この時点でのアメリカは 世界の中では二流国も二流国、 決して世界の最先端の強国ではなかった。 そのアメリカ如きの脅しに屈して 日本は開国し、一方的に不利な条約を結ばされ.. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2010-02-14 22:37
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第7回 「遥かなるヌーヨーカ」

    Excerpt: 以前にも書いたが この時点でのアメリカは 世界の中では二流国も二流国、 決して世界の最先端の強国ではなかった。 そのアメリカ如きの脅しに屈して 日本は開国し、一方的に不利な条約を結ばされた。 そして.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2010-02-14 22:37
  • 「龍馬伝」 第7回、遥かなるヌーヨーカ

    Excerpt: 大河ドラマ「龍馬伝」。第7回、遥かなるヌーヨーカ。 タイトルは、New York だったんですね。 何だかインパクト重視というか、ネタ重視的なタイトルですねw 今回は、久しぶりの土佐編です。 .. Weblog: センゴク雑記 racked: 2010-02-14 22:48
  • 龍馬伝 第7回 「遙(はる)かなるヌーヨーカ」

    Excerpt: あらすじ 剣術修行を終え江戸から龍馬(福山雅治)が帰ってくる。龍馬は弥太郎(香川照之)に誘われて河田小龍(リリー・フランキー)を訪ね、そこで Weblog: 青いblog racked: 2010-02-14 23:05
  • 【龍馬伝】第七回

    Excerpt: 龍馬は15ヶ月振りに土佐へ帰ってきた。龍馬くんは剣術の才あり。いずれまた江戸へ戻って剣術を磨かれたし。と書かれた千葉定吉からの手紙を龍馬は父・八平に渡す。すぐにでも、また旅立たせなくては、と言う八平は.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-02-14 23:09
  • 『龍馬伝』 遥かなるヌーヨーカ

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメントひとまず江戸での修行を終え、土佐に帰った龍馬は、父をはじめ家族のみなに暖かく迎えられます。しかし、父の身体は病にむしばまれていました。ただ、本人は「龍馬には言うな」.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2010-02-14 23:46
  • 大河ドラマ 龍馬伝 7話

    Excerpt: 第7話 「遥かなるヌーヨーカ」 本日、バレンタインday 女性が、愛を告白する日。 ましゃのお口に「あぁ~ん」がしたいです。 残念ながら、このチョコ、息子のお口に。。。  .. Weblog: お地蔵さまの寄り道 racked: 2010-02-15 00:17
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第7回 「遥かなるヌーヨーカ」

    Excerpt: 児玉清さんが演じる龍馬パパが凄くカッコいいです。桂浜(らしき所)で龍馬の家族が海 Weblog: くまっこの部屋 racked: 2010-02-15 00:21
  • 【大河ドラマ】龍馬伝第7回:遥かなるヌーヨーカ

    Excerpt: ラストの余韻が心地よい回でしたね。【今回のまとめ】・土佐に戻ってきて、家族から温かく迎えられる龍馬 武市道場に顔を出すと、攘夷を叫ぶ半平太や皆の変わりぶりに困惑 加尾が縁談を断ったと知りビックリ 弥太.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2010-02-15 00:58
  • 「龍馬伝」第7回

    Excerpt:    第7回「遥かなるヌーヨーカ」江戸での剣術修行を終えた龍馬は土佐に帰る。土佐では、半平太がかつての仲間たちから“先生”と呼ばれるようになっていた。一方、弥太郎は加尾に結婚を申し込むが断られてしまう.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-02-15 05:32
  • 龍馬伝「遥かなるヌーヨーカ~憧憬のヒーロー」

    Excerpt: 第7話、素敵なエピソードが満載でした。ひとつの風景のような家族に今回も出会いました。 龍馬、江戸から帰る、 龍馬、土佐に帰る、 家族の待つ、父の待つ、坂本家。 (バレンタインデイの今日、 .. Weblog: よかったねノート 感謝の言葉にかえて racked: 2010-02-15 08:27
  • 福山雅治『龍馬伝』第7回★リリー・フランキー登場

    Excerpt: 『龍馬伝』第7回:遙かなるヌーヨーカ  リリー・フランキーが登場しました。  ”大河ドラマ”と”月9ドラマ”で、独得の雰囲気を発散しながら我が道を行く男・リリー・フランキー!!  あと、児玉清も.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-02-15 10:42
  • 【龍馬伝】第7回感想と視聴率「遥かなるヌーヨーカ」

    Excerpt: 【第7回視聴率は2/15(月)夕方追加予定】河田小龍先生(リリー・フランキー)、風変わりな人でしたね。龍馬のことが気に入って、坂本家にやってきました。それもそのまま、泊り込むなんて♪前回の熱い吉田松陰.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-02-15 11:40
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第七回『遥かなるヌーヨーカ』

    Excerpt: 感想というか呟きというか。家族で見ているんで、時折ボソっと突っ込みやら何やらそれぞれ色々呟いてます。そういうのが苦手な方はスルーお願い致しますタイトルを見て先週ダンナが呟いた「ヌーヨーカ・・・・・?ヌ.. Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-02-15 14:29
  • 龍馬伝第7話(2.14)

    Excerpt: 土佐に戻った坂本龍馬@福山雅治が武市半平太@大森南朋らの変貌に驚き、 坂本八平@児玉清が息子龍馬の成長を感じ、安心して亡くなったというお話。 黒船襲来に対して、龍馬が『日本も黒船を作ればいい』と 龍馬.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2010-02-16 03:15
  • 龍馬伝 #07 遥かなるヌーヨーカ

    Excerpt: 大河ドラマの 『龍馬伝』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)河田小龍先生との出会い今回のお話は龍馬が江戸から土佐に戻っ... Weblog: ビヨビヨ素材日記2 racked: 2010-02-19 20:22