劇場への招待「ガス人間第1号」

NHKで放送された舞台「ガス人間第1号」を観ました。


何でも、この作品、元は過去にあった特撮映画だそうで。

それを、後藤ひろひと氏が舞台化した作品です。


冒頭で、劇場内が映って、それが妙に懐かしかったです。
シアター・クリエ。
さすがに、また行く機会ってのは、おそらくないと思うけどw



あらすじは、ざっくり書くと、

過去の恨みから、音楽活動しようとしても邪魔され、
デビューできずじまいの元歌手・藤田千代のため、
彼女を邪魔しようとする人間を次々と殺していく男。

その男の正体は、人体実験で自分の脂肪をガス化し、
自由に操ることのできるガス人間。

愛する千代のために、殺人を続けるガス人間と、
そんなガス人間を愛し、彼のために歌おうとする
千代の悲恋の物語。


と書きましたが。
(てゆーか、若干書きすぎ)

そこは、脚本・演出が大王ですからw

笑いあり、サスペンスあり、そして、最後に泣かす。



くう。
前に「カビ人間」でも泣かされたけど、
今度は「ガス人間」かー!(><。)

高橋一生さん演じるガス人間・橋本が、普段は優しい青年なのに。
千代への愛でのみ生きているのが、切なすぎる。

そもそも、人体実験を受けたのだって、千代を助けるために、
大金が必要だったから、だし。


千代を演じる中村中が歌い上げる「焼身者」がまた、クるね。


この二人の悲恋が主なので、笑いの部分は……

ガス調査員はまだしも、あの編集長は要らないや。
笑えないし。



それにしても、最後の最後に、あれは!

騙された!



三谷昇さんのあの独特の声が、いいんだなぁ♪

キャスト
橋本(楽器屋店員)…高橋一生
藤田千代(歌手)…中村中

甲野京子(週刊誌の記者)…中山エミリ
岡本(刑事)…伊原剛志

戸部(編集長)…水野透
川崎(編集部員)…悠木千帆

田端(青年刑事)…渡邉紘平
田宮(ガス調査員)…山里亮太

盲目の老人…三谷昇

久子(橋本の母)…水野久美

プロデューサー…後藤ひろひと



当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒ コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログ「ブラック・キャッスル」から送ります。

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのトラックバック