大河ドラマ「龍馬伝」第11話

第11回「土佐沸騰」 視聴率21.4%


加尾を失った哀しみを、まだ引きずる龍馬。


岩崎家では。
長崎で殿様に謁見し、商人から商売を学んでいるとの
弥太郎からの手紙を読んでいると、
当の弥太郎が戸口に立っていて。

花魁に金を貢ぎまくった挙句、藩からの金を100両も
使い果たしてしまって、お役御免に!


弥太郎の、あほーん。(-□-;



その頃、江戸城では、桜田門外の変が!
大老の井伊直弼(松井範雄)が、水戸藩士ら数人によって、暗殺される。


同じ頃、武市さんの祖母・智(菅井きん)が亡くなる。

これで。
武市さんは、守るものがなくなった?


武市道場で、下士らを煽る武市さんの姿を見ていた龍馬。

世の中と関わらずに生きられぬ。
ならば、自分から世の中に飛び込んでいくしかない。

そういうものの考え方をするようになった龍馬。

「龍馬、おまん、変わったの」と武市。



そんな中、上士と下士の関係を揺るがす大事件が!

弟の忠治郎(菊池有樹哉)を痛めつけ殺した上士を、
池田虎之進(笠原秀幸)が斬り殺した!

当然、上士が虎之進許さじ!と沸き立ち。

今まで押さえつけられていた下士たちが武市道場に集まり、
上士と戦を起こそうとする。

その暴動は、武市さんの制止も聞かず。


だが、それを龍馬が諭し、自分の刀を以蔵に預け、単身で乗り込み、
話し合いを申し出る。

「話し合いに応じてもらえませんろうか?」

その話を、吉田東洋(田中泯)が聞き入れ、
奉行職の後藤象次郎(青木崇高)と武市さんとが話し合うことに。

とはいえ、後藤が一方的に答えを出しただけだけど。

結局は、上士と下士の争いは止められるも、虎之進は切腹。

……だから、切腹は(以下省略)。



去年の大河の主役も、丸腰で説得に行くシーンがあったけど、
こっちの方が、断然、大物感があるな!

なんか、加尾の一件以来、すっかり、物腰が落ち着いたね。
それに比べて、武市さんの小物ぶりが。(^^;



人が死んで事を収めた終わり方に、納得がいかない様子の龍馬。

そんな龍馬を、武市さんが訪ねてくる。

「虎之進を殺したのは、わしぜよ」

そう悔いては見せるも。


下士を集めて一大勢力を作ることが、武市さんの目標。
そこに龍馬にも加わってほしいと頼み込むも。

「武市さんは、異国から日本を守る言いながら、
やりようことは、吉田様との喧嘩じゃ。
もう土佐の中で争う暇はないぜよ」


見透かすように龍馬がやんわりと指摘。



使い込んだ藩の金は、有意義に使ったと嘘八百で吉田東洋に
取り入った弥太郎は、郷廻りに取り立てられる。

よーするに、下士の動きを逐一報告せぇつー密告役w

弥太郎が遣いにやってきて、龍馬は吉田東洋に呼び出される。


「おんし、何かを捨てたろ?」

龍馬の変貌に、興味を示す東洋。

「坂本。おんし、明日から登城せい。
上士に取立てたるいうことじゃ」

「ちっくと、待ってっつかぁさい。
まっこと、ありがたいお話ですけんど、
答えは待ってつかぁさい。
あまりのことに、頭がボーっとしとりますき」


答えを保留してもらう龍馬。


嫁ぎ先から戻っていた乙女姉さんに、吐露する。

「わしは、息が詰まりそうでの。
ここは土佐じゃ。わしが生まれ育った所ぜよ。
けんど、どんどん自分の居場所が
のうなっていく気がするき」


居心地の悪さを感じている龍馬。


日本が変わろうとする時代に、上士だ下士だなんて争う土佐が、
龍馬には狭すぎるんだろうな。



その晩、龍馬は武市道場に呼び出され。

そこには、100余名ほどの下士たちが集まり。


遂に、土佐勤王党の発足!


武市さんは、土佐での1つ目の血判を、龍馬にと頼む。

「おまんなしにはいかんぜよ!」




武市さん。
武市さんが、どんどん小物になっていく。(><)

志は大きかったはずなのにな。

カリスマ性があって、皆から慕われる龍馬を仲間に入れ、
党の勢いをつけようっていう姑息な考えが見え見え。

人をいいように使って、使い捨て。
そんな武市さんがリーダーで、どこまで続けられるか、
土佐勤王党??


てゆーか。
いつから、龍馬は下士らからあんなに一目置かれるように
なってたんだか??

北辰一刀流の目録をもらった腕前?
武市さんと、対等に話せる立場だから?

丸腰で上士のところに1人で乗り込んでいって、
話をつけてきたから、か。にしても。(^^;


キャスト

坂本龍馬…福山雅治

坂本乙女(龍馬の姉)…寺島しのぶ
坂本権平(龍馬の長兄)…杉本哲太

平井加尾…広末涼子
平井収二郎(加尾の兄)…宮迫博之
岡田以蔵(後の人斬り以蔵)…佐藤健
武市半平太(攘夷一筋)…大森南朋

岩崎弥次郎(弥太郎の父)…蟹江敬三
岩崎弥太郎(後の三菱グループ創始者) …香川照之


過去記事⇒
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 第8回
第9回 第10回


当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒ コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログ「ブラック・キャッスル」から送ります。

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

この記事へのトラックバック

  • 「龍馬伝」第11回

    Excerpt:    第11回「土佐沸騰」龍馬は、結婚を約束した加尾が京都に送られてしまうことを知り、落胆する。そんな中、弥太郎が長崎で藩の金を使い込み、解任されて土佐に戻ってきた。一方、江戸では朝廷を無視して開国を.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-03-14 21:36
  • 龍馬伝 第11回 土佐沸騰

    Excerpt: 『土佐沸騰』内容龍馬(福山雅治)がプロポーズをした加尾(広末涼子)が、半平太(大森南朋)たちの策により、京へと向かうこととなり、ショックを受ける龍馬。同じ頃、長崎へと向かったハズの弥太郎(香川照之)で.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2010-03-14 21:42
  • 『龍馬伝』第11回

    Excerpt: ~土佐沸騰~ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-03-14 21:49
  • 龍馬伝 第11話

    Excerpt: 「龍馬伝」(第11話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,広末涼子,寺島しのぶ,杉本哲太,宮迫博之,要潤,佐藤健,島崎和歌子,奥貫薫,青木崇高,松原智恵子,菅井きん,田中泯,蟹江敬三,倍賞.. Weblog: paseri部屋 racked: 2010-03-14 21:49
  • 龍馬伝「土佐沸騰~捨身のヒーロー」

    Excerpt: さあ、ひと足お先に加尾さんが京都へ送られるということになることが決定した前回、第10話「引きさかれた愛」でした。「龍馬伝」初話から10話で一番劇場型で展開の速かった、舞台は「龍馬の家」「加尾(平井)の.. Weblog: よかったねノート 感謝の言葉にかえて racked: 2010-03-14 21:50
  • 龍馬伝11 福山龍馬クン吉田東洋にTKO負け!?

    Excerpt: またまた地震? 地震テロップが居座るのかと心配してたけど まあどちらも無事で何事もなくご同慶の至りです。 と安心してたら 大河の方はやっと歴史が動き始めた! と期待してたら わずか一分.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-03-14 21:52
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第11話「土佐沸騰」

    Excerpt: 土佐に吹き荒れる嵐----------!!乙女姉の嫁入り先は、しきたりが厳しかったり、しじみを貝殻まで勿体ないと言って食べるような家のよう。あの人ならやりかねないなぁ。でもそれで前歯を欠けさせたって、.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-03-14 21:54
  • 龍馬伝 第11回「土佐沸騰」

    Excerpt: 久しぶりに恋愛関連の話題がほとんど無い回になりました。今回は完全に龍馬の株が急上昇する結果となり、今後の龍馬の活躍を期待することができるようなきっかけがありました。それを吉田東洋がずばっと指摘するあた.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2010-03-14 22:10
  • ★「龍馬伝#11」何かを捨てて大物になった!?

    Excerpt: 乙女ねぇやんってばあいかわらず実家に入りびたりです~そして龍馬はまだ失恋の痛手から立ち直ってはいないようです坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 吉田東洋(田中泯) 桂小五郎(谷原章介)乙女(.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2010-03-14 22:11
  • 【龍馬伝】第11回感想と視聴率「土佐沸騰」

    Excerpt: 【第10回視聴率は、3/15(月)夕方迄に追加予定】今回、龍馬、カッコ良くて、ひっぱりだこでした♪武市さん、カッコ悪いです。弥太郎は最低でした。 江戸では、朝廷を無視して開国した井伊直弼が水.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-03-14 22:14
  • 【龍馬伝】第十一回

    Excerpt: 安政七年。弥太郎は藩の金を芸者に使い込み、お役ご免となって長崎から土佐に戻ってきた。この年、江戸では桜田門外の変が起こり、水戸の浪士たちの手によって大老・井伊直弼が暗殺され、土佐では、山内容堂の蟄居が.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-03-14 22:20
  • 龍馬伝 第11回 「土佐沸騰」

    Excerpt: あらすじ 江戸では井伊直弼(松井範雄)が水戸浪士たちに暗殺される桜田門外の変が起こる。土佐では上士によって下士が斬(き)られ、その仇(あだ) Weblog: 青いblog racked: 2010-03-14 22:56
  • 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者11内乱寸前で龍馬は確り現実を述べて東洋と周りの評価を上げるのだった

    Excerpt: 大河ドラマ「龍馬伝」第11話は加尾が京都に言ってからすっかり考え方を変えるようになった龍馬だったが、そこに半平太の元に大老井伊直弼が暗殺された報がもたらされ土佐は一気に攘夷の機運が高まる。これを機に半.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-03-14 22:57
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第11回 「土佐沸騰」

    Excerpt: 加尾と一緒になることが出来なかった龍馬は一皮も二皮も剥けすっかり凛々しくなってき Weblog: くまっこの部屋 racked: 2010-03-14 23:01
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第11回 「土佐沸騰」

    Excerpt: 憎っくき上士のその親玉こそが 藩主であり、元藩主の山内容堂である、 という発想自体出来ないのが 武市半平太の限界、 というか「藩主様は絶対」という田舎侍の限界であり、 そんな物をとっくに見限.. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2010-03-15 00:37
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第11回 「土佐沸騰」

    Excerpt: 憎っくき上士のその親玉こそが 藩主であり、元藩主の山内容堂である、 という発想自体出来ないのが 武市半平太の限界、 というか「藩主様は絶対」という田舎侍の限界であり、 そんな物をとっくに見限り 「上士.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2010-03-15 00:37
  • 《龍馬伝》☆11

    Excerpt: 弥太郎から、お岩崎家に手紙が来た。 何度も読み直しをさせる父。 皆々さま ご機嫌よろしちゅうかえ。 ワシは、長崎で仕事に励んじゅう。 お殿さまの名代として 外国の商人とも会うて 商いの話をしゆうがじ.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-03-15 05:27
  • 龍馬伝 土佐沸騰

    Excerpt: 前回、甘口だった恋バナの終わりから、うってかわって骨太&ダイナミックに。ついに音をたてて歴史が動き始めました。なにかを手放して学んだ、男の脱皮&成長の巻です 結婚を約束してた加尾(広末涼子)は京.. Weblog: のほほん便り racked: 2010-03-15 08:31
  • 第11回「土佐沸騰」

    Excerpt: 嫁入りしても、愚痴は止まらぬ…龍馬の実姉・乙女は岡上家に嫁入りしたのはいいものの、なにかと馴染めないというか、いや。実は楽しんでもいるのだろう…龍馬には、加尾のあの衝撃的な別れが頭から離れられない今、.. Weblog: 政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~ racked: 2010-03-15 09:40
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第11回『土佐沸騰』

    Excerpt: 若干ネタバレしますがあくまでも個人的な感想レポです。多少ウザイ突っ込みも入りますので苦手な方はバックプリーズ桜田門外の変から始まった今回・・・・・安政の大獄についてもさら~~~~っと流されちゃいました.. Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-03-15 15:32
  • 龍馬伝 第11話「土佐沸騰」

    Excerpt: 龍馬(福山雅治)は、結婚を約束した加尾(広末涼子)が京都に送られて しまうことになり、落胆していた。 弥太郎(香川照之)は長崎で藩の金を使い込み、役を解かれて土佐に 戻って来る。 一方、江戸で.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2010-03-15 15:33
  • 福山雅治『龍馬伝』第11回★ド迫力の吉田東洋vs龍馬

    Excerpt: 『龍馬伝』第11回「土佐沸騰」  乙女(寺島しのぶ)が、夫・岡上樹庵(温水洋一)がドケチで、シジミの貝殻まで食べてしまうなどと陰口を叩いていたら、後ろで当の樹庵が聞いているという、緩~いホー.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-03-15 16:19
  • 【大河ドラマ】龍馬伝第11回:土佐沸騰

    Excerpt: 物語が大きく動き出しましたね!【今回の流れ】・長崎で金を使い込んだ弥太郎が、役職を解かれて土佐へ戻って来る・江戸では、開国派の井伊直弼が水戸藩士に討たれる(桜田門外の変)・桜田門外の変に刺激を受けた半.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2010-03-15 18:06
  • 龍馬伝イレブン 「土佐沸騰」

    Excerpt: 「丸山の芸者ら 綺麗で色っぽうて 楽しゅうて楽しゅうて」百両を使い込んで、お役御免となった大馬鹿もんの弥太郎今週はギャグ・パートは、これくらいであとは、どっぷりシリアス・モード門弟を、あそこまで煽るこ.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2010-03-15 22:57
  • 龍馬伝第11話(3.14)

    Excerpt: 大老井伊直弼@松井範雄が暗殺された桜田門外の変を知り、 土佐の下士たちが攘夷に熱狂する中、 下士が上士を斬殺する事件が勃発、 坂本龍馬@福山雅治が吉田東洋@田中泯と談判し、 上士と下士の対立をいったん.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2010-03-17 01:42
  • 龍馬伝 #11 土佐沸騰

    Excerpt: 大河ドラマの 『龍馬伝』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)土佐勤王党発足今回のお話は武市を慕う下士の一人が、上士に咎... Weblog: ビヨビヨ素材日記2 racked: 2010-03-18 09:01
  • 「龍馬伝」♯10&♯11

    Excerpt: 加尾を失ってより強い男になった??? 日曜20時、NHK大河ドラマ「龍馬伝」ですけど。 →「龍馬伝」見ました→「龍馬伝」♯2→「龍馬伝�... Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2010-03-21 00:23