「ドラゴンクエストⅨ」クリア後プレイ記60~ツボ職人ガリレー~

DS「ドラゴンクエストⅨ 星空の守り人」プレイ記。
クリア後、となっております。ネタバレ注意。



今回の依頼人は、エラフィタ村の井戸の中。

じーさんと、若造の二人連れが、沢山あるツボの側にいて。


「ボクは しがない とーげー家見習い。
でも あちらに おわす先生は ボクとはちがって
とてもエライんです。
世界にちらばる ツボの ほとんどが 先生の作品と言っても
過言じゃないんですよ」


へー。そのことごとくを割って歩いてるのが僕なんだけど。(--;


じーさんの方に声を掛けてみると。

「なんという駄作!
色も 形も 品を欠いておる!
このツボを作ったヤツは だれじゃ!
…………ん? よく見れば 底に……
ワ ワシの名っ……! くそっ!!

なんだっ ワシが おかしいか!
すべては土が 悪いのじゃ。近ごろ いい土が まるで手に入らん。

そうじゃ…… あんた旅の者じゃな?
ならば 宝の地図の洞くつへ 行くこともあろう?
ワシの名は ガリレーじゃ。
たのむ! 宝の地図の洞くつの土を 持ち帰ってきてくれんか?

宝の地図の洞くつは たいそう深く なかでは 地下12階を
こえることも あると聞く。
地下12階よりも 深い洞くつから 持ち帰った土ならば
すばらしいツボを作れるはず!」


断ると、老体に鞭打って行こうとするので、引き受けましょ。

「おおっ! たのまれてくれるか!
いや かたじけない!
では この土ぶくろを持って 宝の地図に示された
地下12階より深い 洞くつを クリアしてきてくれ」


ガリレーから、ガリレーの土ぶくろを受け取る。

「ちゃんと 土のある洞くつでないと 土を集めることは
できんから 気をつけてくれよ」


おお、そらそーだ!

てこた、遺跡、溶岩、水、氷などはダメっちゅうこってすな?
土壁、土の地面の洞くつで、高レベルだな。ふむふむ。

クエスト168「ツボ職人ガリレー」
エラフィタの 井戸の中にいる ツボ職人 ガリレーに
いい土を 持ってきてくれ!と たのまれた。
宝の地図の洞くつの 地下12階より 深いところで
いい土を 手に入れ ガリレーの土ぶくろに つめよう。



自前の地図に潜りました。
アイテムもモンスターも、旨みがないんで、クリアしてすぐ丸めて捨てたけどw

大体、高レベルの地図なら、最下層が地下16階まであったりするので、
12階以上深いのなんて、苦労しないや。


最下層のボスを倒すと、こんなメッセージが。

主人公は ガリレーの土ぶくろに 地面の土を つめた!



おーい、じーさん、甲○園の土を持って帰ってきたぞ!(違)

「おお! よく戻ったな!
どれ 土ぶくろを見せてくれ!」


へい、どんぞ。

「おお! この色! この香り!
まさしく ワシの求めた土…… いや それ以上!
まったく かたじけない。
礼に なるか わからんが これを受け取ってくれ」


まじんのかなづち……持ってっし。
何、これでもって、じーさんが作ったツボをフルスイングで割れと??

「よかったら また たのまれてきてくれ。
これほど 質のよい土なら いくらあっても かんげいするぞ」


ほうかほうか、そら良かった。

「あんたの 持ってきてくれた 土の おかげで
これまでにない いいツボが 作れそうじゃ!」


それ、また割るんだけど、いーい?(^m^)



見習いの方はといえば。

「とーげいは 不思議です。
土を こねていると 自分の心が しんと静まっていくのが
わかるんです。
ボクは ツボを作っているのではなく 
ツボに作らされてるんだと…… そんなふうに 思っています」



とりあえず、「とーげい」とか言ってるようじゃ、
新境地には達せないんじゃあ?(^^;



ちなみに、また、洞くつ系の地図に潜ることもあろうと思い、
2度目の依頼を受けといて、放置していると、
氷系の地図でも、土が手に入りました!
あーら、びっくしw

2度目は、ヘパイトスの火種なんで、貰ってもうれしくないが。


 
そうそう。
「H×H」の富樫先生が、最近、「DQ9]を始めたらしくって、
巻末コメントに、進行状況を書いてはるんだけど。

あのガングロ妖精を「うるさいハエ」と称したのには、吹いた!(>m<)



⇒クリア後プレイ記61~大商人ガルネロの依頼~へ、続く!


クリア後プレイ記一覧(前半)は、コチラの旅の扉をご利用ください。

クリア後プレイ記一覧(後半)は、コチラの旅の扉からどうぞ!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ナイス

この記事へのトラックバック