大河ドラマ「龍馬伝」第13話

第13回「さらば土佐よ」 視聴率18.8%

またも、20%切れ。女子フィギュアに押されたかな。(^^;


「東洋を斬れ!」と言い出した武市に、妻の富(奥貫薫)が、
「あなたは穏やかで、そんなことを言い出す人ではない」と驚く。

龍馬は、「自分が直接東洋に会い、腹の中を探る」と言い、
「もしもおかしなことを言えば、その場で斬る」と付け加える。



後藤象二郎に、龍馬を殺せと、毒を渡された弥太郎は、
茶屋で龍馬とバッタリ会い、龍馬が席を外した隙に、
龍馬の湯飲みに、その毒を入れてしまう。

そうと知らずに龍馬はその茶を飲み、血を吐いて倒れる。


……というのは、弥太郎の妄想でw

龍馬が飲む直前、毒入り茶を払い落とす弥太郎。
象二郎に命じられたことを打ち明け、東洋がそう命じた、と言う。


東洋が自分の命を狙った!?と考えながら、龍馬は東洋に会う。

龍馬は、武市にお役目をお与えくださいと願い出るも、
武市は能無しと言い捨てる東洋は、龍馬に自分の所へと誘う。

だが龍馬は、土佐に生まれ土佐に育ったとはいえ、
日本人である限り、土佐のためだけに生きられないと断った。

東洋が自分の命を狙ったのではないと、龍馬は悟っていた模様。



龍馬の言葉から、象二郎が弥太郎に龍馬殺しを命じたことを
知った東洋は、弥太郎に、「指示を背いたことを不問にす」との
書状を送る。

首がつながって、良かったね、弥太郎w



龍馬は、沢村惣之丞から、脱藩の誘いを受けて、悩んでいた。

その素振りを家族の前ではそれを隠していたが、
朝食の席で、脱藩の話が出て、ついうろたえてしまう龍馬。

その態度に、家族も怪しみ、兄の権平が龍馬の部屋を探し、
沢村から渡されていた脱藩の道筋が書かれた地図を見つけてしまう。

狼狽する家族の中、実家に戻ってきていた乙女姉さんだけは、
龍馬は土佐だけに納まる男ではない、
やっと、進むべき道を見つけたんだと理解を示し、兄たちを説得する。



一方、龍馬は武市に、東洋は武市と考え方が違うだけで、
土佐のことを考えておられるお方だ、と告げる。

しかし、この時既に武市は、党の者に、東洋殺しを命じたあとだった。

それを察して、龍馬は、武市の手を取り、訴えかける。

「東洋様を殺したら、わしの知っとう武市さんでのうなる。
頼むき、やめてつかぁさい」


武市は、昔話をし、あの頃の自分ではない、と語った。



薪を割っていた弥太郎を、龍馬は「顔を見たかった」と言って訪ねる。

商売の面白さに目覚めたと語る弥太郎に、
「わしの実家は質屋で、言うてみればわしも商人の血が流れとる」
と龍馬が言い、

「通りでお前は世渡り上手なわけじゃ」と悪態をつく弥太郎。


龍馬が帰宅すると、乙女姉さんが、長旅だからと袴を縫い直してくれていた。
他の家族たちも、餞別を用意してくれており。

兄までもが、坂本家に代々伝わる名刀『肥前忠弘』を託していた。

自分が脱藩すれば、お家御取り潰しになるかもしれないというのに、
自分を理解してくれた家族の思いやりに、
申し訳なさやら、ありがたさやらこみ上げ、泣きながら、
家族一人ひとりに、

「ごめんちゃ」と謝罪した。


そして、翌朝、いつものように、
「龍馬おじちゃん、起きぃや」と起こしにいくも、
龍馬の部屋はもぬけの殻だった。


兄は、朝食後、さいだん屋に行くと家族らに告げた。

ご当主は威張っているが、実は火の車で、実家の質屋に、
質に入れている品があり、借金があるはずだ、と。

「龍馬が脱藩したいうて、
簡単には、坂本家を御取り潰しにはさせん。
わしらには、わしらの戦いがあるぜよ」


毅然と告げる、権平兄ちゃんが、男前過ぎる!!(><)b


龍馬が脱藩した噂は、その日の夕方には土佐中に知れ渡った。



そして、ある激しい雨が降る日。

傘を差してお供らと歩く吉田東洋の前に、袈裟をかぶった者らが、
抜き身の刀を手に取り囲んだ。

「わしを吉田東洋と知っての振る舞いか!?
おんしら、武市の手の者か!?」


咆哮しながら、抵抗した東洋だが、凶刃に倒れる。

「武市ぃーーー! 大莫迦者めがーーーッ!!」

絶叫しながら、事切れる東洋。


吉田東洋、暗殺!!




遂に、龍馬は脱藩。
そして、吉田東洋が暗殺。

土佐は、今後、大きく揺れ動く!



龍馬の、脱藩への思いは、止められなかった。

坂本家の人々の愛情が、たまらんかったですね。
あんなに頑なだった兄ですら、藩と戦う意思を表し。

道を見つけた龍馬を後押ししてくれる家族があってこその、
坂本龍馬だったのでしょう。


それに対し、武市さんもまた、止まらない。

考え方が違うから理解されない。
だったら、斬ってしまえ。

自分の進むべき道が正しいと信じて、その先に、何があるというのか。


今後の龍馬、そして、土佐の行く末が非常に気になるところ。


次回から、第二部「RYOMA THE ADVENTURER」!


キャスト

坂本龍馬…福山雅治

坂本乙女(龍馬の姉)…寺島しのぶ
坂本権平(龍馬の長兄)…杉本哲太

平井収二郎(加尾の兄)…宮迫博之
岡田以蔵(後の人斬り以蔵)…佐藤健
武市半平太(攘夷一筋)…大森南朋

沢村惣之丞(土佐藩下士)…要潤

後藤象二郎(吉田東洋の甥)…青木崇高
吉田東洋(土佐藩上士)…田中泯

岩崎弥次郎(弥太郎の父)…蟹江敬三
岩崎弥太郎(後の三菱グループ創始者) …香川照之


過去記事⇒
[第1部 RYOMA THE DREAMER]
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 
第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 


当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒ コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログ「ブラック・キャッスル」から送ります。

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

この記事へのトラックバック

  • 「龍馬伝」第13回

    Excerpt:    第13回「さらば土佐よ」象二郎から龍馬暗殺の命を受けた弥太郎は、龍馬の茶に毒を入れる。だが、龍馬が茶を飲む前に弥太郎は龍馬の湯飲みを払いのける。龍馬は、半平太が東洋を殺そうとしていることを知り、.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-03-28 21:16
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第13話「さらば土佐よ」

    Excerpt: 暗殺命令--------------!!東洋を殺せと龍馬に迫る武市。だが、龍馬はそんな武市の代わりに東洋の腹を探って来ると言い出す。一方弥太郎は後藤に龍馬暗殺を命令される。後藤に毒をもらった弥太郎。結.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-03-28 21:17
  • 龍馬伝13 龍馬脱藩より東洋暗殺がインパクトありすぎ?!

    Excerpt: あーイイ最終回でした龍馬伝! 龍馬脱藩までの苦悩も良かったけど それ以上に 吉田東洋暗殺が 泣けた! だめですよ 吉田東洋さん 雨の夜に一人で出歩いたら。 暗殺と言うのは 古.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-03-28 21:22
  • 龍馬伝 第13回 さらば土佐よ

    Excerpt: 『さらば土佐よ』内容半平太(大森南朋)たち土佐勤王党が掲げる“攘夷”その攘夷を土佐藩の実力者・東洋(田中泯)に訴え出た半平太たちであったが、失笑され、抑え込まれてしまうのだった。覚悟を決める半平太。。.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2010-03-28 21:33
  • 龍馬伝 第13話

    Excerpt: 「龍馬伝」(第13話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,寺島しのぶ,杉本哲太,要潤,島崎和歌子,奥貫薫,青木崇高,マイコ,松原智恵子,田中泯,蟹江敬三,倍賞美津子弥太郎(香川照之)は、龍.. Weblog: paseri部屋 racked: 2010-03-28 21:44
  • ★「龍馬伝#13」自分の信じる道に向かって~

    Excerpt: 2つの暗殺指令が出た先週。。吉田東洋を斬れ!!武市龍馬坂本龍馬を殺せ!!吉田東洋の甥っ子後藤象二郎弥太郎坂本龍馬(福山雅治) 岩崎弥太郎(香川照之) 吉田東洋(田中泯) 桂小五郎(谷原章介) 乙女ねぇ.. Weblog: ・*:・ふわゆら生活・:*・ racked: 2010-03-28 21:45
  • 【龍馬伝】第十三回

    Excerpt: 解った!武市さん!わしが直接あん人に会って、腹の中を確かめて来るき。けんど、もし、吉田さまがおかしな事を言うたらその場で斬ります。東洋がいる限り、自分に将来はない、と切実に迫る武市と嘆く武市の妻を見て.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-03-28 21:50
  • 第13回「さらば土佐よ」

    Excerpt: 人生の岐路というもの…龍馬にとっては、文久2(1862)年の自身が高知藩を脱藩するという出来事だろう。現代で言えば、故郷を出なければならないときというのは別に自然な話である。就職なんかは、けっこうある.. Weblog: 政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~ racked: 2010-03-28 22:13
  • 龍馬伝「さらば、土佐よ」 出奔のヒーロー

    Excerpt: 「会うは別れの始めなり」 別れも経験してゆく龍馬、一期一会の儚さもまた。 第13話「さらば、土佐よ」です。 帰れない、二度とは土佐の地を踏めない、そんな覚悟もあったでしょう。 「脱藩」の章であ.. Weblog: よかったねノート 感謝の言葉にかえて racked: 2010-03-28 22:22
  • 龍馬伝 第13回 「さらば土佐よ」

    Excerpt: あらすじ 弥太郎(香川照之)は、龍馬(福山雅治)の暗殺を命じられたが、実行できなかった。龍馬は武市半平太(大森南朋)が吉田東洋(田中泯)を殺 Weblog: 青いblog racked: 2010-03-28 22:32
  • 『龍馬伝』 さらば土佐よ

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメントふたつの暗殺指令が交錯した土佐で、そのターゲットになっている龍馬は、実行犯になる可能性も。武市に向かって、まず東洋に会ってみたうえで斬るかどうかを決める、と断言した.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2010-03-28 23:05
  • 龍馬伝 第13回「さらば土佐よ」

    Excerpt: とうとう第一部の最終回を迎えます。今回は2つの暗殺計画の事の顛末が明らかになります。まず一つ目の弥太郎による龍馬暗殺計画についてですが、これは始めから受け狙いだったようにしか考えていなかったので、結末.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2010-03-28 23:14
  • 龍馬伝 #13 さらば土佐よ

    Excerpt: 大河ドラマの 『龍馬伝』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)土佐脱藩今回のお話は自分を馬鹿にした吉田東洋(役者は田中泯... Weblog: ビヨビヨ素材日記2 racked: 2010-03-28 23:14
  • 「龍馬伝」 第13回、さらば土佐よ

    Excerpt: 大河ドラマ「龍馬伝」。第13回、さらば土佐よ。 第1部、完結です! 龍馬にとっても土佐にとっても大きな変革がありました。 Weblog: センゴク雑記 racked: 2010-03-28 23:33
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第13回 さらば土佐よ 感想

    Excerpt: 弥太郎さんの暗殺は未遂ですみました。よかったよかった。 いよいよ、脱藩に踏み切りましたね。 Weblog: 本家らう゛ろくた逃避中 racked: 2010-03-29 00:36
  • 『龍馬伝』第13回

    Excerpt: ~さらば土佐よ~ Weblog: 悠雅的生活 racked: 2010-03-29 00:37
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第13回 「さらば土佐よ」

    Excerpt: 脱藩という言葉がいよいよ頭によぎる龍馬の葛藤、そして龍馬の選んだ道は。また東洋に Weblog: くまっこの部屋 racked: 2010-03-29 02:32
  • 龍馬伝 さらば土佐よ

    Excerpt: まずは、弥太郎の妄想から。龍馬が席を外した隙、弥太郎が龍馬の湯飲みに毒を盛り、知らずに飲んだ龍馬は、血を吐いてバッタリ… というのは、案の定、弥太郎の妄想。 実際には、飲む前に弥太郎が彼の器をなぎら.. Weblog: のほほん便り racked: 2010-03-29 08:22
  • 龍馬伝13 「さらば友よ」

    Excerpt: いくら緊張感を煽ろうがいくら龍馬が血を吐こうが龍馬が弥太郎に殺される訳ないし全然、ドキドキせーへんどうやって弥太郎が、しくじるかと思ったら口は悪いけど、やっぱ悪い奴ちゃうやん。「龍馬は土佐には収まりき.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2010-03-29 08:44
  • 龍馬伝

    Excerpt: 第13回「さらば土佐よ」の感想ぜよ  Weblog: Akira's VOICE racked: 2010-03-29 11:17
  • 福山雅治『龍馬伝』第13回★断末魔も濃い、吉田東洋!!

    Excerpt: 『龍馬伝』 第13回「さらば土佐よ」 【 その場で斬りまする 】  前回、吉田東洋(田中泯)らに足蹴にされて、正気を失った武市(大森南朋)が「龍馬、東洋を斬ってくれや」と龍馬に依頼した場面.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-03-29 13:10
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第13回『さらば土佐よ』

    Excerpt: ネタバレ要素を含みます。未視聴の方は御注意下さい。個人的な感想&突っ込みありの記事ですのでご了承ください。第一部完結ってことなんですね?今回第1部は「RYOMATHEDREAMER」・・・・・・夢見る.. Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-03-29 14:51
  • 【龍馬伝】第13回感想と視聴率「さらば土佐よ」

    Excerpt: 【第13回の視聴率は3/29(月)夕方迄に追加予定】1862年3月24日、龍馬と沢村惣之丞(要潤)は脱藩しました。脱藩って、本人は勿論、残される家族にとっても大変なことだったんですね。龍馬が脱藩するま.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-03-29 15:27
  • 龍馬伝 第13話「さらば土佐よ」

    Excerpt: 後藤象二郎(青木崇高)から龍馬(福山雅治)暗殺の命を受けた弥太郎(香川照之) は、龍馬の飲んでいた茶に毒を入れる。 しかし、龍馬が吐血し倒れる場面を想像した弥太郎は、慌てて引き返し、龍馬が 飲む.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2010-03-29 16:21
  • 【大河ドラマ】龍馬伝第13回:さらば土佐よ

    Excerpt: 第1部の最終回でした。【今回の流れ】・半平太から東洋を斬るように言われた龍馬 まずは、東洋の真意を探る事に 東洋曰く『有能なら下士でも引き立てる。が、武市は無能』 龍馬は斬る理由が無いと判断・後藤象二.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2010-03-29 18:49
  • 《龍馬伝》☆13

    Excerpt: 龍馬に、憎っくき吉田東洋を消せと狂気な半平太。 そんな恐ろしい事をと意見する冨。 しかし、足蹴にされた恨みは消えない。 おまけに東洋が居る限り土佐勤王党は、何もできないと騒いだ。 龍馬は吉田東洋に直接.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-03-29 21:27
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第13回 「さらば土佐よ」

    Excerpt: 史実の上では、上士の後藤象二郎が 郷士の坂本龍馬如きを暗殺 しかも毒殺するなんて記録は残っていないし どう考えても、そんな必要がない。 だいたい、龍馬があんなに吉田東洋に買われていた という話も聞いた.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2010-03-29 23:53
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第13回 「さらば土佐よ」

    Excerpt: 史実の上では、上士の後藤象二郎が 郷士の坂本龍馬如きを暗殺 しかも毒殺するなんて記録は残っていないし どう考えても、そんな必要がない。 だいたい、龍馬があんなに吉田東洋に買われていた という.. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2010-03-29 23:53
  • 龍馬伝第13話(3.28)

    Excerpt: 坂本龍馬@福山雅治が土佐藩を脱藩、 武市半平太@大森南朋が刺客を使い、吉田東洋@田中泯を暗殺したという話 「私の知っちょる龍馬は、何かとてつもないもんを持っちょる男じゃき。 土佐には収まりきらん、と.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2010-03-30 10:05
  • 竜馬伝13話(さらば土佐よ)の感想

    Excerpt:  竜馬伝13話(さらば土佐よ)を見ました。土佐が竜馬にとってどんどん居づらい地になってきましたね。  武市は、反目する吉田を人に命�... Weblog: 本とTVとDVDの感想日記 racked: 2010-03-30 23:26