大河ドラマ「龍馬伝」第15話

第15回「ふたりの京」 視聴率18.4%


龍馬は、土佐の乙女姉さんに手紙を送った。

広い日本を旅しながら、会いたい人が2人いる、と。

1人は、自分が進むべき道を示してくれる人。
そして、もう1人は……。



文久2年(1862年)、

土佐藩主、山内豊範は遂に京に上洛した。

その頃、京では、越後藩士の本間が、
土佐藩主を上洛させたのも、吉田東洋を殺したのも自分だと吹聴。

その男を危険視する武市の言葉を受け、以蔵が動く。

その働きに、武市は満足そうに、「以蔵は使えるぞ」と収二郎に告げる。


三条家に勤めていた加尾は、久しぶりに兄・収二郎と再会し、
龍馬が脱藩したことを聞かされる。


その後、「おまんに会いに来たがじゃ」と言って、龍馬がふらりと現れる。

久方ぶりの逢瀬で、結ばれる二人。

龍馬が以前と変わらないことを喜びながらも、龍馬が武市と袂を
分かったことを知り、複雑な思いになる加尾。



武市は、攘夷派に対抗する目明しが邪魔な存在と皆の前で漏らし、
以蔵がそれを殺しに出る。

その様子に、収二郎は武市の言葉の真意を汲み取る。



土佐藩主の説得を、帝が遂に聞き入れた。

収二郎に「もう、京でのお役御免だ、土佐に帰ってええ」と
言われた加尾は、今さら何のために!?と反発。



龍馬は以蔵とばったり出会い、以蔵は龍馬との再会を喜ぶ。

以蔵が、最近、京で起こっている人斬りは自分だと自慢しようとし、
龍馬はそれを寸前で止める。

そして、「意見が違う人がいて当たり前だ、日本を守りたいと
思わん者は誰っちゃおらん、喧嘩をしたらあかん!」と説く。


以蔵が去った後、以蔵がやらされていることに心を痛め、
どうにかせんとならんのに、どうしていいかわからん!と叫ぶ龍馬。

加尾は、三条家で聞いた話だと言って、
幕府に日本の将来について考えている勝麟太郎という人物がいると
龍馬に話した。

その名に、目を輝かせて喜ぶ龍馬。

龍馬が旅立つことを悟り、泣く加尾に、詫びながら、
「ほんまに、おまんに会いたかっただけぜよ」と龍馬は告げる。



そして、土佐藩主を連れた武市らの一行は、一路、江戸へ出立した。

同じく、龍馬も、勝麟太郎に会いに江戸へ。





そっかー。
龍馬が勝海舟に会おうと思い立ったのは、加尾の導きか。

すっげー捏造だなw
いいけど。(^m^)


で、郷廻りをクビになった弥太郎は、嫌々ながら農業に勤しみ。
腐っているも、嫁の喜勢(マイコ)に宥められる。

ええ嫁さんだけど、ますますもって、何で嫁入りしたんだか??



しかし、以蔵ってホント、純粋。
党から出て、脱藩までした龍馬との再会を素直に喜べる。

武市先生のお役に立てていると信じて疑わず。

龍馬がやんわりと説いた言葉も、うんうんと聞き入れて。

素直すぎる。
だからこそ、導く者が、武市のような男じゃなければ良かったのに。


キャスト

坂本龍馬…福山雅治

(京都)
平井加尾…広末涼子

平井収二郎(加尾の兄)…宮迫博之
岡田以蔵(人斬り以蔵)…佐藤健
武市半平太(攘夷一筋)…大森南朋

(土佐)
坂本乙女(龍馬の姉)…寺島しのぶ

岩崎弥次郎(弥太郎の父)…蟹江敬三
岩崎弥太郎(後の三菱グループ創始者) …香川照之


過去記事⇒
[第1部 RYOMA THE DREAMER]
第1回 第2回 第3回 第4回 第5回 第6回 第7回 
第8回 第9回 第10回 第11回 第12回 第13回
[第2部 RYOMA THE ADVENTURER]
第14回


当記事にTBを送れない場合は、予備ブログをご利用ください。⇒ コチラ
当記事からTBを送れない時は、予備ブログ「ブラック・キャッスル」から送ります。

当ブログはTB承認制で、管理人が確認次第、リンクをつなげます。

この記事へのトラックバック

  • 【龍馬伝】第十五回

    Excerpt: 徳川将軍家を京に召し出し帝に攘夷を約束させる。武市は三条実美にそう進言し、事は実行に向けて動き出した。土佐の下士である武市が、ついに表に立つ日がやってきたのである。一方で、越後の本間精一郎と言う男が勤.. Weblog: 見取り八段・実0段 racked: 2010-04-11 21:31
  • 「龍馬伝」第15回

    Excerpt:    第15回「ふたりの京」龍馬は大坂をたち、三条家に仕える加尾がいる京へ向かっていた。一方、半平太も藩主の豊範と共に京に入っていた。半平太は公家の尊王攘夷派である三条に会い、徳川幕府に攘夷を実行させ.. Weblog: 日々“是”精進! racked: 2010-04-11 21:41
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第15話「ふたりの京」

    Excerpt: 龍馬の会いたいふたりの人物-----------。生きる望みを与えてくれる人。そしてもうひとりは・・・。龍馬の次の旅立ちは----------京。山内が京へ。それを実現させたのは、武市。すっかり偉くな.. Weblog: ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ racked: 2010-04-11 22:22
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第15回 ふたりの京 感想

    Excerpt: 第15回 ふたりの京 はわ、「ねこ鍋」ならぬ「ねこ篭」!可愛い!!! 以蔵が人を斬っている間に、加尾と龍馬がとうとうという二種類の緊張感でもって、オチオチ横になってTV観てる状況じゃなくなりました。 .. Weblog: 本家らう゛ろくた逃避中 racked: 2010-04-11 22:25
  • 「龍馬伝」 第15回、ふたりの京

    Excerpt: 大河ドラマ「龍馬伝」。第15回、ふたりの京。 龍馬が乙女姉に出した手紙より、今 自分が会いたい人物は2人。 1人は異国と戦わずに日本を守る方法を教えてくれる人物。 そして、もう1人は・・・・・・.. Weblog: センゴク雑記 racked: 2010-04-11 22:27
  • 第15回「ふたりの京」

    Excerpt: 池田屋の跡地はご存じだろうか?…『新選組!』のときと異なり、池田屋事件に触れられるかどうかはわからないがこちらによると新選組の主たる面々のキャスティングが決まったのだという。さて…平井収二郎を演じてお.. Weblog: 政の狼 ~TheWolfwantshisownDandism.~ racked: 2010-04-11 22:33
  • 龍馬伝15 岡田以蔵人斬り自慢を言うたらアカンぞよ!

    Excerpt: 龍馬伝は直近三回の視聴率が 17.7→18.8→18.5% と20%割れ。 まあ急ブレーキと云うほどの数字でもないけど 常に20%が大河ドラマの宿命だからしかたないか。 理由は 岩.. Weblog: ぱるぷんて海の家 racked: 2010-04-11 22:34
  • 龍馬伝 第15回 ふたりの京

    Excerpt: 『ふたりの京』内容文久2年、土佐藩主・山内豊範(染谷将太)が、半平太(大森南朋)の進言で京へと入り、その後、尊王攘夷派である公家・三条実美(池内万作)に面会した半平太は、早急な攘夷実行を求めるのだった.. Weblog: レベル999のマニアな講義 racked: 2010-04-11 22:44
  • 【龍馬伝】第15回感想と視聴率「ふたりの京」

    Excerpt: 【第15回の視聴率は4/12(月)夕方迄に追加予定】龍馬も武市も京に着きました。龍馬は、加尾と再会。龍馬と加尾がラブラブしている間に、以蔵が本間を暗殺しました。それにしても、またもや、凝った組み合わせ.. Weblog: ショコラの日記帳 racked: 2010-04-11 22:50
  • 龍馬伝 第15話

    Excerpt: 「龍馬伝」(第15話)を観ました。出演:福山雅治,香川照之,大森南朋,広末涼子,宮迫博之,佐藤健,マイコ,池内万作,倍賞美津子,蟹江敬三龍馬(福山雅治)は加尾(広末涼子)に会うために京都へ向かう。武市.. Weblog: paseri部屋 racked: 2010-04-11 22:54
  • 『龍馬伝』 ふたりの京

    Excerpt: JUGEMテーマ:エンターテイメント文久二年、ついに土佐藩を事実上うごかす立場となった武市半平太は、若き山内家の当主を奉じ、藩兵を統率しつつ大挙して京に乗り込みます。 しかも、攘夷派.. Weblog: ふるゆきホビー館 racked: 2010-04-11 23:03
  • 龍馬伝 第15回「ふたりの京」

    Excerpt: 今回は京都の中で繰り広げられる人間模様を中心に話が展開します。「ふたりの」京なんですが、このふたりというのはいくつかのパターンを考えることができます。今回はいくつかの場面をみて自分で感じた「ふたり」を.. Weblog: あしたまにあーな racked: 2010-04-11 23:23
  • 大河ドラマ 『龍馬伝』 第15回 レビュー

    Excerpt: 大河ドラマ 『龍馬伝』 第15回 「ふたりの京」を観ましたー☆ 今回は、岩崎家のシーンが素敵でした。特に 岩崎弥太郎の一人ツッコミが�... Weblog: サブカルチャー・ショック racked: 2010-04-11 23:49
  • 【大河ドラマ】龍馬伝第15回:ふたりの京

    Excerpt: それぞれの立ち位置を認識する、状況整理的な回でしたね。【今回の流れ】・藩主の山内豊範とともに京へ入った半平太 三条実美に、将軍を京へ呼び寄せ、攘夷の実行を約束させる策を提案 以蔵を使って、目障りな人物.. Weblog: 山南飛龍の徒然日記 racked: 2010-04-12 00:01
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第15回 「ふたりの京」

    Excerpt: 健気に武市を慕い、人斬りに身を落としていく以蔵、そして自分を慕う以蔵の気持ちを知 Weblog: くまっこの部屋 racked: 2010-04-12 00:41
  • 龍馬伝 #15 ふたりの京

    Excerpt: 大河ドラマの 『龍馬伝』 を見ました。(以下ネタバレです。まだご覧になっていらっしゃらない方はご注意して下さい)逢いに来てくれた人今回のお話は龍馬が京都に行き、久々に加尾... Weblog: ビヨビヨ素材日記2 racked: 2010-04-12 01:57
  • 福山雅治『龍馬伝』第15回★京のヒロスエ「天にも昇るような喜び」

    Excerpt: 『龍馬伝』(RYOMADEN SEASON2) 第15回「ふたりの京」 【 土佐一藩の舵取りを 】  文久2年(1862年)、8月25日。  武市半平太(大森南朋)は三条実美(池内万作.. Weblog: 世事熟視~コソダチP(気分は冥王星) racked: 2010-04-12 14:10
  • 大河ドラマ「龍馬伝」第15回『ふたりの京』

    Excerpt: ネタバレを含む記事です。未視聴の方はご注意ください。個人的感想のみ書き散らしておりますのでご了承ください。っていうか今回は・・・・・・・・物語的に動いたんだが何なんだか微妙な話だったので・・・・・・さ.. Weblog: 徒然”腐”日記 racked: 2010-04-12 14:30
  • 龍馬伝 第15話「ふたりの京」

    Excerpt: 龍馬(福山雅治)は大阪から京へと向かっていた。 京には、三条家に仕える加尾(広末涼子)がいる。 半平太(大森南朋)も藩主・山内豊範(染谷将太)と共に、京へ入っていた。 半平太は公家の尊王攘夷派・.. Weblog: ぷち丸くんの日常日記 racked: 2010-04-12 17:09
  • 楠木正成を尊敬していた龍馬!!

    Excerpt: 汚れた衣装をまとっても汚さ全く感じない福山龍馬{/star/}{/star/} 実像の龍馬の肖像画や写真を見ても綺麗な衣装を着 ている姿は殆ど見た事がありませんが、もしかして 龍馬自身も福山龍馬と同じ.. Weblog: 函館 Glass Life racked: 2010-04-12 18:55
  • 龍馬伝15 「人斬りの京」

    Excerpt: 「やっぱり百姓は 泥まみれにならんと ええ野菜は作れんの~」「何がじゃ~」弥太郎ノリツッコミ「ほんま ほんま わしは本間精一郎じゃ」オヤジギャグが寒すぎた為本間精一郎は斬られる「以蔵は使える」あくどい.. Weblog: 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ racked: 2010-04-12 21:11
  • 《龍馬伝》☆15

    Excerpt: 龍馬は歩きまわって、世界地図では米粒ほどの日本が、こんなに広いとは思わなかった。 お乙女姉やん、わしにはいま会いたい人が2人おるがじゃ。 1人はワシに生きる道を教えてくれる誰か。 そしてもう1人は・・.. Weblog: まぁ、お茶でも racked: 2010-04-12 21:50
  • 龍馬伝 第15回 「ふたりの京」

    Excerpt: あらすじ 龍馬(福山雅治)は加尾(広末涼子)に会うために京都へ向かう。武市(大森南朋)も京に入り、三条実美(池内万作)に会い、幕府に攘夷を実 Weblog: 青いblog racked: 2010-04-12 21:51
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第15回 「ふたりの京」

    Excerpt: 武市半平太は 「人斬り以蔵」を利用するだけ利用して、 心の底では岡田以蔵を軽蔑していたらしい。 ますます悪い顔になってゆく そんな武市半平太を演ずる大森南朋が 昨夜「トップランナー」に出演していた。.. Weblog: しっとう?岩田亜矢那 racked: 2010-04-12 23:58
  • 大河ドラマ 龍馬伝 第15回 「ふたりの京」

    Excerpt: 武市半平太は 「人斬り以蔵」を利用するだけ利用して、 心の底では岡田以蔵を軽蔑していたらしい。 ますます悪い顔になってゆく そんな武市半平太を演ずる大森南朋が 昨夜「トップランナー」に出.. Weblog: こちら、きっどさん行政書士事務所です! racked: 2010-04-13 00:01
  • 龍馬伝第15話(4.11)

    Excerpt: 坂本龍馬@福山雅治と平井加尾@広末涼子が再会したものの、 月日の流れを感じた二人は別々の道を進まざるをえなくなったというお話 2部になってから、やはり岡田以蔵@佐藤健がいいねえ 敬愛する武市半平太@.. Weblog: まっつーのTV観覧日誌(*´д`*) racked: 2010-04-13 01:32
  • 大河ドラマ「龍馬伝」時代の変革者15加尾と久しぶりの再会も以蔵との再会で半平太の本性を知り加尾は龍馬に麟太郎を紹介して江戸へ向かった

    Excerpt: 11日大河ドラマ「龍馬伝」第15話を視聴した。 今回は半平太が山内公を伴って京へ入り、 三条家より攘夷実行を促すための交渉に成功する。 その頃龍馬は京に来ており、三条家に使える加尾と再会を果たす.. Weblog: オールマイティにコメンテート racked: 2010-04-14 00:20
  • 「龍馬伝」♯15

    Excerpt: 一夜を共にはしたけれど。。。 日曜20時、NHK大河ドラマ「龍馬伝」ね。 →「龍馬伝」見ました→「龍馬伝」♯2→「龍馬伝」♯3→「龍馬�... Weblog: 続・主婦るーのTVあれこれ racked: 2010-04-15 16:55
  • 『龍馬伝』第15話

    Excerpt: 第15話『ふたりの京』冒頭、弥太郎でなく龍馬自身の声で状況が語られ始めたので「お?」と思ってしまったけど>何?乙女姉さんへの手紙の文面だった。乙女姉さんに宛てた手紙が随分... Weblog: もう…何がなんだか日記 racked: 2010-04-16 14:22